FC2ブログ

同じ学校の説明会へ何度も行く意味はあるのか

子供が4年の頃からすでに志望校をいくつか決めていたような場合、4年生時点で志望校の説明会へ行くことが多いです。

しかし5年になり、6年になり、同じ学校の説明会へ毎年行く意味はあるのでしょうか?

私はあると思います。

「でも8割9割同じ話を毎年聞いて終わりなんじゃないの~?」

と思うでしょう。

実はその通りです。

学校の理念はそうそう変わるものではありませんし、校長や入試担当や広報担当が変わらなければ話す内容もそう大きくは変わらないでしょう。

ただ、たまーに残りの1割2割が重要だったりもします。

例えばつい先日跡見学園へ行ってきました。今まで作らなかった特進クラス的なものを作るという話をされました。

内部でも学力差があるわけですからそういうことをやるべきだと思う方もいれば、差をつけるのは良くないということでやらない方が良いと思う方もおります。

これを踏まえて再検討するという方もいらっしゃるでしょう。

また、今度富士見中学へ行くのですが(毎年行っております!)、新校舎の建設が一部終わったようで卒業生に是非見に来て欲しいと言われました。今年はまた去年と違った様子が見られそうです。

意外と1年で変わることってあるものです。

ただ、本当に大事なのはこういったことではありません。

その学校へ行かせたいという気持ちを再確認しに行く、年に1度の恒例行事であって良いと思います。

子供もその学校を意識しているのでしたら

「今日○○の説明会行ってきたよ!」

というだけで、子供も

(あ、お母さんは自分に期待して応援してくれているんだ…)

と思い、勉強のモチベーション(と危機感)が上がるかもしれません。パンフレットを見せたり、もらった(買った)学校の名前入りのペン等をお土産であげても良いでしょう。

最近は私が受験生だった時代と違って学校HPや情報掲示板が充実しているおかげで、足を運ばなくてもほとんどの情報は手に入ります。

ですから、行って何を聞いたかよりも、行ったという事実そのものが案外重要だったりするものです。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

リード文は読むべきか

理科や社会の問題で、最初にある長ったらしい文章のことをリード文と言います。下線や空欄がちょこちょこあるアレですね。

リード文をどう処理するかは意外と大事だったりします。

とりあえず読んだ方が良いか悪いかで言いますと、基本的には読んだ方が良いです。



【リード文内に多くのヒントがある時も】
例えば理科の場合、ちょこちょこ大学入試の内容が出題されることがあります。

誰も習っていないけれども、今ここで書いておくからそれを読んで解いてねといったような内容です。

また、実験問題なんかはよほどの典型問題でない限り、読まないと何をやっているかわかりません。



【どういう力が必要になるのか】
そういった問題の場合、その分野に関する基本知識と国語力(読解力)が重要になってきます。どちらが欠けても得点が取れないので基本的に上位の学校でしか出題されません。

たまに中堅校や下位校で出されるのを見ますが、受験層を考えたら明らかに正答率1%以下じゃないかという問題もあったりします。



【日々の取り組みが試される】
アントレ限定の話になってしまいますが、予習シリーズは基本的に予習のためだけに使います。授業では全く使いません。

全く初めての内容を自分で読んで理解してから授業に来なければいけません(もちろん完璧に仕上げてくる必要は全くありませんし、不可能です)。

ただ、これを何年も続けているため、初めての内容を自分で読み解いて理解するという訓練が日常的になされていますから、こういった問題には強いです。

ただし、流し読みをするだけで予習を数十分で切り上げ、最初に講義の授業があるからそこで習えばいいやと思っている生徒は、やはりそういう問題が出てきた時に苦手意識を感じてしまうかもしれません。



【問題の質を見分ける】
上記のようなタイプの場合は読んだ方が良い(というか読まないと解けない)のですが、読む必要のない時がたまにあります。

その判断は実際に過去問を解きこなしていくことで身につけることができます。


①リード文が全く意味の無い場合
学校によっては、ただのオシャレで書いてある場合があります。問題作成の先生が自分から

「いやー、あれは自己満足なんですよー^^」

と言っていることもあります。

過去問からその学校の傾向を探りましょう。


②時間がない場合
過去問を解いていて、この学校の問題はいつも時間がないと思えば、効率的に得点する術を過去問から学ばないといけません。大問で必ず1題はそういうものが出るとわかっている時は、最後に回して残り時間の兼ね合いで読むかどうかを決めるのも良いです。

もしくは、入試直前の段階でこういう系統の問題は苦手だと思えば、下線部だけ見て解ける問題だけ解いてしまって、他は捨てるというやり方もあります。時間をかけるだけかけた結果、さっぱりわからず間違えるというのは最悪ですからね。

誤解して欲しくないのは、問題を捨てるとか見切るというのは、今やる必要は全くありません。今は実力を伸ばしていく時期で、得点の効率化を求めるのはもう少し先です。



【まとめると】
基本的にはしっかり読むべきです。しかし傾向や時間等の兼ね合いから、読まなくても良い場合もあるということは覚えておいて下さい。

過去問を解く時にはただ解くだけではなく、終わった後にこういう分析が自分で出来ると良いです。もちろん6年後期からの過去問演習の授業なんかではこういう話をすることもありますが、指導員側から与えられた情報だけではなく、自分で問題分析ができる程やり込んで欲しいものです。

自分の持てる実力を最大限得点化する工夫をすることで、実力で負けている相手に本番で勝つことができます。



それもまた実力です。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

ブログ開設から3ヶ月

ブログを開設して気がついたらもう3ヶ月経っているんですね。

ほぼ毎日更新しておりますけれども、正直ここまで続くとは思いませんでした。

初めは内部用で連絡事項を中心にしようかなと思ったんですけれども、どうせなら楽しく読めた方がいいかなと思い、テキトーに書きなぐっていたらこんなカンジになってしまいました。

ただ、最近は段々とネタがなくなってきてキツいです!一応まだ書きたいことはあるのですが、いつか枯渇しそうです。

というわけで、もし読者の方で「このテーマについて書いて欲しい」というのがありましたらメールやコメント欄等に残していただければ嬉しいです。

メールフォームなんかがあった方が匿名性を保てていいでしょうか?ちょっと設置を検討してみます。

よっぽど内容的に危険なネタでない限り書きたいと思いますので、是非よろしくお願いします(危険なネタでも多分書きます^^)。

とりあえずなるべく毎日更新(「なるべく」というのに甘さを感じますね!)というのを続けていきたいと思っておりますので、次の目標を半年に設定して継続できたらいいなと思います。

みなさんの応援がいつも励みになっております。

これからもよろしくお願いします!


※追記:メールフォームをサイドバーに追加しました。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

やっぱり席は重要だった

今日は5年生の保護者会でした。明日は6年生です。是非お待ちしております!


前回記事の続きです。

いつも通り右後ろに座りました。

大体エリアにして

zentai.jpg

このあたりです。

周辺の、簡単な図を拡大して描きましたのでご覧下さい。

haichi.jpg

ちょっと知性が足りないカンジの図になっておりますが、マウスで1分で描いたらこんなもんですわ!

カ→カッシー

ダ→ダンディー(荒武)、すぐそばにいたことを途中で気づきました。

この2人はいいでしょう。ちなみに練馬教室のモモタロー(須藤)も来ていました。


ここからが本番です。


A→若めの雰囲気。頭が定期的に上下運動しているので、完全に寝ていた。

B→オッサン。だらしのない格好で寝ていた。顔が赤いので完全に二日酔い。

C、D→白髪のしっかりしてそうな年配の方だが寝ていた。

まあ、ここまでは大したことありません。ちょっと疲れていただけなんだと思います。塾の人間は朝早いの苦手だしね!


E→いびきをかいて寝ていた (_ _)Zzz ゴォォォォ

これがもう爆音でしてね。周辺の人がチラチラと見るのですが、全く起きる気配がありません。うるさすぎて校長の話が全く頭に入りませんでした。まあこの人も疲れていたんでしょう。良い夢見ろよ!


F→人が変わりすぎてわけがわからない。


まず開始15分で1人去りました。「入試報告会」なのに、校長の初めの挨拶の途中に帰ったツワモノです。

次に30分程遅れて来た人がそこに座りました。ちなみに何人か遅刻してその周辺に座っています。

1時間程で学校に関する説明が終わり、さあこれから入試の話となった時に

そこに座っていた全員が帰りました。




もう一度確認しますが、入試報告会です。


一体何しに来たんだろうか^^;
※ちなみにBのオッサンも酔いが醒めたのか帰りました。


誤解しないでいただきたいんですけれども、塾関係者のイメージを下げたいわけではないです。他のエリアは全然そんなことなかったんですよ。寝ている人もいなければ途中退席もおりませんでしたし(当たり前ですが)。


ということで、もう右後ろに座るのは止めました。

席はやっぱり前に座らないとね><

カッシーも頑張ります^o^


学校の話ですか?

あ、今回はそういう記事じゃないので…
(↑そういう記事を書いた試しがない)



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

遅刻しちゃうので中途半端な記事

昨日は4年生の保護者会でした。今日は今から5年生の保護者会です。



さて、先日本郷中学の説明会に行ってきました。

ものすごい人でしたね。昨年に比べて受験者数が大幅増加しただけはあります。

相変わらずの固定の位置に座ったのですが、

座った場所がひどかった(´□`。)

やっぱり右後ろは危険ですね!(あの位置好きなのに…)

子供達には前に座れと言っているのに、自分は守っていないという報いを受けたのでしょう。

どうひどかったのかを詳細に書きたいのですが、


フ「カッシーはまだ来てないんですよね…どうやらブログを書いているらしいです^^;」

保「(ザワザワ…)」


となったらマズいので、今度にしますね!



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!


本日の授業と台風

結構な暴風雨でした。

子供達の安全を守らねば!(使命感)

ということで、台風が徐々に接近しているということもあり、今日は授業を少しだけ早く終わらせ、居残り禁止で帰らせました。電車が止まるとマズいしね!

いやー、本当に大変な嵐だったー、うん本当に。





↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

昨日生徒に言われたこと

生「カッシーあのさー」

カ「ん?」

「日能研行ってみたいんだよね」

「ほ、ほぅ(すげーこと言うなコイツ…)(^^;)」

生「いやー、どうなのかなーと思って」

カ「一度行ってみるのもいいんじゃない?体験申し込めば多分授業受けられるよー」

生「…」

カ「一週間分のノートはコピーしておいてあげるから心配すんな^^b」

生「…」

ここでタケノコも参戦

タ「いいと思うよ実際。違いがわかっていいかもねー」

カ「よし、安心して行って来い!」



正直な気持ちで言いました。自分で言うのも何ですが、私の長所でもあり短所でもあります。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

テストの点の信憑性

テストの作りについて考えたことはありますか?

なんとなく記述が多いとか知識が多いというような分類しかない方も結構いるのではないのでしょうか。

良いテストは平均点が6割位のもののようです。得点がうまく散らばらないと実力差を見分けられないからという理由です。

何故6割なんでしょうね。4割や5割ではまずいのでしょうか?

おそらくこれは、運による得点を加味しているのだと思います。



【おおよその期待値を出してみる】
例えばとある分野の習熟度が50%だとして、全て4択のテストだとします。

100点満点のテストだとして単純に計算してみますと、わかっている部分が半分あるのでベースが50点分あります。残りの50点分は勘になるのですが、1/4で当てられますので期待値として+12.5点は運で獲得できます。明らかに選ばない選択肢などもあるため、2択3択まで絞れるケースもあり、実際には+15~20点分位になるでしょうか。

そうすると習熟度50%の生徒は65~70点取れる計算になります。



【習熟度が低い場合】
もう少し習熟度を下げてみます。習熟度20%の生徒の場合はどうでしょうか。

まず20点分を確保したあとに同様の計算をすると+30点を運で取れそうです。そうすると50点取れます。

習熟度20%で50点取れるってすごいですよね。



【運要素をどう考えるか】
ここからが考えどころです。

習熟度20%の生徒に対して運要素を排除したテストで20点取らせることが良いのか、それとも50点取らせて勘違いでも良いので気持ちよくさせるのかということです。

個人的には前者が好きです。現状をぼかすことのデメリットが、気持ち良くさせるというメリットより大きいと考えているからです。ですからアントレで作っている理科のテストは基本的に前者となります。

記号問題もあるのですが、「2つ選びなさい」「すべて選びなさい」「順番に並べなさい」という形になっていたり、2問セットで正解となっているものがそれなりにあるので、運で正解するのが難しくなっています。

そうするとアントレの理科のテストは50点満点ですから、サボった生徒は平気で10点という得点が出ます。

そうするとそれを見た一部の保護者様は

「問題が難しすぎる」
「難易度があっていない」

と思うかもしれません。

本当にそうでしょうか。もしかして内容ではなく、得点だけ見ていませんか?


できますよ。


25点取らせること(@^-^)
※ちょっとイジワルな内容ですいません



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

賢い塾の選び方

「賢い塾の選び方」

という有名なサイトがあります(クリックで飛べます)。

HPビルダーで作ったような、いかにも昔のHPというカンジがする懐かしいサイトです(ソースを見たら案の定HPビルダーでした!)。

何年か前に見たことがあるのですが、まだありました。最近更新はサボっているようですが、「塾選び」等で検索するとかなり上位にくるので、アクセス数はまだまだ多いのでしょう。

3の「塾の中身の見抜き方」なんかは面白く読めると思います。

なんかこれ読んでいると

アントレって良い塾なんじゃね!?

と錯覚できるから面白いです。



ん、錯覚…?



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!


テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

目の前のことを頑張る

金曜日は6年A、Bクラスの理科がありました。

「動物総合」の確認テストが…(つω`)
※デジャヴ?

20点満点のテストなのですが、オーソドックスな知識だけですので、8割目標と言っております。

ギリギリ届かなかった位ならまだ良いのですが、1ケタという生徒も結構おりました。


【珍しく説教タイム】
私は授業中にあまり説教をするタイプではないのですが、特にBがひどかったので1、2分程話をしました。

内容的には

得点が悪くても後で復習をすれば良いやという発想はしない方が良いという話です。

テスト直しはもちろんするのですが、あくまでも意識の話です。



【四谷偏差値60を取るために】
私は偏差値だけで測るのはあまり好きではありませんが、生徒達に一番わかりやすい基準が偏差値なので、四谷偏差値60をしっかり取ろうという話をしました。

実際理科で60あれば、Bのクラスの生徒達が受ける学校は何も心配ありません。ただ、残念なことに現状で60ある生徒はそう多くありません。

偏差値は相対評価です。当たり前の話ですが、生徒達は思ったよりその認識がありません(というより、絶対評価、相対評価の意味すらわかっていない生徒も^^;)。

「テストの復習をやれば偏差値60を取れる」というのは違います。それはあくまでも自分だけが復習をしっかりやり、他の生徒が一切復習をしなかった場合だけ適用される考え方だという話をしました。



【具体例を出して話を】
16点取った子A君と8点取ったB君がいたとします。

A君は4点分復習をすれば良いです。おそらくこれだけならば頭に入りやすいでしょう。B君は12点分の復習が必要で、A君の3倍の量になります。A君と同じ時間で頭に入れるには量が多すぎる上に、同じ分野の周辺知識がA君より少ない分、効率も悪いでしょう。

良く言えばB君には伸びしろがあります。ただ、確認テストがあるとわかっていてその対策が十分にできていない生徒が、何の目標もないただの復習で12点分を仕上げられるとは到底思えません。

実際アントレの確認テストで4割程度を取り続け、月例のまとめテストで8割以上取り続ける生徒は今までに1人たりとも見たことがありません。



【確認テストの得点でその後の全てがわかる】
保護者会等でもたまに話すのですが、確認テストの段階でまとめテストの得点は決まります。決まるというのは上限が決まるという意味です。確認テストは範囲が狭いため、一時記憶能力だけで高得点を取る生徒もおります。その場合はまとめテストになって範囲が広がると悪くなることはあります。が、その逆はありません。

確認テストは最初の目標です。

確認テスト→まとめテスト→合不合→過去問→入試→

最初の負債は右へ行くごとに雪だるま式に膨らんで行き、範囲のない合不合からはどこをどう対策すれば良いかわからなくなります。積もり積もったもの全部の対策をする必要があるからです。最初の小さい目標をしっかりクリアすることで、次に繋げていくことができます。



【他の苦手単元はどうすれば良いか】
たまにお母様からこう相談されることがあります。

「ウチの子、力学と電気が苦手なのですが、どうすれば良いのでしょう…」

これに対する回答の仕方はその生徒の能力と、相談時期によって違います。

その生徒が理科自体が得意というわけでもなく、時期も今現在の場合でしたら、

「とりあえず放置で^^」

というのが回答です。そんなんで良いのかと怒られそうですが、それでいいです。

もし対策をするという結果になったのならば、今のカリキュラムを捨てて、集団授業から外れてもらいます。その生徒独自のカリキュラムを組んで、全て個別で進めて行くことになります。

何故そうしないといけないのかと言いますと、「別課題を出す」もしくは「個別を取る」という形になった場合、1週間で2つの単元を進めることになります。ただでさえ理科が得意ではないのにこんなことをしたら、どちらも中途半端で終わることがほぼ確実だからです。

こうなると、数ヵ月後にまた

「○○の単元(←同時並行でやった集団授業部分の単元)が苦手なのですが…」

という相談が始まります。

もうわけがわからないですね!


力のある生徒で「他の単元は良く出来るけれども、この単元だけは…」という場合は、同時並行も可能です。ただ、その場合その苦手単元はこれから入試までに複数回出てきますから、そのどこかでは身につきます(そもそも力もありますし)。

ですから「夏ではダメ、どうしても今仕上げたい!」ということでない限り、やはり必要ありません。



【結論としては】
当面の目標として合不合の偏差値を上げたければ、個別を取ることでも以前やった苦手単元のものを引っ張り出して同時並行でやることでもありません。

6年後期や直前期の場合は少し事情が違いますが(その時期になったら書くと思います)、今の6年前期の段階ではあまり余計なことを考えずに、目の前のことをしっかりやるのが大切です。

色々考えてしまってあせりや不安もあるでしょうけれども、この記事が鎮静剤代わりになってくれればいいと思います。


あ、というわけで


来週の確認テスト期待してますね(*´∀`)b
※興奮剤注入



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR