FC2ブログ

学校選択について

実は一番苦手なのが

「あの子が向いている学校はどこでしょうか?」

という質問です。
※苦手なだけで、質問しないで下さいという意味ではありませんよ!


説明会にも行っていますし、学校の先生方、卒業生本人、卒業生のお母様等からの話も色々と聞きますので、ある程度情報は持っています。

・偏差値
・ここから通うと電車で~分、そこから徒歩で~分
・大学合格実績
・校舎の綺麗さ、グラウンドの広さ(または有無)

など、このあたりはいいんです。調べようと思えば誰でも調べられますし。

問題は数字や見た目で見えないところです。校風、生徒の雰囲気、先生の雰囲気。

もちろん私なりにそれぞれの学校のイメージがあります。ありますが、それをあまり語りたくありません。


【学校見学や説明会で本当にその学校のことがわかるのだろうか?】
例えば学校見学をしたとしても、学校側は塾関係者が来るということを事前にしっかり生徒達に伝えていれば、生徒達も少しキリッとするでしょうし、逆に何も生徒達に伝えずに、ありのままを見て欲しいというコンセプトの学校でしたら、そのままの姿で目に映るでしょう。

前者を見て「この学校の生徒達はしっかりしてるなぁ」と思い、後者を見て「何だかダラダラしてるなぁ」と思うのもどうなのかなと思っております。(しっかりやりなさいと言われてしっかりできること自体評価できることですが!)

説明会を聞いても、プレゼンが上手かったら良い印象を持ちます。ただ、私の場合、「この学校のプレゼン良かったなぁ」で終わってしまい、「この学校は良い学校だ」というところまでいきません。逆もそうです。

プレゼンは良いけれども中身は…、プレゼンは下手だけれども中身は…。十分考えられます。塾もそうですかね^^;



【外部からの評判の正確性はどうだろうか?】
例えばある学校に対して良いという評判も聞くのですが、ウチは合わなかったという評判も聞きます。良かったという人とそうでない人を性格的にジャンル分けをしても特に共通点が見当たらなかったりするわけです。

先生と合わなかった、クラスメイトと気が合わなかった等はもはや運です。それに卒業生から聞く言葉はほとんどが学校は楽しい、オススメという言葉ばかりです。それはそうです。学校生活が順調だからアントレに遊びに来る余裕もあるんでしょうし、自分自身が充実しているからその話をしに訪ねてくるわけです。

悪いことは大体伝聞です。「~ちゃんは○○中を途中で辞めちゃったらしい」といったように。ではその学校は悪い評価になってしまうんでしょうか。

成績不振の場合、学校が何もしてくれなかったのか。それとも学校は補習等色々と手を尽くしてくれたけれども本人が一向にやる気を出さず辞めたのか。

友達関係が原因で不登校になった場合、学校が何も対策を打たなかったのか。それとも学校のサポートが相当あっても、結局自分自身が踏み切れず、辞めたのか。

1つの悪い例があった場合、両方の意見とそれを見ていた第三者の意見を聞いて原因を吟味しなくてはいけませんが、塾がその三者を呼び出して問いただす権限等あるはずもなく、真実がどこにあるのかはわかりません。せいぜい一方からの意見を聞いて「良い」「悪い」等を共感するだけで終わります。

ですから私は、ただ「辞めた」という事実を聞き、印象だけで語るということだけはしたくないのです。



【本当に自信の持てる情報とは?】
自信を持って話ができる事と言えば、自分が6年間在籍した母校位じゃないでしょうか。それでも自分と同じような性格や学力でないと参考にならないでしょうし、その母校にしても、自分が在籍していた頃と何も変わっていないというのが前提です。

ですから、私は学校選びに関してはオススメや提案はしますが、さっぱりしたものです。あまり具体的なエピソードを交えて自分の印象で話したりすることはなるべく避けています。説明会等で学校が強調したかったところを少し話したり、卒業生がいれば、その話を少しする程度です。変な先入観を持たせてはいけないと思っているからです。

このあたりは指導員ごとに特色が出るでしょうね。受け手側も、情報をたくさん得ることで、色々話を聞かせてくれて助かったという人もいるでしょう。同じアントレ内でもフンチャンなんかは割りと自分の印象を大事にして、それを話すタイプだと思います。タケノコは中間位かな?人それぞれで面白いです。

ですから、アントレでは担任以外でも面談を申し込んでもらってかまわないのです。それに対して失礼だなんて思う指導員は誰もおりませんので、全く気にすることありませんよ!



【目に見える情報で絞りこんだら、自分の目で確かめに行く】
学校選びは、友達作り、恋人作り等に通じるものがあると個人的に思っております。軽い情報さえわかれば、その先は理屈じゃありません。他人の評価より、自分が持った印象を大事にして欲しいと思っています。

校門をくぐったらとても綺麗だった。すれちがった生徒が笑顔で挨拶してくれた。先生が優しく話しかけてくれた。

「ちょっと行ってみようかな」

位の気持ちで学校のイベント等でフラッと訪れた時にこんな場面に出会ったら、感動もまた大きいでしょう。それが学校に対する憧れになり、努力できる原動力にもなっていくものです。

憧れって良くわからないから憧れるんだと思います。書いていて気づきましたが、良い漢字ですよね。

あまり頭でっかちになりすぎない方がいいです。自分が目にした情報を信じて下さい。他人の情報は毒にも薬にもなりますが、薬も摂取しすぎると毒になります。



高校時代、友人がある小説を読んでいました。

ものすごく絶賛していて、

「これ読んでみなよ、今まで読んだ中で一番だった!絶対ハマるから!」
「心理描写が秀逸でさ、伏線の張り方がすごいんだわ。この作者マジ神!」

と執拗に勧められ、読んでみました。確かに内容はすごく良かったのですが、残念ながらあまり大きな感動は得られませんでした。


何故でしょうね。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR