FC2ブログ

指導員はどの程度生徒のことを知っているのか

コメント欄からのリクエスト記事(というわけではありませんが)、勝手に記事にしました(笑)

タイトル通りの内容です。

個々の達成度の把握についてですが、もしかしたら


我々少しナメられているかもしれませんね!(笑)
※実際にやらないとわからないことなので、無理もありませんが


私がこの仕事を始めてすぐの時の話をします。内部事情を知らない皆様と同じ視点だった時のことです。

入社してから数日経った時のことでした。

名簿を作っていたのですが、生徒が200人以上いるわけです。

「覚えるの大変だなぁ…^^;」

と思っていましたが、デレラ(細沼)が担当している生徒の名前はもちろんのこと、担当していない生徒も含めて全部頭に入れていたことに驚きました。

「すごいな…」

と思っていたのですが、しばらくしてすぐにそんなことは当たり前のこととして認識できました。私自身、初年度は集団クラスを少しだけしか担当しておりませんでしたが、1ヵ月後には全く担当していない200人全員の名前と顔を一致させることができる程になりました。

別に毎日名簿と顔写真を見て頑張って記憶したわけではありません。(そもそも顔写真等ありませんし^^;)

それでも生徒と接していれば自然と覚えられるものです。

初めは成績表や順位表(生徒には未公開の実名のもの)も良く見ていました。もちろんクラス内でも出来る子とそうでない子がいるわけです。そうするとそういう子の名前はすぐに頭に入ります。顔を出せばすぐに

「あの子の名前は何です?」

と聞けば教えてくれるので覚られます。(付属している情報があるので楽です)

成績がパッとしなくてもやんちゃな子、大人しいけれども挨拶はしっかりしてくれる子、よく質問に来る子、等の特徴は必ずありまして、そういう子達を覚えていくと最後に特徴の無い子が残りますが、その子達は「特徴が無い子」という特徴がありまして、結局すぐに覚えられます。

このようにして名前と顔さえ一致すれば、あとはちょっと担当するだけで細かい所まで見えてきます。

例えば担当しているあるクラスで、1ヶ月間の白板問題のマルの数順に生徒を並べろと言われたら、完璧とまではいきませんが、かなり高い精度で並べられます。

そして当然ながら各生徒ごとの特徴も全部言えます。


「この子は困ったら書き出しで無理やり解く傾向がある」

「すぐに①を使いたがるところまでは良いものの、条件設定を気にせず△や□まで多用する」


という技術的なところは当然わかります。一部の子(ノートが取れない子)を除きノート提出等させていませんが、白板問題の○をつけに行く時に必ずノートを見て、答えだけでなく解き方を確認するからです。

解き方が怪しいものは○にならないことは生徒達は良く知っています。(ちなみに隣や前から答えを拝借して無理矢理数を合わせて出したようなものは、○をつけないだけでなく笑顔で吊るし上げます^^)

たまーに、知ってて敢えて○をあげる時もありますが…(完封負けで表情が死んでいたり等)。


こういった技術的なものから、


「簡単なものは素早く解くが、難しくなると手が全く動かなく、真っ白になる」

「ノートを綺麗にとるとこが目的になっていて、解説がほとんど聞けていない」


という性格的な特徴も当然把握しています。

把握した情報は指導員同士で共有する(特に担任には必ず伝えている)ので、何ヵ月かいればほぼ丸裸にされていると思っていただいていいです。2週間程白板の正答率が下がってきただけで話題になります。

さらに言うと私は4Bや5Cの通常クラスを一度も担当したことはありませんが、フンチャンやタケノコから話を聞きまくっているため、なぜか担当していなくてもほぼ全ての生徒の特徴が言えます。

また、担任として5Sの2回目の授業を担当しておりますが、1回目の授業でどの問題をやったかは当然として、特に出来なかった数人や、良く出来た数人のことを中心に毎回必ずフンチャンから聞いていますし、クラス全体としてどのような達成度だったのかも毎回報告を受けています。

その報告を聞き、2回目の授業の問題ピックアップをしています。ですから、同じ単元で同じクラスでも年度ごとに少しずつ扱う問題の質や数が変わります。それは受験の傾向が変わったからということではなく、子供達が変わったからです。

このようにして、生徒が上のクラスでついて行けるかを担当者全員で判断して昇降を決めています。30人いようが40人いようがその場の運営はともかく、特徴把握という点に関しては何の問題もありません。(昔と違って今はクラスを細分化しましたし、クラス分けのシステムも変えたので、算数で30人を超えているクラスは存在しませんが…)



テストに関してですが、テストで点が取れないタイプという子も確かにおります。

つい1週間位前に訪ねて来てくれた四谷偏差値50ちょっとの学校へ通っている卒業生は、最後の合判の偏差値は31.1で、その前は32.4、その前は33.0です。40どころか35を超えたことがありません。(本人はブログを見ているようです。ネタにしてごめんね^^;)

彼は一番下のクラスでしたが、確かに合判はひどかったです。

スピードはあるけれども荒く、正確性に乏しい子でした。しかし、クラス内での授業中の達成度はかなり高く、一発では合わせられないものの(これがテストで点が取れない最大の原因)、間違えても何度もトライできる白板問題の出来はTOP3に入っていました。理科のチェックテストもしっかり対策してくるため、クラス内では上位にでした。

本番では分が悪いもののもしかしたら…とは思っておりましたが、見事結果を出してくれました。


こういう生徒に対しては、

「正確性は低いですが爆発力はありますのでノーチャンスではありません。あとは傾向をしっかり把握して志望校の対策をし、学力の底上げは塾内のことをこのまましっかりやっていくことです。もちろん偏差値的に分が悪い勝負であることは間違いないのですが、複数回受ければ合格確率が上がってきます。」

という話をして、あとはリスクを考えて安全な併願校を決めていく流れになります。


お預かりしている生徒のことは皆様が思っている以上に良くわかっているという自信があります。

そこは声を大にして伝えておきたいところです。

指導員として生徒のことを把握しなければ!というより、自分の担当している生徒のことを良くわからないという状態が


とても気持ち悪い!


というのが本音かもしれません。


他塾のことは良くわかりませんが、生徒の把握に関してはどこもこんなもんじゃないかなと思います。



追記:この記事は極めて個人的な理由により消すかもしれません。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓こっちもお願いします!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR