FC2ブログ

予習型の塾ってどうなの?1(コメントへの返信)

保護者会が終わりました。

本日の6年生の保護者会は大変申し訳ないことをしました。

予想以上に当日来られるようになった方が多く、配分をミスり何名かの方が教室から溢れてしまいました。

そういったこともしっかり想定していなければいけなかったですね…クラスに関係なく6年生は8割~9割の出席率なので非常に有り難い限りなのですが、その出席率の高さが仇となるとは思いませんでした。次回は気をつけます!



さて、タイトルの件ですが、コメントの返信という形で記事にしたいと思います。

---------------------------------------------

いつも愛読しております。
カッシーの塾は予習型ですよね?予習型の塾はなかなか無いので、素朴な疑問なのですが、恐るべしこの5年後期の単元も予習で行くとは、生徒さん達いかなる方法で予習してるのでしょうか?
算数にしろ理科にしろ、何の知識もない真っ新な状態でテキストだけで理解するのは非常に難しいと思うのですが...。ご家庭や他でサポートしているのでしょうか?
 お時間のある時にでも、ブログでその辺のお話していただけると、参考になります。

---------------------------------------------

確かに前回の記事通り5年の後期は結構エグい単元が多いです。

「これを予習って…」

と思うのは当然の感覚です。

ただし、まず最初に伝えておきたいことは


予習で全て理解する必要はまるでない


ということです。予習型の塾を選択することを敬遠されるご家庭は、ほとんどが予習時点での達成度のハードルを勝手に高くしているというのが原因だと思います。

例えば後期で扱う化学(中和)では以下のような知識を持っていなければいけません。


「塩酸と水酸化ナトリウム水溶液をまぜたら塩化ナトリウム(食塩)ができる」


本番直前の受験生ならばほぼ全員が知っているような内容です。

ただ、それでも初めて習う時は結構大変です。

まず、「塩酸」や「水酸化ナトリウム水溶液」という言葉に対して全くなじみがありません。

2つを混ぜると塩化ナトリウムができるのですが、そもそも「塩化ナトリウム=食塩」であるという知識もありません。

何故塩化ナトリウムができるのかを上記の単語が異国の言葉に聞こえる生徒に説明するのはかなり難しいです。というより難しそうなものをより難しそうに思わせてしまうだけで、説明するメリットは全くありません。

どうしようもないので

「まず理由はおいといてとりあえず覚えよう」

というところから入ります。

復習型の授業の場合はこの反応をその場で初めて習います。

もちろん生徒達は初めてこれらの単語を聞くわけです。そしてその後に初めて習った単語を使って中和の計算やグラフの説明をしていきます。

私なんかは疑問に思ってしまうのですが、


次の計算やグラフの説明って頭に入りますかね?


もちろんすぐにキーワードを頭にしみ込ませて、それらを使った原理の理解へシフトできるような子は良いかもしれませんが、大部分の子はそうでないと思います。

これが予習型の塾の場合少なくとも「塩酸」「水酸化ナトリウム水溶液」「塩化ナトリウム」という単語は頭にインプットされております。

生徒によっては

「しっかり覚えてきたよ!」

という子もおりますし

「2つ混ぜると何が出来るんだっけ…?えーっと、忘れちゃった^^;」

という子もおります。ただし、そういう子も「塩化ナトリウム」という単語は知っているわけで、リンクがうまくできていないだけということが多いです。

なじみの無い単語ではありますが、事前知識が入っているおかげで、少なくとも異国の言葉ではないわけです。

その点をすでにクリアして授業に臨んでいることで、その後の一番大事な原理の説明、計算手順やグラフの解説が頭に入りやすいわけです。

予習シリーズでももちろんこの部分は解説してあります。ただ、ほとんどの子はこの解説を理解できておりませんし、理解して授業に来ているとも初めから思っていません。(理解した気になっている子は多いかもしれませんが)

1つの授業で学べることはそう多くありません。

どうせ学ぶなら


授業だからこそ理解させることができる部分


を学んで欲しいと思っています。

自分でできる所は自分でやることで、授業効率が格段に上がるのです。



もう少し細かく話しますと、例えばその週に理解しなければいけない内容が10段階に分かれているとします。

10のうち5程度をすでに予習段階で理解したとします。残りの5の部分はテキストを読んでも良くわからなかったとしましょう。

授業が始まって5までの話をしている時は確認作業になります。「理解」ではなく授業で既に「定着」の段階に入るわけです。これはそこまで集中力がいるものではありません。聞き流す程度で大丈夫です。

積極的な子なんかは「知っていること」ですからどんどん発言したがります。彼らは「知っていること」「出来る事」に関しては喜んでやります。授業も盛り上がります。

そうこうやっているうちに残りの5の話が出てきます。ここまでに脳のリソースはあまり使っておりませんから、ここから全力で集中して理解すれば良いわけです。

予習で既に「わかったところ」と「わからなかったところ」が色分け出来ております。(これがとても大事です!)

例えば先ほどの例で言えばグラフの意味がわからなかったとすると、グラフの話が出てきた瞬間に

「あ、予習でわからなかったところだ!」

という風に力を入れるべきところがわかります。



一方復習型だと0からのスタートなので授業に色がなく、緩急が生まれません。塾によって時間は違いますが、3時間~4時間近く「知らないこと」をやり続けるというのは本当に大変です。

集中力も続きませんから、結局わかったのはある程度頭に入りやすい5段階まで。そこにリソースを投入してしまったせいで、そこから先の説明に集中力をさけず、結局大事な6段階目以降は良くわかっていない。ということになりがちです。(5段階目までなら自分でやれたのに!)

そもそも難しくなってくる6段階目からは5段階目までがしみ込んでいないと、説明されたところで頭に入りません。(予習型ならばそのしみ込み作業は授業の前半に終わっております。)

というわけで6段階目からは復習で理解しなければならず、写してきたノートやテキストとにらめっこです。

元々自分でやれるところを授業で聞いて理解し、自分ではやれない難しいところを復習時に文字で追うのが効率的なんでしょうか。完全に逆のことをやっていませんかね?

結局文字で追ってもわからないので、質問へ行くことになります。先生からは

「えー、授業でやったじゃん!しょうがないなぁ…」

と言われもう1度説明を受けます。授業の時はわからなかったこの説明も、この質問時には頭に入ります。何故ならそこまでの事前知識は復習時に入れてきたから、次のステップの話は今なら頭に入るからです。(あれ、これって予習型と同じ流れですね!)

とは言うものの、復習型は授業効率は悪いけれども、予習がないためその後に出される課題の量が、予習型より多く取れるというメリットがあります。

その場合気をつけたいのは、理解していないまま反復作業に入っても、全然はかどらずに大変なだけで何の力もつかないということです。(終わらせたという達成感だけは味わえるかもしれませんが)

授業後は復習課題に取り掛かる前に早めにノート類を再チェックし、そこで生まれた疑問点を解決するために質問を多様した方が良いと思います。

ですから復習型の大手塾はもっと質問関係のスタッフを充実させればより良い結果が出せるんじゃないかと勝手に考えております。他塾の生徒を受験直前に引っ張ってくるよりよっぽど良いと思いますよ!(でも、こっちの方が手っ取り早いか…^^;)

よく、復習型の他塾で質問が長蛇の列になるという話を聞いたりしますが、ここまで読んだ方ならばその光景は当たり前だと理解できるはずです。(残念なことに1人1問聞いたら最後尾へ並び直しというところもあるらしいですね^^)

カッシーの塾でももちろん質問はありますが、周りで聞くほど多くはありません。


え?


生徒数が違うから当たり前だって?




そ、そういう意見もありますね^^;

いやっ!でも、生徒数が多いということは講師の数も多いわけだからららら…。



お、おしまい!(半ば強制的に)
(※今回はとりあえず予習型の話を軽くしました。次回はご質問に答えます!)





↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR