FC2ブログ

コメントをくれたお母様への返信

武蔵時代の記事に対して色々なコメントありがとうございました。

とあるコメントをしてくれたお母様に対してここでコメントをしようと思います。

私のみが閲覧可能となっているため、それをコピー&ペーストすることはしません。

しかし、真に勝手ながら内容をまとめさせていただきました。


「武蔵熱望組だったがダメだったこと」
「そのことで今でも胸が苦しくなること」
「幸い友人に恵まれ、現在では楽しく学校へ通っており、アントレにも時々顔を出しに来ること」
「武蔵熱望の子が合格できるように心から祈っていること」


こういうコメントを見ると私も胸が苦しくなります。

1回しか受けられない学校の中には本当に魅力的な学校が多いです。

その魅力的な学校生活を夢見て子供達は数年間頑張ります。

ただ、そういった学校ほど落ちて涙する子の方が多いという現実があります。



私は生徒を志望校に入れてあげられなかったとわかった時、必ず頭の中にある顔が浮かんできます。

その子の顔ではありません。

その子とお母さんの顔です。お父さんがいるときもあります。

ご両親が必死に努力していたご家庭ならば、なおさらはっきりと浮かんできます。



生徒には悪いのですが

「お母さんショックだろうなぁ…」

先にこう思います。

その次に

「本人は落ち込んでいないだろうか…」

そして最後に自分への反省です。

必ずこの順番です。



子供は自分の第一志望校の名前を挙げて

「○○へ行きたい!」

と言います。もちろんその気持ちは嘘ではありません。本気で思っているのでしょう。

しかし、志望動機を聞けば大体わかりますが、ほとんどの子はその学校でなければならない明確な理由を持っていません。

そしてその学校のことも良く知りません。

良く知らないけれども行きたい学校なのです。

何故だかわからないけれども気に入ってしまったのです。

友人選びや恋人選びと同じです。



良い出会いもあれば悪い出会いもあります。

志望していた学校が必ずしも良い出会いになるとは限りません。

合わずに途中で辞めた友人も何人かおります。

お子さんは今現在楽しく学校へ通っているようで良かったです。

良い出会いが出来て本当に良かったです。



お母様も結果が出てしばらくは相当なショックだったと思います。

武蔵熱望の子の応援が出来る程になるまでは時間がかかったと思います。

受験の勝ち負けは私にはよくわかりませんし、そんなものが存在するのかどうかも知りません。

しかし、仮に存在するとしたら、

こういうご家庭が受験の勝者っていうのかなと私は思います。



コメントありがとうございました。



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ




テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR