FC2ブログ

下手が固まる

今のところ、ほぼ毎日更新するペースで書いているのですが、先日、マメに更新しすぎていることを生徒のお母さんから逆に心配されてしまいました。

大丈夫です。タイピングの速さと内容のテキトーさには自信があるので、この位でしたらすぐに書けます。ご心配なさらずに。



さて、実は私、7年ほど前からゴルフを嗜んでおりますが、やり始める前にある人から言われたことがあります。

「変なフォームで練習していたら下手が固まるだけだから、練習しない方がまだマシ」

このセリフには、中々考えさせられました。

例えば打つ瞬間に身体が伸び上がるクセがあるとします。それを修正せずに、100球、200球と打っていくと、段々その伸び上がるクセが自分の中で固まってきて、いつしか修正不可能になってくるということです。ただ、練習を続けていくと、身体の別の部分をうまく調整することで、伸び上がりながらもそこそこのショットが打てるようになってきます。

その後、仮に伸び上がることが修正できたとしても、伸び上がった時に良いショットが出るように身体が覚えてしまっているので、全然良い球は打てません。そして、また1から感覚を調整し直すことになります。そんなムダなことをするならば、はじめからやらない方が良いということです。

その人がどういう意図で言ったのかはわかりませんが、私なりにそう解釈しました。

--------------------------

勉強も似たようなところがあると思います。初めに試行錯誤しながらやっていく段階(アントレで言えば予習段階)では色々やってみて良いと思います。

ただ、復習段階になったときに、下手を固める復習になっていると非常によろしくないことになります。

技術的な面で例を挙げると「速さの3公式」「割合の3公式」あたりで下手が固まりやすいです。苦手な人ほど公式に頼って、当てはめるだけの作業を反復していきます。それを繰り返していくと、「公式に当てはめれば自動的に答えが出る」という下手な思考が固まっていきます。

そういえば、中学受験界には「はじきの公式(速さ)」というものがあるらしいです。

アントレのノートのように、T字を書いて
左下のエリアには「は(速さ)」
右下のエリアには「じ(時間)」
上のエリアには「き(距離)」
と文字を書き入れます。

「は」と「じ」は横に並んでいるから掛ければよく、その結果「き」が出る。
「は」は「き」の下にあるから「き」を「は」で割ればよく(分数のイメージでしょうか)、その結果「じ」が出る。

というものらしいです。

これを考えた人は、足の小指をタンスの角に思い切りぶつけて悶えればいいんじゃないですかね!?

横に並んでるから掛ければよいってどういう理屈やねん。

「普通にやっても0点だから、これを丸暗記して基本一行問題の20点だけ取りに行く」

というのなら効果はあると思います。まあ時間が経っても20点から先へは進めませんけれどもね!

…これ以上このテーマに首を突っ込むと、延々と下にスクロールしても一向に記事の終わりが見えないというみんな(私も含む)にとっての地獄が待っているのと、私の血圧がどんどん上がっていくだけなので、早いうちにやめておきます。

上記のように単元を理解するという技術的な面だけではなく、勉強そのものの姿勢を養う時にも下手を固めている可能性があります。

例えば、算数の白板問題の復習を高い質でやれていると胸を張って言えるでしょうか?ただ、白板問題の右下部分を清書するだけの作業になっていないでしょうか?もし、そうなっていたらすぐにでもやり方を修正しなければいけません。それは低学年のうちにやらなければいけないことです。低学年のうちから復習を完全に本人任せにしていて、その上成績は芳しくなく、そのまま次学年を迎えたとしたならば、かなり下手が固まっている状態と予想されます。

何事にもはじめが肝心です。技術的なところの大部分はアントレに任せて下さい。勉強に対する姿勢の面は保護者の方の協力が不可欠になりますので、そのあたりの意識を高めておいていただければと思います。

--------------------------

私がゴルフの練習ではじめにやったことは、スイング理論を本やネットで研究し、ひたすらyoutubeでプロのスイング動画を見まくったことです。練習はそんなにガツガツやらずに、自分のスイング動画を撮影し、プロと並べて違う場所をリストアップして、それが直るまで鏡の前で素振り。これを繰り返し、フォームが形になってから打ち込みに入りました。

目標が2ヶ月で100を切ることで、131→126→114→100(おしかった!)とスコアを伸ばしていき、これはいったかと思ったのですが、そのあとが伸び悩み、結局2ヶ月では切れませんでした。

私はいつものように大好きなT・ウッズの動画を何度も見ながらダメだった原因を色々と考えました。そしてその時、衝撃的な事実に気がつきました。

「T・ウッズとカッシー、身体のスタイルが全然違うじゃん」


参考:T・ウッズ
woods.jpg

なぜもっと早く気づかなかったのだろうと自分を責めましたが、おそらく潜在的に気づかないフリをしていたのではないのかという可能性も考えられます。今となっては誰にもわかりませんね…。

ま、まあでも良く見たら似てるところもあるかな?(足が2本あるところとか)



わかりやすく言えば、体型的に基本問題レベルをやらなければいけないのに、いきなり応用演習問題集を解いていたようなものでした。普段生徒達に「基本が大事」と言っているにも関わらずこの体たらく、ブーメランというのはまさしくこのことです。というわけで丸山茂樹の動画に切り替えたことで、あっさり100を切れました。良かった良かった。

参考:丸山茂樹
maruyama1.jpg


日本人万歳\(^o^)/

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR