FC2ブログ

理科が苦手な生徒達

先日、靴を新調したのですが、デビュー初日に生徒達に踏んだり蹴られたりしたため1日にして年代物感が出てしまいました。

こうなったら自分の靴に墨汁を塗りたくることで、生徒の靴を墨だらけにして仕返ししてやろうかと思いましたが、モノタロウで墨汁をクリックしてカートの中に入れた時、ふと冷静になったのです。


「自分も含めて誰も得しないのでは…床も汚れるし」


カートから墨汁を取り出し、代わりに安全靴を入れました。

理性的な人間で良かったとつくづく思います。





さて、非常にどうでもいい話が終わったところで、理科の勉強のやり方についてのリクエストを頂戴しておりましたので、書いてみます。



理科という科目の難しい所は大きく分けて2つあります。


1つ目は、生物、化学、地学、物理と4分野あり、それぞれにほとんど相関性が無い所です。(良い面でもあります)

例えば算数でしたら、倍数や約数を学べば、分数計算や割合計算の理解の助けになりますし、割合計算ができるようになれば、比を使いこなす助けになります。

平面図形と速さなど、一見関係無さそうなものも、比を使う点で共通事項がありますし、速さでダイヤグラムを描いてから相似形を利用することもあるため、無関係ではありません。

しかし、理科の場合は人体の知識を覚えたところで、天体の原理をつかむ助けには一切ならないのです。


2つ目は、「知識が重要な単元」と「原理の理解が重要な単元」が4分野に混在しており、その色分けができなければ、得意分野と苦手分野に分かれやすくなってしまうところです。


今回はこのテーマについて重点的に話をすることにします。


例えば算数が苦手で社会が得意という多くの生徒は、「何度も反復をして覚える」ということが勉強の手法のベースになっていることが多いので、生物分野などは得意ですが、物理や化学の計算分野になってくると苦手意識を持ちます。

大手塾から転塾してくる生徒はこの傾向が強いです。(もちろん良い面もあります)



つい先日、5年生で「電気」の学習をしました。

導入部分では基本回路の説明をします。

おそらくどの塾でもやるでしょう。


「豆電球1つに乾電池1つの回路に流れる電流を1とする」


というところから始めて、豆電球、乾電池それぞれを1個、直列、並列の3パターンずつに分け、3×3=9通りの回路を示します。

そしてその9通りの回路に流れる電流の大きさの数字を書き込んでいくのです。

ここで最も大事なことは、数字を覚えることではなく、数字を導くための作業手順を覚えることです。

どうやってその数字を導き出すのかの手順さえ頭に入れてしまえば、あとはその手順通りに行うだけで、全ての回路の数字を求めることができます。


しかし、電気が苦手な生徒はほぼ確実に数字を覚えにいこうとします。


頭を使うのが面倒なのか、作業手順を聞いていなかったのか、「9通りしかないので覚えられる」と思うのか、理由はそれぞれだとは思いますが、とにかく数字を覚えこみに走るのです。


実はこの最初のアプローチが重要な分かれ目になります。

数字を覚えこみに走った瞬間、もう頭は動いていないのです。

頭が動いていないのですから、イメージがわくこともありませんし、原理を理解できるわけがありません。

そして回路が複雑になり基本パターンから外れた瞬間に、何もわからなくなります。

その時にこう思うのです。


自分は電気が苦手だ


そして恐ろしいことに、一週間経って次の単元が始まるとせっかく覚えた数字も忘れます。

電流が2だったか1/2分だったか曖昧になり、朧げな記憶を手繰り寄せながら自己流に走り、間違った答えを書いてしまうのです。


彼らがやっていることは2ケタ×2ケタの掛け算を習う時に、15×17=255という式と数字を暗記しようとしているのと同じです。

「2ケタ×2ケタの筆算の手順」を覚えるのではなく、例題で出てきた数字を暗記しているのです。

もちろんこの例ではそんな学習をする生徒はほぼ皆無だとわかりますが、電気の場合はその冗談みたいな学習法がまかり通っているのです。(もはや勉強ですらありませんが)



原理や作業手順を理解することが好きな生徒ならば理科の成績が良いのかというと、そうでもないこともあります。(もちろん必要条件ではあります)

その性格が強すぎると、単純暗記を面倒くさがる傾向があります。

なぜなら彼らからすれば


「ちょっとしたルールさえ理解すれば、どんな問題でもその場で頭を使えば解ける」


から取り組むのが楽しいのであり、やっていることはゲームとほとんど同じです。

「Aボタンでジャンプができ、Bボタンでダッシュができて、十字キーでヒゲのおっさんが動く」という単純なルールのゲームだからこそ、それらを駆使して色々考えながらギミックを攻略していく楽しさがあるのです。


「この崖どうやって越えるの?」

「Bダッシュとジャンプ組み合わせれば越えられるんじゃない?」

「そっか、やってみる」


という会話と


「この回路はどう解くの?」

「この作業とこの作業を組み合わせればできるんじゃない?」

「そっか、やってみる」


という会話は本質的には同じです。


つまり作業を覚えようとするのは、ゲームに参加するために必須だからやれるのです。


しかし、ただの暗記作業は、基本的には暗記をすることで完結してしまいます。

エンドウのおしべの本数を覚えたところで、それを何かに使うことはありません。

説明書に「Bボタンでダッシュができる」と書かれていたところで、ゲーム本体を持っていなければ細かな操作をいちいち覚えたりしません。


ですから、単純知識を嫌がる子が暗記作業をしようと思ったら、理由付けが必要になります。


カッシーの授業では「早押し」というゲームをします。

チーム戦形式にして、クイズの早押し形式で競わせるのです。

テンポとスピード感が重要でして、10分あれば50問近く回せます。

多くの生徒達はここで活躍するために、単純知識でもしっかり覚えくれます。


もちろんテストで点を取るため、順位を上げるため、クラスを上げるため、とそれぞれ違ったモチベーションで覚える生徒もおりますが、あまりそういったことを気にしない幼いタイプの生徒でも、なぜだかここで活躍したいようです。

このように、何かしらの動機付けが必要なのかもしれません。



いつものように、ダラダラと長くなってしまったのでまとめます。


・分野を色分けし、勉強法を変えること。

・原理や作業手順の理解必要な単元では、単純な暗記作業に走らず、手法を理解してから演習を繰り返すこと。

・暗記作業が重要な単元では、反復して覚えるための動機付けをしてあげること。


以上に気を付けて学習してみて下さい。

参考になったら幸いです。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

なぜ模試の算数は参考にならないのか

6年生は模試ラッシュですね。

志望校別等も受けている方は毎週のように模試…模試…模試…。

今回は何度かお伝えしているテーマですが、また少し触れたいと思います。



模試というのは色んな学力レベルの生徒が受けるため、算数の問題では易しい問題から難しい問題が並んでいます。

例えば問題が10問あったとして以下のように難易度が決まっています。

1問目の難易度は1
2問目の難易度は2



10問目の難易度は10

必ずしもこうではありませんが、わかりやすくすると、このように作られているのです。

話を単純にするために100点満点として話をします。(多くの模試は150点満点ですが)

Aくんの算数の学力を4とすると、1~4問目が正解するので単純計算で40点
Bくんの算数の学力を6とすると、1~6問目が正解するので単純計算で60点

こうなります。



一方、入試問題というのは狭い学力帯の生徒を正確に振り分けるために作られています。

例えば偏差値50の学校の受験生は学力4~6近辺の生徒が多いため、この生徒達を振り分けなければいけません。

当然学校としてはなるべく学力6の生徒を入学させたいわけです。


さて、ここでどう作問するかを考えます。

難易度1~4を出題すればほぼ全員が解けてしまい、7~10の問題はほぼ全員が解けません。

学校としてはこれらの問題を出題しても、振り分けができないので、多くの問題を難易度5と6にします。

そうすることで学力4の生徒を確実に不合格にし、学力6の生徒を多く合格させることができます。


すると

【模試の場合】
Aくん→40点 Bくん→60点 得点差20点

【入試の場合】
Aくん→0点 Bくん→100点 得点差100点

こうなります。(かなり極端ですね!)



実際には、偏差値50近辺でしたら、入試問題にも計算問題や軽めの一行問題が入っているので全てが難易度5、6ではありません。

もう少しリアルな数字に寄せますと、実際の入試では難易度1~4が4割程度、5、6が5割程度、7以上が1割となります。(学校にもよりますが)

これでも学力4の生徒は40点、学力5の生徒は65点、学力6の生徒は90点になり、大きな差が生まれます。

学力4と6の生徒の得点差は模試では20点差、実際の入試では50点差となります。



算数に強いアントレの生徒達が模試の偏差値は低いのに(失礼!)、模試の判定で出る確率以上に合格したり、学校別模試の方が成績が良いのはこのような仕組みになっています。

ですから、アントレで模試の偏差値を成績の参考にしている指導員はほとんどおりません。

ほぼ全員が「授業での達成度」、「土曜日の入試演習クラスの結果」、「家での過去問の結果」これらを参考にしています。


では、なぜ受けさせるのかというと、受けさせないと保護者が不安になるからです。(ほぼそれだけです)


「それだけなら受ける意味ないじゃん…」


と思うかもしれませんが(個人的には十分な理由だと思います)、そんなことはありません。

模試に関しては最重要科目である算数の振り分け機能が働いていないため、結果として4科トータルの信頼性が低く、判定を参考にしていないというだけです。

教科単体で見た場合、例えば理社などはしっかりその生徒の実力を振り分けるテストになっていると思います。(武蔵などの学校に対しては、国理社も参考になりませんが)



これは予想になってしまいますが、大手塾で偏差値が低く下のクラスなのに「まさかの合格」となる子は算数の力がある子です。

算数でワンランク上の問題も解けるのに、模試での4科トータルの成績が低く下のクラスに配属されているだけで、そういう子でも本番の算数で実力が出せれば、他教科で多少マイナスでも合格してしまいます。(ちなみにこのような生徒はアントレではすぐ上のクラスに案内してしまいます。)

逆に、上のクラスなのに「まさかの不合格」となる子はおそらく国理社で得点を稼いでいた子です。

算数で失敗してしまった場合、得点差のつきにくい国理社では挽回するのが難しいからです。


大手塾に所属していて「模試で高い偏差値を取りたい」とか「より上位のクラスに入りたい」と思うのならば、低学年のうちから算数以外の教科を必死にやることをオススメします。

努力というコストに対する模試での得点上昇のパフォーマンスがとても高いからです。

しかし、志望校の入試問題を見て「算数が結構難しいな…」と思うようでしたら、4、5年のうちに算数を必死にやって下さい。

道中での4科トータルの偏差値は伸びませんし、上のクラスへ上がれないかもしれませんが、それでもです。

6年の後期になると過去問演習が始まります。

算数の下地の無いところで必死に過去問演習をしても、どうしても積み上げに限界が出てしまいます。

算数というのは覚えたらすぐに解けるような科目と違い、理解し使いこなせるようになるための熟成期間が必要なため、後追いで何とかするのがとても難しいのです。

国語はともかく理社でしたら後追いでもなんとかなる部分が大きく、結果的に何とかならなかったとしても算数程の大打撃にはなりません。



というわけで、模試の算数についてダラダラと書いてみました。

別に大手塾の模試の質が悪いわけではなく(むしろ良いものを作っていると思います)、こればっかりはどうしようもないです。

受ける側がその辺りをしっかりわかっていれば、ある程度は冷静に数字を見ることができるのではないかと思います。



ある程度はですが。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

質問の処理の仕方4

続きです。

例えば6年生の算数教材である四谷大塚の「四科のまとめ」は基本~標準レベルのその分野の核となる問題が並んでいる問題集です。

この1冊が完璧ならば、四谷偏差値60までは取れます。

算数の偏差値が40~55の生徒は、これを個別指導でやるのがとても有効です。(30台ならば白マークの問題だけで良いです)

しかし、現状はそういうオーダーをしてくるご家庭は少ないです。


「四科のまとめなら家でできる」


と、ほとんどのご家庭が考えるからです。

今ちょうど、アントレの生徒達は四科のまとめの小テストをしています。

範囲も狭く、問題は一切ひねらず、数字が変わっただけのテストです。

本当に家で出来ているならほとんどの生徒が満点に近い得点を取るはずですが、現状そうでない生徒が多いです。


「なぜこの子達は四まとの問題も満足に解けていないのに、個別でやらないんだろう…」


と思うのですが、案の定つい先日、個別指導の講師達数人に言われました。


「〇〇くんや〇〇さん、算数や理科の過去問の質問処理をひたすらやっているのですが、これやってる場合なんでしょうか…?」

「いや…本当はやってる場合じゃないんだけど」

「ですよね…」


しかし、ここで勝手に方針転換してしまうと「家で出来るようなことをやるために個別を取ったんじゃない」と言われてしまいます。

でも本当は「君のその問題に対する理解度はまだBだよ」と気づかせてくれている機会を与えてくれているわけで、1人では無理なことをやってくれているわけです。

本当はBがゴールになっていて得点力が不足している生徒にとっては非常に有用なのですが…実力をつけることと満足度を上げることは必ずしも一致しない現実があります。



個別指導の話をしましたが、質問でも同じです。

満足度を上げにいくのか、実力を上げにいくのか。

今はその場の満足度だけを上げにいくようなことは、めっきり減ってしまいました。



【③質問者がその問題をどれだけ粘ってから持ってきたのか。】
【④質問者がその問題の解説を理解しようと努めたのか。】

「この問題がよくわからなかったから質問に持ってきた」

「はいはい、じゃあまず問題読もうか。~で、~すると~」

「あ、そういうことか。わかったかも」

「…カッシー問題を読んだだけなんだが」


このように一緒に問題を読んであげるだけで解決することがよくあります。

最近はそういう空気を感じたら門前払いし、何度か自分で読ませます。


粘っていない問題を教えることほど不毛なことはありません。

大体は教えてから数日後にきれいさっぱり忘れてくれます。


「これってどういう意味なんだろう」と悶々としたり、「ちょっとよくわからないけれども、とりあえず指示された操作をやってみよう」というように粘りに粘ってそれでも解けなくて持ってきたものは、1つ引っ掛かりを外してあげると


「あー、もうわかった。あと自分でやってみたい」


大体こうなります。

そうなると教えてもらったことが一つだけですし、悔しさも相まって記憶に残りやすいです。


しかし、粘りもなく解説を最後まで要求してくるようなタイプは、大体が「ただ解説を聞いて満足したい」だけです。

酷いケースだと、紙に書いた問題だけ持ってきて


「この問題わからないから下(余白)に解説を書いて」


これだけ言ってきます。(失礼ですが転塾組に多い質問の仕方です)

質問内容の多くは授業でやった白板問題だったり、予習シリーズの問題です。

両方ともしっかり解説がついています。


「解説は読んだの?」


と聞くと大体は読んでいないと答えます。


「自分ではどこまで求めたの?」


と聞いても何も出てきません。

こういう生徒は冷たいですが、追い返します。

本当は教えてやりたいのですが、下手に答えてしまうと依存度が高くなり、今まで以上に自分の頭で考えなくなってしまいます。

まずは自分の頭で考える習慣をつけさせたいのです。


ただし


「自分ではここまで求められて、その後ができなくて解説を読んだんだけど、解説のこの部分の式の意味がわからない」


こういう質問には大歓迎で答えます。

しっかり自分の頭を使って考えた形跡があるため、教えた内容が頭に残る可能性が非常に高いからです。

時間があれば、その後最初から全部説明させ、教えた内容を円滑にアウトプットできるかどうかを確かめます。


こうなると、最初から何もわからないような問題は質問に行けないじゃないかと思われるかもしれませんが、質問が具体的なら大丈夫です。


「この図の意味がわからないからどうしようもない」

「問題の内容はわかるんだけど、初手で何をすればいいのかが全く浮かんでこない」


このような質問ならその部分だけ答えます。

そして残りは自分で考えさせます。


他には


「解説のやり方とは違うけれども、自分はこう考えてやってみた。ただ、このやり方だと答えが合わないんだけど、何で?」


こんな質問も最高ですね。

自分の勘違いポイントを直せるチャンスです。解決させれば必ず伸びます。


このように、質問内容はとにかくピンポイントで具体的にです。

それができれば自ら考える力がつき、徐々に質問も減っていくはずです。

質問の多かった生徒の質問の量が減ってくると、伸びはじめの兆候ともとれます。

C→B作業を粘って自力で行える力(理解力、読解力)がついたか、もしくはC→B作業という得点力に直結しない作業が減り、B→A作業に時間を割けているかのどちらかになったからです。




以上で、「質問の処理の仕方」シリーズは終わります。

このように、生徒達が問題に対し日頃どのような追いかけ方をしているのか、質問1つでわかってしまうものです。

ですから子供に対して


「わからなければ質問へ行きなさい」


だけではなく、質問内容の吟味まで一緒に出来るといいですね。

ただ、そうやって一緒に吟味していると、その最中に自力で解決してしまうこと等よくあります。

本当はそれが最高です。

誰かから教えられた「わかった」より、自分で気づいた「わかった」の方がよっぽど価値がありますから。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

質問の処理の仕方3

続きです。

【②質問者が数ヶ月後それを自力で解けるようになるのか。】
ある問題に対する自分の状態を大きく3つに分類してみます。


A:自力で解ける

B:解説を読んで解き方を理解できる

C:解説を読んでも解き方が理解できない


Bの状態で「わかった」となり、それをゴールとしている生徒は、常にフォーカスがCに向きます。

しかし実際にはBをAに引き上げることが得点を伸ばすために最も重要なのであって、CをBにすることではありません。

Bの状態を「わかった」としている生徒(や親)に対してBをAにする指導というのは満足度の低いものとなり、CをBにする指導をすると高い満足度を感じてくれます。


なぜなら「わからないもの」が「わかった」となる方が感動が大きい上に、教えてもらった感が出るからです。

一方で「わかった」ものを「使いこなせる」状態にする作業はとても地味です。


後者は質問で持ってくる類のものではありませんし(質問の最中に問いかけることはありますが)、個別指導でわざわざ教えてもらわなくても1人でやれます。

しかし、1人でやれる生徒はこの問題に対する自分の状態はBであるという認識ができる生徒限定の話です。

実際にはそんな生徒は少数派ですし、AとBの色分けができていない生徒ばかりです。(それが普通です)

この色分けができるできないは算数の能力の問題ではなく、その子の性格や精神年齢の影響が大きいです。


「本当はできていた」

「家で落ち着いてやればできた」

「あのミスが無ければできていた」


こういう発言が多い子はBとAの区別がついていないケースが多く、危険信号です。

同じことを言って子供をかばう親もおりますが、カッシーはあまり良いこととは思いません。(子供に対する優しさから出る発言だとは思うのですが…)

かばうのではなく、子供が「ミスをした」と主張する問題を「まだBなのではないか?」と疑うことが大事です。

それをしっかり覚えておいて、しばらく置いてから同じものを解かせてみて欲しいです。


A、Bの区別として1つわかりやすい例を挙げてみます。

4年生で初めて「つるかめ算」を習った時に以下のような問題が出たとします。


「ツルとカメが合わせて10匹おり、合計の足の本数は26本です。ツルは何匹いますか?」


詳しい説明は省きますが、以下が答えになります。

(4×10-26)÷(4-2)=7匹…答え

しかし、答えを3匹としてしまう生徒が必ず一定数おります。

ちなみに3匹はカメの数です。

すると


「あー、間違えてかめの数を出しちゃったー。ミスったー笑」


と、笑いながら「本当はできていたのに」ということを主張します。

ちなみにこのケースでミスである可能性はほぼ0%です。

つるかめ算の習熟度が低いため、式を立てた後に出てきたものが何だったかがわかっていないのです。

ちなみに6年生にもなれば習熟度が高くなり、単純なつるかめ算で出す方を間違えることはまずありません。


間違えた生徒は

(26-2×10)÷(4-2)=3匹…答え

こう式を立てます。(初めてだとほとんどの生徒が式を分けて書きますが)

間違えた理由としては、おそらく式の形を覚えるのに使った問題が「足の本数が多い方を求めるパターン」だったからでしょう。


他の間違えパターンとしては、正しい式でしっかり7匹と出しているのに

10-7=3匹

という余計な式をつけてしまうものです。(この時点で、「形が正しい式だっただけ」で、本質は全く理解できていないことがわかります)

「最後は引かないといけない」と思い込んでいたり、酷い例になると「少ない方を答えにしないといけない(以前やった問題が少ない方が答えだったから)」と思い込んでいるとそうなります。


さて、ここで算数の力がつくかつかないかの大きな分岐点になります。


(あれ…つるかめ算ってどっちを求めるかで式のパターンが変わってくるのか。まずい、わかってなかった…。というかそもそもなんでこの式でツルが直接出せるんだ?)

となるのか

(全体から引くのを忘れただけで、本当はできていたのに!)

となるのか


後者はAにするチャンスを自ら潰してしまっております。

カメを出せてしまったことで、自分がAの状態にいると錯覚しているのです。

家に帰っても


「最後10から引き忘れちゃってミスったよー」


と報告します。

それを聞けば


「それは惜しかったねー。次は問題をよく読みなさいね」


これで終わってしまいます。

本当に重要な所がぼやけたままテストに突入し、間違えます。

そしてお決まりの文句


「家でやったときはできてたのに…」


残念なことに、こういった生徒の得点が順調に伸びていくことはありません。


先に述べたように、BからAまで詰められるかどうかはその子の性格や精神年齢によるところも大きいです。

これはそうそう変わるものでは無く、そこが詰められない生徒はずっと詰められないままなので、テストで40点近辺しか取れない生徒は範囲が変わってもやはり40点近辺を取り続けます。

80点以上取れる生徒は範囲が変わっても80点以上を取り続けるのです。

多少の上下はありますが、範囲が変わっても上位ランカーが固定化されている原因の多くはここにあります。


詰められない生徒が算数の得点力を伸ばそうと思えば、自分だけでは不可能なAとBの色分けを他人に手伝ってもらいながら、Bを発見してAにする地道な作業をするしかないのです。



まだ②の途中ですが、長くなったので、次に続きます!

↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ




テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

質問の処理の仕方2

続きです。


【①現在の質問者の実力と持ってきた問題のレベルはマッチしているのか。】
生徒のレベルがわかっていれば、必要な問題とそうでない問題の色分けが可能です。

あまり好きではありませんが、わかりやすく偏差値で例えてみることにします。


例えば現在算数の偏差値が50で偏差値60の学校を第一志望にしている生徒がいるとします。

この時期に偏差値50の生徒が偏差値60の学校の問題を解くと、学校の合格ラインにもよりますが大体得点率が40%近辺になります。(合格するには60~70%必要とします)

問題構成は、例えば小問もひっくるめて大問が5問あったとして

1番小問群…難度A
2番小問群…難度B
3番(1)(2)(3)構成…難度C
4番(1)(2)(3)構成…難度D
5番(1)(2)(3)構成…難度E

このようになっているとします。

まずは実際の試験で合格点を取るためのモデルケースを示します。


・難度A、Bである1番2番を完答する。

・難度Cの3番もできれば完答しておきたいが、(1)(2)は最低正解する。

・難度Dの4番が完答できればほぼ合格が決まるが、(1)だけは最低正解する。

・難度Eの5番は題材としてはちんぷんかんぷんだけれども(1)だけは指定された作業をして正解する。


均等配点とすると、これで67%近く取れて合格ラインに到達します。


しかし、現在得点率は40%近辺なわけで、この得点の内訳を示しますと

・1、2番で30%~40%近く落としている。

・3、4番の(1)だけ正解

・5番は手も付けられず


ほぼ全員がこのような形になるはずです。

この生徒が残り数ヵ月で合格ラインまで持っていくには


・1、2番のような難度A、Bレベルの精度を高める。

・標準レベルの問題の大問を完答できる実力をつける。


この2点に注力する必要があります。

オマケとして


・難易度が高い問題でも、(1)は問題文をよく読めば、指定された作業をするだけで解けるケースが多いことを学ぶ。


というのもありますが…まぁこれはいいでしょう。


しかし、質問で持ってくる問題は圧倒的に5番の難度E問題が多いのです。


「(1)はわかったんだけどー」

「(そりゃー、そうだろうね…)」


このような例は、質問に限らず個別指導等でもよく見るケースです。

「過去問のわからなかった所を教えてもらう」という取り方をしている生徒に良くあります。

個別指導の指導員には該当の生徒のレベルと特徴を事前に伝えてあり


「おそらくこういう質問の仕方をしてくるだろうから、いつものようにお願い」


と指示します。

いつものようにというのは、チェックがついている問題(教えて欲しい問題)を教える前に、もっと前にある軽めの問題で危なそうな所を解かせることです。

なぜそのようなことをさせるのかと言いますと、次のような理由があります。


「わからなかった所を教えてもらう」というのは質問する場所以外はわかっているというのが前提になります。


まず、その前提が嘘なのです。


面白い位、ほぼ全員に当てはまります。

実際に本人が「わかっている」としている問題をいくつかピックアップして解かせてみると大体が解けません。

これは無自覚なケースが多く、それが非常に厄介なのです。


「家でやったときはわかってたのに…」


と言い始めます。

これは決して嘘をついているわけではなく(嘘もありますが)、本人が「わかった」という状態を正しく認識していないから起こることです。

この話は、次の②に続いていきます。


ちなみにこのように質問内容と本人の実力にギャップのある生徒は、ええかっこしいの生徒に多いという特徴もあります。

要するに難易度の高いもの(一見高そうなもの)だけを質問することで


「このレベルわからなかった(他はできたけど!)」


ということを暗に主張してきます。

それに主張に何の意味があるのかはわかりませんが、カッシーもええかっこしいの気が少しあるのでなんとなく気持ちは理解できます。

以前どこかの記事で「素直な生徒がよく伸びる」という話を書いた記憶がありますが、まさしく対極です。

そのような生徒に対して「いつものように」やることで、まずその不必要なプライドをズタズタにします。


自分を見つめ直す機会を与えるのです。


そうやって変われるチャンスを少しずつ与えていきます。

変われれば一気に伸びます。

ただ本当は一気に伸びたのではなく、4年、5年の頃の学習で「本当に向き合うべきこと」から目をそらすやり方をしていたので、正しい伸び方をするようになったというのが正しいです。

素直になってありのままの自分を受け入れることが出来れば、あとは本来もっているポテンシャルを発揮するだけで勝手に伸びていきます。


長くなったので、次に続きます!



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR