FC2ブログ

ゆっくりな子の受験2

あれ…

早くも1日おきペース崩れてる!!!

いや、ちょっと火曜の夜は気を抜いていて(というかものすごく疲れていて)、何も考えずに即寝ちゃったんですよね。

あ、そういえば今週は保護者会の週です。

保護者会がある

極度の緊張のため頭がおかしくなる

時空間が歪み1日48時間になる(カッシーの頭の中で)

セーフ

というわけでセーフです。1日おきペースをしっかり守れています^o^

いやー、危ないところだった。よかった…セーフで…(遠くを見つめながら)。

------------------------------------------------------------

続きです。

が、今回はコメントがあったためちょっと寄り道して計算編です。

計算に関して誰もが考えていること。それは

スピードと正確性を上げたい

これに尽きます

一緒に同時に上げるためには、数をこなして「慣れ」で上げるしかありません(個人的にはそう思っております)。かなりの時間がかかりますし、ゆっくりとしか上がっていきません。

しかし、「スピードを上げたい」とか「正確性を上げたい」とか別々でしたら、短期間の特訓である程度伸ばすことは可能だと思っております。

まず、スピードに関してですが、2ケタ×1ケタの単純な計算を例に挙げますと

① 23×3
② 23×7
③ 67×8

例えばこの3問を10秒で解けと言われたとします。1つ1つ筆算を書いていたら多分10秒をオーバーするでしょう。というわけで暗算でやらないといけません。


①に数秒使ってしまうのならば、そもそも九九の答えを反射で出せるかどうか怪しいです。思考して答えが出せることと反射で出せることは違います。九九を反射で出す特訓をして下さい。一言で言えば

「考えるな、感じろ」
※Don't think.Feel!



ということです(何が?)。

たまに授業でも言います^^

まあさすがに中学受験をする6年生でこのレベルは少ないです。


②に数秒使ってしまうのならば、九九の結果を保持してから足すスピードが遅いです。くり上がりが発生しませんから計算のストレスはありません。くり上がりが発生しない同タイプのものを一瞬で出せるようになるまで特訓して下さい。

「このレベルの計算を特訓するなんてバカらしい」と思うかもしれませんが、目的は「正解すること」ではなく「一瞬で答えを出すこと」です(はじめは間違えまくってもOK)。とにかく見た瞬間答えを言ってみることが大事です。

「どうやったら1秒で答えを出せるようになるのか」を自分の頭で真剣に考え始めたらすぐに結果が出ます。本人なりに工夫をし、その工夫を試してみながら特訓できれば格段にスピードが上がってきます。


③に数秒使ってしまうのは、普通の6年生でしたら当たり前です(もちろん時間をかければ当然できますが)。

「え~っと、ん~、ごひゃく…さんじゅうろく!」

実際にはこんな感じかなぁと思います。計算が苦手だと10秒経っても

「え~っと、え~っと、ちょっとまってね…」

と言ってるかもしれませんが…。

②は即答できるけれども③が即答できない子はくり上がりが発生すると思考が一旦切れるタイプです。これも②と同様に、くり上がりが発生する同タイプのものを一瞬で出せるように特訓して下さい(実際には③は筆算で処理でも問題はないのですが…)。



--------------------オマケ(読み飛ばして良いです)--------------------
ちなみに③の67×8の暗算をカッシーがしたとして、その思考を文字で表すと

見た瞬間
(「よんひゃく」か「ごひゃく」の2択、九九の結果が46なので赤字を足すと2ケタになりくり上がりそう。とにかく早く口を開きたい)

「ごひゃく…」(言いながら8+5=1

「さんじゅう…」(あとは5の6を言うだけ)

「ろく」

熟練してくると、くり上がりの有無はしっかり計算しなくても何となくわかるので、実際には見た瞬間「ごひゃく…」と言えます。そこからは言ってる間に計算が終わっているのでほぼ見た瞬間ノータイムで答えが言えます。参考にしてみて下さい。

-------------------------------------------------------------


そういえば生徒がよく私のPCで計算ゲームをやっているのですが、そのURLをブログに貼ってくれと昨日頼まれていたのを思い出しました。あれも反射の速度を鍛えるタイプでしたので、ちょうど良いので貼っておきます。ブラウザ型なので、飛べばすぐできます。

Arithmetic Challenge(←クリックで移動)
(1分で何問正解できるか。掛け算がオススメです。半角入力にして下さい。)

上記のサイトは得点が確認できるので便利なのですが、広告が流れます。

adブロックを入れていない方は重かったりしてちょっと面倒なので
Arithmetic Challenge(←クリックで移動)
こちらの方が良いです。ただし、最後にスコアが表示されないという欠点があるので、終了間際に確認するか、後ろで誰かが見て確認しないとダメです。

速い生徒は大体50問近辺まで行きます。40問位から上の③レベルのものも登場してきます。スコアが3ケタを超えてきたらほぼカッシーと同じレベルだと思って下さい。



話を戻しますが、このように大事なことは自分の苦手なタイプを分析することと、分析が終わったらその部分を集中特訓することの2つでスピードアップは図れます。①でつっかえているのに③を反復しても意味がありませんし、その逆も然りです。

今回の例は2ケタ×1ケタの単純な計算でしたが、分数の計算にしてもそうです。

分母の違う分数の足し算が遅いというならば
①最小公倍数を求めるスピードが遅い
②分数の変換が遅い
③実はその後の足し算が遅い
④答えの約分が遅い
⑤帯分数に直すのが遅い

どこかスピードを遅くしている原因が必ずあるわけで、そこを特訓すれば良いわけです。

「ウチの子ほぼ全て該当するんだけど…」

という場合は、そもそも書くスピードや反射でわかることを字や口で表現するスピード自体が遅いだけの可能性があります。

その場合は九九10問を5秒でやる等、思考を必要とせず反射でわかることをどうやって素早く表現するのかの特訓をした方が良いです。5秒でやるためにはスローな回転速度ではムリなので、無理矢理高速回転させる必要があります。

算数の計算問題を自動作成[小学生向け計算ドリル用](←クリックで移動)

以前貼った気がしますが、1ケタ×1ケタで20問自動生成して下さい。縦に10問並びますので、答えを言葉で5秒以内に言えるかどうか試してください。口がうまく回れば3秒でいけます。

ちなみにこの段階で

「え~っと…24」
「ん~…63」

等と1問1問考えながら20秒近くかけてやっていたならば、九九を含んだ基本的な四則演算自体の実力が不足しています。九九や2ケタ+1ケタ等の基本中の基本の計算を思考抜きで反射で出すことから特訓し直さないと、いくら問題演習を繰り返したところでスピードが上がる見込みはありませんので注意したいところです。

7秒位かかってしまうのならば、どうやればあと2秒を縮めることができるのかを自分の頭で必死に考えて下さい。「2秒縮めたい!」という気持ちこそが自分を成長させます。

そして目標をクリアしたならば、自分に自信を持って下さい。

「自分はスピードがあるタイプなんだ」

と思って下さい。


勘違いでも良いです。思い込みでも良いです。


その思い込みは必ずさらなる加速を生んでくれます。



長くなったので、とりあえず一旦切ります。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

ゆっくりな子の受験1

リクエスト記事です。

「わが子がのんびり屋タイプだが、そういう子の受験対策はどんな風にすれば良いのか」

という内容です。

遅い子の場合、方法は2つあります。

①速くなるようにする。
②遅いことを受け入れて学習計画を立てる



【①速くなるようにする】
これはある意味ギャンブル的な要素があり、速くなる時もあればならない時もあります。

本人が「速く動くようにしないと色々と間に合わない」と思うようになれば変わることもありますが、中々その自覚を持つのは難しいです。

自覚を促すために、「このテストの点数や偏差値では第一志望に受からない」と追い立てても、我々のように何年も卒業生を送り出している立場なら実感できることですが、本人の中では何のリアリティもありません。

自覚を持つためには、過去問を実際に解いて自分がどの程度足りていないのかを知る必要があります。5年生でカリキュラムを追っている段階で、そこに気づくのはほぼムリです。

また、○○中学へ行きたいという気持ちが、実は口で言うほどたいしたことがない場合、ほとんど変化することはないでしょう。6年の後期になってくると少しずつ現実味を帯びてくるので、変わってくることもありますが。

いずれにせよ、間際にならないと大きな変化が生まれる可能性は低いというのが現状です。

無理矢理計画を立ててそれ通りに動かすという方法もありますが、ほとんどのケースが子供が思うように動かず、親のイライラがたまり、子供は疲弊するだけだと思います。

このように行動のスピードを上げるのは中々難しいのです。



一方で、技術的なところのスピードを上げることは可能です。その代表格に計算があります。

計算に関しては色んな考え方があると思いますが、私はスピードを上げるのに必要なのは「慣れ」と「向上心」だと思います。計算を数多くやって慣れていくと5、6年生位で16×7のような計算結果を1秒以内に112と出せるようになります。

しかし、この程度の計算でもそこそこの数の生徒は筆算をします。ノータイムで答えを出すためには、計算練習をする時もスピードを意識した取り組みをしないと112は一瞬で出るようになりません。

目標が「間違えずに全問正解すること」では16×7を一生筆算し続けることになります。計算練習はどの受験生もやっていることとは思いますが、「間違えても良いから超スピードでやってみよう」としてみて下さい。

そうするとスピードを上げるためにどうすれば良いのかが段々わかってきます。自分で工夫をするようにもなります。そうやって身についたものは絶対に忘れません。

はっきり申し上げまして、「塾の課題として出されているから計算をやっている」という意識ではスピードアップの効果はあまりのぞめません(もちろんやらないよりはマシですが)。何故なら消化することが目的なので、機械的にルールどおりの作業をするだけで、頭が動いていないことが多いからです。

これを例えば「1ページを5分で終わらせる」というのを目標としたならば

「この量をどうやって5分で終わらせよう」
「どういうペースでやれば終わるだろう」

と考えること自体が計算スピードを伸ばすためにとても大事になってきます。


次回に続きます。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

親が関わること7

⑥で終わりだったはずですが、もう1つありました(コメントいただきました!)。

【⑦学校研究】
我が子に合うだろう学校を調べたり訪問したりして、絞り込んでいく作業です。

最近は昔と違ってHPが充実しているので、HPの内容からわかることも多いのですが、やはり実際に足を運んでみないとわからないことも多いです。

面談したお母様の中では、まだほとんど見ていないという方もいれば、既に20校以上に足を運んだというツワモノもおります。

もし、これから色々回ってみたいという方は四谷大塚HPのTOPページ下部に「中学校イベントカレンダー」という便利なものがありますので、ここで予定を立ててみたらどうでしょうか。

昔はこういった便利なものが無く、イベント情報だとか学校情報をどれだけ提供できるかが塾の価値でもあったのですが、アントレ位の規模ですと、こういったものを紙ベースで作成する手間を省くことができ、授業の質を高める方に時間が使えて非常に助かっております。

学校選びに関しては以前の記事で書いているので、このあたりで。



というわけで長く続いたシリーズでしたが、ここで終わりとさせていただきます。書き足りないこともたくさんあったのですが、基本的に1つの記事が長すぎるのでカットしながら書きました。また別の記事でこういった内容が出てくると思いますので、よろしくお願いします。



エンディングテーマ




↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

親が関わること6

続きです。

・「B 教える力があるが、教えない」
親に教える能力はあるが、

①塾と教え方の乖離があってはいけないと思い、手を出しづらい。
②親が教えようとしても聞く耳を持たない。
③働いているためそもそも時間が無い。
④子供がやりたいと言うからやらせているだけで、自分は関わりたくない。


といったような理由から教えないご家庭もあります。

それはそれで一向にかまわないと思います。成績が順調ならば、特に必要ありませんし、わかりやすい教材や解説書の類は今の時代溢れる程ありますから、自分1人でやることは可能です。そもそも勉強なんて1人でやるものですし。

しかし、親が教えるというので一番効果があることは質問が即解決できることです。例えば家で復習しているときにわからなかったことがあったとします。「明後日塾があるからその時に質問して解決する」というのと「今すぐ解決できる」というのでは結構違います。

生徒が授業前質問にくる時、こういうことがたまにあります。


生「えっと、質問があるんだけど、どこだっけ…ちょっと待ってね」

カ「はいはいー」

生「えーと、これはわかって、これもわかって、えっと

………質問するのわからなくなっちゃった^^;

カ「どうせ前回の授業の最後にやったダイヤグラムのやつでしょ?(図をキレイに書くのに必死で全然聞いてなかったもんな…)」

生「そう、それ!」

カ「質問に来なくて良いようにこの部分の意味をメモしておけって言ったのにー」

生「言ったっけ?」

カ「…^o^;」

正直言うと、何を質問すれば良いのかすら忘れてしまっているような意識レベルの低い質問には答えたくないのですが(でも答えますよ。月謝に含まれているからね!)、日が空いてしまったらたまにはそういうこともあるのかなとも思います。

もし、その場で親が問題を見て

「どれどれ?んー、多分この線は先にAがQ地に到着た後に、戻ってきて同じ方向に進んでいるから緩やかになったんじゃないの?」

と、解説のグラフを読みながら、ワンポイントで疑問を解決することができればはかどり方や学習効率も変わってくるのかもしれません。こういった細かな積み重ねが最終的に結構効いてきたりします。

ですから、親が教えられる能力を有しているのならば、必ずしも教え込む必要はありませんが、せめて質問に答える位はしてあげて下さい。

このままだと教えないことが悪いことみたいになってしまうので、教えないメリットも1つ添えて終わりにします。それは質問の時間を空けることで、もう1回よく考えてみたら自分で解決できたという例もあったりすることです。意外とこれが大事だったりもします。



・「C 教える力がないが、教える」
あまり良い行動とは言えませんが、確実に親の愛は伝わります。

まあそれはともかく、この場合、2つ方法があります。


①指導員に聞く
以前ありましたのが、お母様が理科の勉強を手伝っているご家庭で


母「先生すいません…他の単元は大丈夫だったのですが、どうしても電気がわからなくて…」

カ「電気は目に見えづらいのでイメージわかなくて難しいですよねー」

母「こことここだけ少し質問したいのですが、大丈夫ですか?」

カ「どうぞどうぞー」


アントレの事務カウンターの上でお母様に抵抗計算の考え方と手順を叩き込みました。

そういえばフンチャン(塾長)から以前

フ「家で教えるお母さん結構いるよね。どう教えていいか苦労しているお母さんもいると思うし、隔週短時間でポイントだけ説明するようなお母さん用講座でも作ってカッシーやってみたら?」

みたいなこと言われたことがありますが

カ「恥ずかしいからムリっす^^;」

と却下したのを思い出しました。でもたまに大人になって急に学校とか塾の授業を受けてみたくなりますよね。少なくともカッシーは算数の白板授業をもう一回だけでもやりたいです(受ける側で!)。あの頃が懐かしい。


例え親でも気になることや聞きたいことがありましたら、どんどん質問に来て大丈夫ですよ(月謝の範囲内ですから!)。


②暗記教科のアウトプットに徹する
教えるというのはインプットになるのですが、実はインプットをいくらしても数字としての学力は上がらず、アウトプットの訓練をすることで初めて得点力がついてきます。

インプットが出来ないのでしたら、親はひたすらアウトプットの手伝いをしてあげて下さい。

例えば国・理・社の知識部分の問題をひたすら読み上げるマシーンになってみて下さい。その時は当然解答をガッチリホールドで良いです。

一人でひたすら紙に書いて覚えるという王道も良いのですが、やはり飽きが来ますので、そういう時は親子で協力プレイです。

コツはスピード感を重視することです。アントレの早押しもそうなのですが、ダラダラやってはいけません。できなかったものは親自身でチェックをつけたりしながら、テンポ良く次の問題へ進みましょう。

このように参考書やプリントさえあれば誰でも可能ですので、試してみて下さい。



・「D 教える力がないので、教えない」

「難しい」

「自分は教えられない」

そう思って諦めてはいませんか?

この動画を見て下さい。




電車の中等で音が出せない人のために
「あきらめんなよ…あきらめんなお前!どうしてそこでやめるんだそこで!もう少し頑張ってみろよ。ダメダメダメダメ諦めたら!周りのこと思えよ。応援している人達のこと思ってみろって。あともうちょっとのところなんだから。俺だってこのマイナス10℃のところ、しじみが獲れるって頑張ってるんだよ!絶対やってみろ!必ず目標達成できる!だからこそ…Never Give Up!!




と、言われてもムリなものはムリですよね。


ここまでこのシリーズの記事をお読みになった方はお分かりだと思いますが。勉強を教えるだけが親のサポートの仕方ではありません。やれることを取捨選択して出来そうなサポートをして下さい。

ちなみにカッシー母はDタイプで、4年の途中で脱落(もうちょっといけたでしょ…)しましたが、他の方法でサポートしてくれましたので助かりました。



というわけで長くなりましたが、「⑥勉強を教える」を終わりにしたいと思います。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR