FC2ブログ

開成と武蔵の入試結果データ

実績の方も大体出揃いましたので、近々HPの方にUPしていきます。

今年の開成と武蔵の入試データが出たため、少し書きます。(今年は麻布と駒東の受験者がおりませんでしたので割愛)

【開成】倍率2.9
国語
合平 48.4     
受平 41.0
満点 85

算数
合平 53.7     
受平 39.7
満点 85

理科
合平 61.4     
受平 56.9
満点 70

社会
合平 51.0     
受平 46.2
満点 70

全体
合平 214.5    
受平 183.8
合低 196
満点 310

倍率と理科の難易度は例年通りですが、他の3教科が難化しています。特に算数の受験者平均が半分を切ったのは驚きです。社会もここまで低いことは滅多にありません。当然ここ数年で最も低い合格最低点となりました。

高得点勝負の傾向をこれから変えていくのでしょうか?今年限りなのか来年以降も続くのかは興味深いです。(多分今年限りでしょうけど)


【武蔵】倍率3.2
国語
合平 51.3     
受平 45.2
満点 100

算数
合平 68.7     
受平 48.6
満点 100

理科
合平 39.1     
受平 34.3
満点 60

社会
合平 43.5    
受平 39.0
満点 60

全体
合平 202.0    
受平 167.0
合低 185
満点 320

出願者数が600オーバーは最近記憶にありません。例年より高倍率で受験生にとっては少々辛い試験となりました。

やはりというか、らしいというか。例年通り良くも悪くも算数で決まります。他3教科の合平と受平の差を足しても算数の差に届きません。

今年は国語の問題が予習シリーズに載っていたり2011年の麻布の過去問とかぶっていたりと、どこかで題材を見たことのある生徒が多かったはずなので、国語に差がつかなかったです。(その割に平均が低いのが気になりますが…)

そのため4科のバランスで勝負するタイプの生徒には少々不利に働いたと思います。実際アントレ生の合格状況からもわかります。今年は例年と違い4科バランスタイプの生徒が多かったので、アントレとしては正直残念でなりません…。

逆に算数一本勝負の生徒には有利に働きました。1と2(1)と4が易しかったので、ここを確実に取れば50~60点。あとは3の速さが完答できれば80点オーバーでほぼ合格が決まります。

アントレの武蔵クラスでそれほど良い結果が出ていなかった四科バランスが悪い生徒(失礼!)も、このパターンで合格していました。(その生徒は合格発表前にアントレに寄り、カッシーが解いた算数の答案を見て、自信満々で発表へ向かいました)

例年、アントレの武蔵クラスが倍率を下回る合格率ということはまず無いので、当然今年もそうではあるのですが、数だけで言えばもっと合格させてあげられたはずです。


悔しいですね…もちろん合格に届かなかった生徒の方が何倍も悔しいのは言うまでもありませんが。


他校も同様に今年の結果データをしっかり分析し、また来年以降対策を練っていきたいと思います。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

都立小石川中へ行ってきました(短めの記事)

今日は第10期生が何人か来たので焼肉へ行き、帰ったのが日をまたいだ後だったというのと、3日連続の説明会で朝から晩までということもあり非常に疲れているためサボり記事です。

都立小石川の説明会へ行ってきました!

詳しくは書きませんが正直かなりgdgdで、先生達も

やっちまったなー^^;

という感じでしたが、まあ不幸な事故だったということで合掌(チーン)

話を聞く限り、目指しているものとか理念は非常に素晴らしいと思いました。少なくとも私個人はああいう教養を重視する姿勢は好きです。アントレに通わせているご家庭ならば気に入る方も多いんじゃないかなと思います。

ただ、良くも悪くも公立っぽいなーという印象を至るところから受けました。ここ1ヶ月で10校以上私立の説明会ばかり行っているので、そのあたりの差を敏感に感じとれたのかもしれません。

以上です(内容ゼロ)。

よし

寝よう。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

桐朋中学2月2日参入

長年2月1日のみでやってきた桐朋中学が2月1日、2日と試験日を増やしてきました。

あんまり色々書くのもアレなので、短めに感想を述べますと

アントレ的には嬉しい!
個人的には悲しい!



【なぜアントレには嬉しいのか】
アントレは予習型という指導方針から、受身ではなく自ら積極的に取り組むことや、目的意識を持って授業に臨むことができるようになる子を育てたいわけです。

塾として合格実績はもちろん大事ですが、例え結果が望むような形にならなかったとしても、その過程で身につけた経験が将来必ず生かされるはずだと思っております。

自分の頭を使って物事を考える子に育つためには、多感な時期をある程度自由な環境で過ごさせ、自分の行動に責任を取れることが大事だと思っておりますので、校風として自由な方が望ましいのです(もちろんデメリットもありますが)。

その点を考えると、桐朋中学はアントレの方針を良しとして通わせてくれているご家庭が気に入りやすい学校だと思います。

今までは2月1日しかチャンスが無かったので、第1志望としての選択以外はしにくい学校でしたが、例えば

2月1日 武蔵、麻布など
2月2日 桐朋

のような受け方が可能となりました。

大学の合格実績や偏差値の低下で人気が低迷したとか色々言われておりますが、校風や理念が変わったのでなければ、アントレとしてはそこまで気になりません(もちろん多少は気にしますが…)。

なぜなら、他人の出した実績や偏差値の高さを学校選択の上位に持ってくるご家庭は、そもそも塾選択の時点で

アントレではなくサピを選んでいるからです!
※もちろんSAPIXに通っているご家庭がそれだけで通わせているわけではないことは承知です^^

ですから、アントレに通ってくれているご家庭の好みに合う学校の選択幅が広がったことに対して、とても良い方向に捉えています。

ちなみに実績の面も、入り口が変われば当然改善されてくると思います。

初年度ということで問題レベルをどのあたりに設定してくるのかが読めないところもありますが、とても楽しみです。



【なぜ個人的には悲しいのか】
いや、別に深い意味は特にないんですけれども、1回しかやらないということは、

「ウチに来たいやつだけ受けに来い!」

という学校のメッセージなわけで、何かちょっとカッコイイじゃないですか。それが崩れてしまったのも若干寂しいかなって…。

あとは自分の出身校が1回だけの試験だったし校風も近いので、勝手に仲間みたいなイメージを持っていたんです。

つい一週間前にアントレ出身の中高の後輩と夕飯を食べにいってちょうど「桐朋いいよねー」という話をしたばかりだったのに、そこもちょっと残念かなと…。

例えるなら、中学から1つの部活でずっと一緒に頑張ってきた友達に高1あたりで

「俺、○○部と兼部することにしたわー」

と言われた時のようなこのカンジ。

辞めるわけじゃないし、仲間なんだけど…。



うん、わかりづらい。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

学校選びの視点

リクエスト記事です。

といってもちょっと前に「ネタ下さい!」と言ってから実はすでに2つ程書いていて、3つ目です。

今回は

「学校選びの時にどの学校も良く見えてしまって、良い意味で特定の学校に執着を持てない。どうしたらよいか?」

という質問に対してです。

個人的には特に執着を持つ必要はないと思います。何故ならほとんどの生徒にとって、


行った学校が一番良い学校です。


そう思って通うことが大事ですし、そう思わないとやっていけないという話もあります。

ただ、これでは回答にならないので、キチンと答えますと、その学校の他にはないオンリーワンの部分を愛せるかで決めれば良いと思います。

あまり特定の学校名を挙げるのは良くないかもしれませんので、武蔵の場合を考えます(ここなら許される!)。


今は無くなってしまったのですが、武蔵には昔「豊作会」というものがありまして、そこで飼っているわけのわからん生物が基本的にそこらじゅうを歩き回っておりました(今は代わりにヤギがいるようです。さすがに放し飼いではないですけれども!)。

よし、体育館へ行くぞーと構内を歩いていたら

横でニワトリが併走していた

という光景は別段何も珍しいことではありませんでした。そしてその横を通っている川を見ればカモが気持ち良さそうに泳いでいます。

そんな学校は多分都内の進学校にはありません(知らないだけであるかもしれませんが)。

そういった部分を見て

ああ、こういうのいいな…緑も多いしこんな環境で6年間過ごせたら最高だろうなぁ。

と思う人もいれば、そんなのどうでもいいから大学受験対策しっかりやってくれる学校が良いという人もおりますし。

「授業中にヤギの鳴き声が聞こえる」

という言葉を聞いてどういうとらえ方をしますか?

「なんかいいなぁ、楽しそうだなー」

と思うのか

「なんだそりゃ、勉強の邪魔にしかならない」

と考えるのか。

このあたりは家庭の方針と好みの問題です。その学校のオンリーワンな部分を愛せないならさっさと除外してしまいましょう。



「個別の相談会等で聞いた方が良い質問はどんなことか?」

という質問もありました。



是非聞いてみて下さいね。



オンリーワンを!



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

学校選択について

実は一番苦手なのが

「あの子が向いている学校はどこでしょうか?」

という質問です。
※苦手なだけで、質問しないで下さいという意味ではありませんよ!


説明会にも行っていますし、学校の先生方、卒業生本人、卒業生のお母様等からの話も色々と聞きますので、ある程度情報は持っています。

・偏差値
・ここから通うと電車で~分、そこから徒歩で~分
・大学合格実績
・校舎の綺麗さ、グラウンドの広さ(または有無)

など、このあたりはいいんです。調べようと思えば誰でも調べられますし。

問題は数字や見た目で見えないところです。校風、生徒の雰囲気、先生の雰囲気。

もちろん私なりにそれぞれの学校のイメージがあります。ありますが、それをあまり語りたくありません。


【学校見学や説明会で本当にその学校のことがわかるのだろうか?】
例えば学校見学をしたとしても、学校側は塾関係者が来るということを事前にしっかり生徒達に伝えていれば、生徒達も少しキリッとするでしょうし、逆に何も生徒達に伝えずに、ありのままを見て欲しいというコンセプトの学校でしたら、そのままの姿で目に映るでしょう。

前者を見て「この学校の生徒達はしっかりしてるなぁ」と思い、後者を見て「何だかダラダラしてるなぁ」と思うのもどうなのかなと思っております。(しっかりやりなさいと言われてしっかりできること自体評価できることですが!)

説明会を聞いても、プレゼンが上手かったら良い印象を持ちます。ただ、私の場合、「この学校のプレゼン良かったなぁ」で終わってしまい、「この学校は良い学校だ」というところまでいきません。逆もそうです。

プレゼンは良いけれども中身は…、プレゼンは下手だけれども中身は…。十分考えられます。塾もそうですかね^^;



【外部からの評判の正確性はどうだろうか?】
例えばある学校に対して良いという評判も聞くのですが、ウチは合わなかったという評判も聞きます。良かったという人とそうでない人を性格的にジャンル分けをしても特に共通点が見当たらなかったりするわけです。

先生と合わなかった、クラスメイトと気が合わなかった等はもはや運です。それに卒業生から聞く言葉はほとんどが学校は楽しい、オススメという言葉ばかりです。それはそうです。学校生活が順調だからアントレに遊びに来る余裕もあるんでしょうし、自分自身が充実しているからその話をしに訪ねてくるわけです。

悪いことは大体伝聞です。「~ちゃんは○○中を途中で辞めちゃったらしい」といったように。ではその学校は悪い評価になってしまうんでしょうか。

成績不振の場合、学校が何もしてくれなかったのか。それとも学校は補習等色々と手を尽くしてくれたけれども本人が一向にやる気を出さず辞めたのか。

友達関係が原因で不登校になった場合、学校が何も対策を打たなかったのか。それとも学校のサポートが相当あっても、結局自分自身が踏み切れず、辞めたのか。

1つの悪い例があった場合、両方の意見とそれを見ていた第三者の意見を聞いて原因を吟味しなくてはいけませんが、塾がその三者を呼び出して問いただす権限等あるはずもなく、真実がどこにあるのかはわかりません。せいぜい一方からの意見を聞いて「良い」「悪い」等を共感するだけで終わります。

ですから私は、ただ「辞めた」という事実を聞き、印象だけで語るということだけはしたくないのです。



【本当に自信の持てる情報とは?】
自信を持って話ができる事と言えば、自分が6年間在籍した母校位じゃないでしょうか。それでも自分と同じような性格や学力でないと参考にならないでしょうし、その母校にしても、自分が在籍していた頃と何も変わっていないというのが前提です。

ですから、私は学校選びに関してはオススメや提案はしますが、さっぱりしたものです。あまり具体的なエピソードを交えて自分の印象で話したりすることはなるべく避けています。説明会等で学校が強調したかったところを少し話したり、卒業生がいれば、その話を少しする程度です。変な先入観を持たせてはいけないと思っているからです。

このあたりは指導員ごとに特色が出るでしょうね。受け手側も、情報をたくさん得ることで、色々話を聞かせてくれて助かったという人もいるでしょう。同じアントレ内でもフンチャンなんかは割りと自分の印象を大事にして、それを話すタイプだと思います。タケノコは中間位かな?人それぞれで面白いです。

ですから、アントレでは担任以外でも面談を申し込んでもらってかまわないのです。それに対して失礼だなんて思う指導員は誰もおりませんので、全く気にすることありませんよ!



【目に見える情報で絞りこんだら、自分の目で確かめに行く】
学校選びは、友達作り、恋人作り等に通じるものがあると個人的に思っております。軽い情報さえわかれば、その先は理屈じゃありません。他人の評価より、自分が持った印象を大事にして欲しいと思っています。

校門をくぐったらとても綺麗だった。すれちがった生徒が笑顔で挨拶してくれた。先生が優しく話しかけてくれた。

「ちょっと行ってみようかな」

位の気持ちで学校のイベント等でフラッと訪れた時にこんな場面に出会ったら、感動もまた大きいでしょう。それが学校に対する憧れになり、努力できる原動力にもなっていくものです。

憧れって良くわからないから憧れるんだと思います。書いていて気づきましたが、良い漢字ですよね。

あまり頭でっかちになりすぎない方がいいです。自分が目にした情報を信じて下さい。他人の情報は毒にも薬にもなりますが、薬も摂取しすぎると毒になります。



高校時代、友人がある小説を読んでいました。

ものすごく絶賛していて、

「これ読んでみなよ、今まで読んだ中で一番だった!絶対ハマるから!」
「心理描写が秀逸でさ、伏線の張り方がすごいんだわ。この作者マジ神!」

と執拗に勧められ、読んでみました。確かに内容はすごく良かったのですが、残念ながらあまり大きな感動は得られませんでした。


何故でしょうね。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR