FC2ブログ

共通の話題と教養

今日は生徒に

「昨日の記事は文章が長くてつまらなかった」

と言われてしまいました。

どうやら面白い記事を要求されているようです。しかし、

「ちょっと前の記事の最後あの画像(ジョブズ)なんなの?意味わかんない」

という生徒に合わせた面白いものってどうすればいいんでしょう…。

会話の中でお互いが分かっているから話が通じるというものがあります。例えばちょっとウィットに富んだことを言っても、受け手がその元ネタを知らなければ言った側はちょっと肩透かし食らったカンジがしたりして。

これが続くと、段々と交流がなくなっていくんだと思います。話している側も楽しくないでしょうから、主に話し手側からフェードアウトしていくのでしょう。

オタクはオタクネタを理解してくれる者同士でコミュニティを作りますし、体育会系は体育会系とつるむことが多いです。やはり、共通の話題や経験というものは人間関係を構築する上で非常に重要なものです。

話は変わりますが、前回の記事で孫子の古典を引用しました。私は別に古典マニアでも何でもなく(あれは有名ですから知っている人も多いですが)、少し特殊な環境にいたから覚えただけです。


少し昔の話をします。


小学校の6年間、通っていた学校の方針でひたすら漢文を暗唱させられました。書き下し文ではないし、習っていない漢字ばかりでしたので、最初は意味不明のまま、ただ音だけで暗唱していました。

本を手で持って読みながら声を出すのですが、もちろんレ点等の読み方のルールも何もわからず、それ以前にそもそも文を読んでいないので、手に持っているものが「六本木・オシャレなカフェ厳選20店!」でも、何の影響もありません。

kundoku.jpg
↑こんな感じの文を小1に読ませるとか^^;

しかし毎日音読するとどんどん覚えていくんですね。忘れたものも多いですが、まだ頭に残っているものもたくさんあります。漢文だけではなく、枕草子の序文や、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」等、たくさんありました。まあさっぱり意味がわからないわけですが。

百人一首もありました。大会があったため、家中短冊を貼ったり、チーム戦なので友達の家で泊まりの合宿をしたこともあります。当然百首全部覚えました。

余談ですが、初めの1文字で取れるものや2文字で取れるもの等をリストアップしたり、どうやったら効率良く一時記憶して場所を覚えられるか等も研究しました。見事優勝できたのは今でも良い思い出です。

学年が上がっていくと、読んでいるものの意味を説明してくれるようになります。漢字もわかりますし、「あーなるほどな」と聞けば理解できるようになりました。

しかし、当時は

「何のためにこんなことをしているんだろう?」

疑問しか浮かびませんでした。普通に読み方を教えてくれれば本を見て読むのにそれじゃダメなのかと。


奇妙なことに小学校を卒業し、中学に入っても同じようなことがおきました。


漢文の授業の半分は暗唱です。有名な文はほぼ暗唱したんじゃないかと思います。古文の授業も暗唱が結構ありました。徒然草、平家物語等良く覚えています。

「普通に読みゃいいじゃん…丸暗記に何の意味があるんだか…」

小学生の時と同様に当時は意味をまるで見出せませんでした。前の席に座っている友達の頭の後ろに紙をはって、それを暗唱するフリして読むという技を身につける位やる気が無い時もありました。

高校の時に漢文の先生に聞いたこともあります。

「こんなことをして意味あるんですか?」

完全に生意気な生徒のそれですが、先生は笑って

「もう少し大人になったらわかるかもなー」

と言っていました。上手く逃げられたと思いました。

今考えれば当時の先生達は原典に触れ、それを頭に入れることで「教養」をつけさせてくれたんだと思います。そしてさらに、同じように「教養」を持っている仲間と話が合うようにしてくれたのかなと。

ふとした会話の中で古典の一節が出てきたりしたら「おっ」と思います。言った方も言われた方も元ネタがわかって少し楽しくなりますよね。こんな少しのことでも人と人の繋がりができるきっかけになります。元ネタがわからずスルーしたら多分それっきりということもあるんでしょう。

今考えればもう少し真面目に授業を受けておけばよかったと思うと同時に、「知識」ではなく「教養」を重視して授業を組んでくれた学校と先生に感謝しております。

というようなことを、昔の思い出に浸りつつ廊下を歩いていたら、授業後の教室からものすごい声が聞こえてきました。

「ラッスンゴーレライ!」

「フー!」

「ラッスンゴーレライ!」

「フー!」

息もぴったりです!

共通のネタの威力のすさまじさを感じました。多分ものすごい一体感なんだろうなぁと思いつつ、大声で叫び半狂乱で踊り狂う猿の群れ生徒達を見て同時に思いました。



教養の前に知性から何とかしよっと



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR