FC2ブログ

Zoom授業ってそんなに素晴らしいの?

昨今、ネットの情報を眺めていると


「Zoom授業を早く導入して欲しい」

「このまま動画授業を続けるつもりなら減額するべき」


と言ったような声が多く、「Zoom授業を導入していない塾は怠慢である」という風潮が全体としてあるように思います。(導入してて良かった…)

確かにSAPIXは、全クラス共通の短いポイント解説動画だけで済ませていたようなので、月謝が高めの塾ということも考えると気持ちはわからなくもないです。

そんな声に(無理矢理?)押されるようにして、GW明けから少しずつZoom授業へと動き出すようです。(全学年ではないようですが)

日能研や四谷大塚、栄光ゼミナールあたりは、現在も動画授業ですね。

サピは保護者のクレームから渋々動いた感じもありますが、まだ誰からも求められていない時に動き出した早稲アカはすごいと思います。

初めは早稲アカも「動画の質が…」みたいな流れで大荒れでしたが、ここで一気に形勢逆転しましたね。

特に好きな塾ではないですが、というか嫌いですが、この点は中々やるなと思いました。


さて、ここで疑問なのですが


Zoom授業ってそんなに素晴らしいの?


ということです。

冒頭でも書きましたが、何だかZoom授業を導入しさえすれば子供もやる気が上がり、学力も伸び、彼女も出来て、宝くじも当たるみたいな風潮がありますが、実際の所どうなんでしょう?


既に動画授業からZoom授業へ切り替え済みの立場から、この件について少し書いてみようと思います。


まずは動画授業とZoom授業を比較して、各々の優れている面を挙げます。

【動画授業】
・時間制限が無いので情報を詰め込める
・編集次第で質を上げられる
・好きな時間に何度でも観られる(デメリットにもなる)

【Zoom授業】
・対面授業に近い集中力が保てる
・その場でやりとりができる
・一緒に勉強する仲間がいる


以上を踏まえて、動画授業の方が向いている生徒の特徴を挙げます。
・勉強習慣がついており、自己管理ができる
・勉強へのモチベーションと理解力が高い
・勉強内容そのものに価値を感じており、他人とのコミュニケーションや競争を必要としていない

こういった生徒は動画で提供される情報が正しく有益ならば、学力は伸びていきます。

倍速再生等も出来るため、効率という点では対面授業やZoom授業より勝っています。

まとめると、「生徒の質と動画の質が良い」という条件さえ揃えば最強の学習手段になるということです。

問題点としては、この条件に当てはまる確率が中学受験生全体で考えると低いということですね。



次にZoom授業に向いている生徒の特徴を挙げます。
・集中力が低い
・ある程度強制力がないと勉強ができない
・コミュニケーションや競争が好き





あんまり良いことを書けませんでした。


まぁ、でも実際そうなので仕方ないですね。

やはり「リアルタイムで一斉にやっている」という事実が、生徒を勉強の方向へ向かわせます。実際に生徒達の様子を見ていても、集中力は対面授業と全く変わらないです。

まとめるとZoom授業は「生徒達の集中力を引き上げる手段」であり、「効率を追う手段」ではないということです。


ここで唐突に

学習効率×集中力=学力アップ

という謎な式を作ってみます。

この式が合っているかはわかりませんが、そんなに間違えてはいないはずです。

動画は「学習効率」を引き上げる手段で、Zoomは「集中力」を引き上げる手段となるので、基本的には「足りない方を補う」方が自分にとって最良の学習手段となります。

いくら学習効率が良くても集中力がまるで無いなら全く意味がないので、この場合は集中力を少しでも上げると学習効率が生きてくるということです。そして、元々高い集中力をさらに多少高くしたところでそれほど意味を持たないので、低い学習効率の方を上げた方が良いですね。


何言ってんだこいつ?


という方に数字で表しますと

9×1=9 

という式がありまして、左辺の9と1のどちらかに1を足すとなると

 (9+1)×1=10 より 9×(1+1)=18 の方が良いということです。


え、もし

学習効率+集中力=学力アップ

だったらどうなるのかって…?


知らん笑





というわけで、いつものように長くなったのでそろそろ結論を書きます。

結局、Zoomにして集中力を引き上げたところで、授業の質が落ちてしまったら実際はほとんど意味が無い(むしろ悪くなる可能性もある)ということです。

例えばサピや早稲アカなどは半分以上学生講師や非常勤講師なので、動画に出ている専任講師の方がむしろ説明が上手い可能性すらあります。もし、今見ている動画を酷いと感じるなら、実際の授業はもっと酷いかもしれませんし、そもそも頭の中で想像している中学受験の講師のレベルと、実際の中学受験の講師のレベルが乖離している可能性もあります。(サピは授業見学できませんからその辺りはわかりませんし)

Zoom授業へと要求をするのは良いのですが「Zoomにしてどういう講師がどういう授業形態でやるのか」をしっかり把握してからが良いですね。場合によっては改悪アップデートになりかねません。

結局Zoomはただの舞台でしかなく、演者やストーリーの方が大事ですから。





さて、結論が終わった所で、授業形態に関して少しだけ。

2週間程前、テレビで中学受験のZoom授業を特集しており、授業形態を思案中だった自分からすると「これは観るしかない!」(というかパクるしかない)と思い視聴を楽しみにしていました。

ちょうど算数授業だったので、ラッキーと思って見ていたのですが、実際には「一見、双方向っぽくなっている」だけで、生徒の答えの導き方を指導員が把握して評価を下したり、修正しているようには見えませんでした。

ただ、これは授業の一部を切り取っただけの動画なので、別のシーンでは細かく生徒達を見ている可能性もあります。(ただ、全員の手元を見ようと思ったらスピーカービューにはしないと思うんです…)

批判のような書き方になってしまいましたが、授業の進行を重視してわざとそうしているのかもしれませんし、生徒達の手元を見ることは特に重要でないと考える方もおりますので、そこに正解はありません。

ただ、アントレとは指導の方向性が違うため、残念ながら全く参考にならなかったというだけです。



そして最後に、生徒の学力がどうとか全く無視した発言をしますが


1人で撮る動画より
みんなでやるZoom授業の方が楽しい!



ということで、カッシーはZoom授業の方が好きです。


↓また次も読んでみたいという方は、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ





テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

ご連絡

昨年末頃から、主戦場をTwitterにしております!(ほぼ毎日更新)
またブログも少しずつ書いていきたいと思いますが、しばらくはあちらでやります。

カッシーのTwitter(ここから飛べます)

先日、ブログしかご覧になっていないお母様がおりまして、そういう方もいらっしゃるかと思い、連絡という形でのブログ更新でした。

よろしくお願いします!




なぜ模試の算数は参考にならないのか

6年生は模試ラッシュですね。

志望校別等も受けている方は毎週のように模試…模試…模試…。

今回は何度かお伝えしているテーマですが、また少し触れたいと思います。



模試というのは色んな学力レベルの生徒が受けるため、算数の問題では易しい問題から難しい問題が並んでいます。

例えば問題が10問あったとして以下のように難易度が決まっています。

1問目の難易度は1
2問目の難易度は2



10問目の難易度は10

必ずしもこうではありませんが、わかりやすくすると、このように作られているのです。

話を単純にするために100点満点として話をします。(多くの模試は150点満点ですが)

Aくんの算数の学力を4とすると、1~4問目が正解するので単純計算で40点
Bくんの算数の学力を6とすると、1~6問目が正解するので単純計算で60点

こうなります。



一方、入試問題というのは狭い学力帯の生徒を正確に振り分けるために作られています。

例えば偏差値50の学校の受験生は学力4~6近辺の生徒が多いため、この生徒達を振り分けなければいけません。

当然学校としてはなるべく学力6の生徒を入学させたいわけです。


さて、ここでどう作問するかを考えます。

難易度1~4を出題すればほぼ全員が解けてしまい、7~10の問題はほぼ全員が解けません。

学校としてはこれらの問題を出題しても、振り分けができないので、多くの問題を難易度5と6にします。

そうすることで学力4の生徒を確実に不合格にし、学力6の生徒を多く合格させることができます。


すると

【模試の場合】
Aくん→40点 Bくん→60点 得点差20点

【入試の場合】
Aくん→0点 Bくん→100点 得点差100点

こうなります。(かなり極端ですね!)



実際には、偏差値50近辺でしたら、入試問題にも計算問題や軽めの一行問題が入っているので全てが難易度5、6ではありません。

もう少しリアルな数字に寄せますと、実際の入試では難易度1~4が4割程度、5、6が5割程度、7以上が1割となります。(学校にもよりますが)

これでも学力4の生徒は40点、学力5の生徒は65点、学力6の生徒は90点になり、大きな差が生まれます。

学力4と6の生徒の得点差は模試では20点差、実際の入試では50点差となります。



算数に強いアントレの生徒達が模試の偏差値は低いのに(失礼!)、模試の判定で出る確率以上に合格したり、学校別模試の方が成績が良いのはこのような仕組みになっています。

ですから、アントレで模試の偏差値を成績の参考にしている指導員はほとんどおりません。

ほぼ全員が「授業での達成度」、「土曜日の入試演習クラスの結果」、「家での過去問の結果」これらを参考にしています。


では、なぜ受けさせるのかというと、受けさせないと保護者が不安になるからです。(ほぼそれだけです)


「それだけなら受ける意味ないじゃん…」


と思うかもしれませんが(個人的には十分な理由だと思います)、そんなことはありません。

模試に関しては最重要科目である算数の振り分け機能が働いていないため、結果として4科トータルの信頼性が低く、判定を参考にしていないというだけです。

教科単体で見た場合、例えば理社などはしっかりその生徒の実力を振り分けるテストになっていると思います。(武蔵などの学校に対しては、国理社も参考になりませんが)



これは予想になってしまいますが、大手塾で偏差値が低く下のクラスなのに「まさかの合格」となる子は算数の力がある子です。

算数でワンランク上の問題も解けるのに、模試での4科トータルの成績が低く下のクラスに配属されているだけで、そういう子でも本番の算数で実力が出せれば、他教科で多少マイナスでも合格してしまいます。(ちなみにこのような生徒はアントレではすぐ上のクラスに案内してしまいます。)

逆に、上のクラスなのに「まさかの不合格」となる子はおそらく国理社で得点を稼いでいた子です。

算数で失敗してしまった場合、得点差のつきにくい国理社では挽回するのが難しいからです。


大手塾に所属していて「模試で高い偏差値を取りたい」とか「より上位のクラスに入りたい」と思うのならば、低学年のうちから算数以外の教科を必死にやることをオススメします。

努力というコストに対する模試での得点上昇のパフォーマンスがとても高いからです。

しかし、志望校の入試問題を見て「算数が結構難しいな…」と思うようでしたら、4、5年のうちに算数を必死にやって下さい。

道中での4科トータルの偏差値は伸びませんし、上のクラスへ上がれないかもしれませんが、それでもです。

6年の後期になると過去問演習が始まります。

算数の下地の無いところで必死に過去問演習をしても、どうしても積み上げに限界が出てしまいます。

算数というのは覚えたらすぐに解けるような科目と違い、理解し使いこなせるようになるための熟成期間が必要なため、後追いで何とかするのがとても難しいのです。

国語はともかく理社でしたら後追いでもなんとかなる部分が大きく、結果的に何とかならなかったとしても算数程の大打撃にはなりません。



というわけで、模試の算数についてダラダラと書いてみました。

別に大手塾の模試の質が悪いわけではなく(むしろ良いものを作っていると思います)、こればっかりはどうしようもないです。

受ける側がその辺りをしっかりわかっていれば、ある程度は冷静に数字を見ることができるのではないかと思います。



ある程度はですが。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

日本代表の戦い方を考える

先日のサッカー日本代表のポーランド戦ですが、最後のあの戦い方に賛否両論あるみたいですね。

知らない方もいらっしゃるかもしれませんので(ほとんどいなそうですが)簡単に説明しますと、

「グループリーグを突破するために最後の15分間を後ろでずっとパス回しした」

件についてです。

ちなみにその試合は0-1で負けている状態です。

ポーランドは勝っているので後ろでパス回しをしてくれれば勝手に勝ちが確定するので当然追いませんし、もし無駄に追って前がかりになったところをカウンターされ失点したら、1勝もせずに祖国に帰ることになってしまいます。

ポーランドが追わないのは当然です。


一方日本は負けを確定させにいきました。

その姿勢を叩かれているようです。


色んな意見がありますが、個人的にはこのパス回し作戦はめちゃくちゃ有りだと思いました。

それと同時にこう思いました。


これ条件整理の問題で使えるよね!
※職業病


---------------以下 ヒマな人だけ---------------


日本VSポーランド戦のこの後の展開は3通りです。

①日本が点を取る
②ポーランドが点を取る
③どちらも点を取らない

次にセネガルVSコロンビアのこの後の展開も3通りです。

④セネガルが点を取る
⑤コロンビアが点を取る
⑥どちらも点を取らない

そうなると3×3=9通りになります。(残り15分で複数点入ることはあまり高い確率ではないので除きます)

しかし、この9通りの組み合わせは厳密には平等ではありません。

例えば「15分である特定のチームが得点を入れる確率」と「15分でどちらも点を取らない確率」は等しく無いからです。

今回グループリーグ全体で122点の得点が入っておりますが、全部で48戦ありましたので


90分×48試合÷122≒35.4分/点


約35分で1点平均で、「ある特定のチームが」という条件がつくとその倍の約70分で1点平均になります。

つまり、先程の①~⑥の中で、③と⑥が起こる可能性が圧倒的に高いと言えます。

話を単純にするために ①1/4 ②1/4 ③1/2   ④1/4 ⑤1/4 ⑥1/2

このように設定します。

すると以下のように起こる確率を分類できます。(青字が敗退パターン)


③-⑥(1/4)

③-④(1/8)、③-⑤(1/8)、①-⑥(1/8)、②-⑥(1/8)

①-④(1/16)、①-⑤(1/16)、②-④(1/16)、②-⑤(1/16)


つまり5/16の確率で敗退します。

日本はパス回しをすることで③を確定させたので


③-⑥(1/2)

③-④(1/4)、③-⑤(1/4)


1/4の確率で敗退します。


---------------以上 ヒマな人用でした---------------



つまり、勝率が上がっているのです


これは「どちらも点が入らない」という確率を1/2に設定したからですが、この確率を上げれば上げるほど、勝率は上がります。

逆に全てフラットな確率として1/3ずつにしても、勝率は下がりません。


さらに付け加えると上の例は4ヵ国の力をフラットにしましたが、本当は他国の方が日本より地力があるという点を考慮しなければいけません。

現に残り15分でポーランドに負けていたわけで、①の確率は実際には低くなります。

そうなると①-④、①-⑤、①-⑥は可能性が低くなるので、③を確定させるのは大いにアリです。


つまり、勝ち上がるためには、日本代表は最良の選択をしたわけです。

素晴らしいですね!





そういえば書き終わって気づいたのですが


確率は中学受験の範囲外じゃん…




↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



ゴール決め方と達成の仕方3

実際に参考になるような具体例を出していきます。


【S 問題を具体的に洗い出す】

アントレの算数テストで結果が出ない場合

①大問1の正答率が低い。
②大問2以降の正答率が低い。

このどちらかになります。

その原因を考えます。


まずは①について
・計算力が低い。
・以前の単元の定着が甘い。
・ミスが多い。


次に②について
・白板問題の〇が少ない。
・白板問題の復習に時間が取れていない。
・白板問題の復習時間は取れているが定着しない。


次にこれをどう解決するのかを考えますが、全部書いていたらキリがないので、今回は一番下の「白板問題の復習時間は取れているが定着しない」のみ触れます。


一番手っ取り早いのは解答の暗記で終わっていないかを確認することです。

問題をどう考えて解いたかを誰か(なるべく問題を深く理解している人物が望ましい)に説明させ、正しい説明になっているかどうかを確認してみて下さい。

復習をやっているのはみんな同じです。ほとんどの子は時間をとって頑張っています。

しかし「やった」というのがどのレベルなのかはその子次第です。

そのレベルが元々高い子は勝手に伸びますが、低い子は残念ながら伸びません。

ですから、まわりのサポートによってある程度強制的に引き上げることが必要です。

引き上げることに成功したら、あとは勝手に伸びるルートに乗せれば良いです。

しかし、まだ幼い小学生ということもあり、実際にはサポートがある時にしか引き上がらない子が多いのです。

その場合は受験まで面倒を見る必要がありますので、結果を出そうと思うと親の根気(もしくは財力)が試されます。



【M 達成度を測定する】

例えば白板の復習について「日をおいて2回連続正解するまで繰り返す」などの目標を決めたとします。

その場合には

・解いてみたけれどもできなかった→×
・ミス等で間違えていたが、考え方は合っていた→△
・できた→〇

このように印をつけたり色のついたシールを貼ったりして(日にちを書いておくとさらに良い)、必ず現在の状況が見えるようにすることが大事です。

目標達成できているかを一目でわかるようにすることで達成感を得られますし、実際にあと何問身につけなければならない問題が残っているのかもわかりやすくなります。



【A 達成可能な目標を設定する】
これはそのままなので書くことは無いです。

適度な目標にして下さい。



【R 自分の欲求と達成したい目標に関連性をつける】
勝手にそれらしい目標を作ったところで、モチベーションが無ければ達成することは難しいです。

ただ「国語で70点を目標に頑張る」というだけではダメです。

「なぜ国語で70点を取る必要があるのか」を本人の口から説明できなければ、目標達成のための努力を継続することができません。

まずはそこをじっくり話し合って目標を決める必要があります。(「話し合う=言って聞かせる」ではありません)


よく生徒が愚痴を言いに来ます。


「なんかお母さんに次のテストで算数80点取れって言われたんだけど…意味わかんない無理…」


AとRが不適切な例です。

愚痴を言いに来るだけで、どうやったら目標達成をできるかという相談にすら発展しないため、モチベーションがまるで上がっていないことがわかります。

結局は目標をもう少し下げ、軽く勉強のアドバイスはするのですが、本人発信の前向きな相談では無いため、あまり響いている感じはしません。

「ライバルに勝ちたい」「クラスを上げたい」

このように本人から湧き出る欲求をベースにして具体的な目標を設定して下さい。



【T 期限を決める】
ダイエットで「5㎏痩せたい!」というような目標でしたらしっかり期限を決める必要があります。

ただし、中学受験の場合は色んなものに自動的に期限がついているので、あまり考える必要はありません。

元々塾というもの自体がペースメーカーの役割を持つので、通っている以上様々な場面で勝手に期限を設定してくれます。

例えば次のまとめテストで良い点が取りたいと思えば、自動的に一か月後に行われますのでそこが期限になります。



以上です。

SMARTのうち、AとTは書くことがありませんでしたが、他の部分は少し具体例を書いてみました。

参考になれば幸いです。



そういえば数年前に卒業した生徒で、確認テストやまとめテストの得点が恐ろしく高い生徒がいました。

6年後期に全クラスで四科のまとめ算数の確認テストを毎週12問やるのですが(全16回)、おそらく彼女の樹立した平均11.8点(12点満点)という記録は二度と抜かれることはないでしょう。

その生徒にどんな対策をしているのかを聞きました。


「テストまでにやらなければいけないことを自分で全て紙に書き出す」

「終わったら1つずつ線を引いて消していく」


「どんどん消えていくのがとても快感」






そこに欲求があるのはズルいです。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR