FC2ブログ

同じ学校の説明会へ何度も行く意味はあるのか

子供が4年の頃からすでに志望校をいくつか決めていたような場合、4年生時点で志望校の説明会へ行くことが多いです。

しかし5年になり、6年になり、同じ学校の説明会へ毎年行く意味はあるのでしょうか?

私はあると思います。

「でも8割9割同じ話を毎年聞いて終わりなんじゃないの~?」

と思うでしょう。

実はその通りです。

学校の理念はそうそう変わるものではありませんし、校長や入試担当や広報担当が変わらなければ話す内容もそう大きくは変わらないでしょう。

ただ、たまーに残りの1割2割が重要だったりもします。

例えばつい先日跡見学園へ行ってきました。今まで作らなかった特進クラス的なものを作るという話をされました。

内部でも学力差があるわけですからそういうことをやるべきだと思う方もいれば、差をつけるのは良くないということでやらない方が良いと思う方もおります。

これを踏まえて再検討するという方もいらっしゃるでしょう。

また、今度富士見中学へ行くのですが(毎年行っております!)、新校舎の建設が一部終わったようで卒業生に是非見に来て欲しいと言われました。今年はまた去年と違った様子が見られそうです。

意外と1年で変わることってあるものです。

ただ、本当に大事なのはこういったことではありません。

その学校へ行かせたいという気持ちを再確認しに行く、年に1度の恒例行事であって良いと思います。

子供もその学校を意識しているのでしたら

「今日○○の説明会行ってきたよ!」

というだけで、子供も

(あ、お母さんは自分に期待して応援してくれているんだ…)

と思い、勉強のモチベーション(と危機感)が上がるかもしれません。パンフレットを見せたり、もらった(買った)学校の名前入りのペン等をお土産であげても良いでしょう。

最近は私が受験生だった時代と違って学校HPや情報掲示板が充実しているおかげで、足を運ばなくてもほとんどの情報は手に入ります。

ですから、行って何を聞いたかよりも、行ったという事実そのものが案外重要だったりするものです。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR