FC2ブログ

子供の自己評価と嘘 ~その2~

続きです。

私の方からも


「えーっ、本当に取れてんの!?」


位は軽いノリで言います。


「毎年、確認テストの平均が○○点、四谷偏差値が○○位だと大体この時期に、合格最低点マイナス10点~20点位になるんだよねー。それを考えたらちょっと出来すぎてない?」

「今それだけ取れてたんなら志望校偏差値+10の学校に変更できるんだけどなー…志望校変更すっか!?^^」


くらい突っ込む時もあります。

さすがにここまで言われれば疑われていることがわかるのか、気の弱い子だと涙目になったりもします。

で、その後少しずつ改善されていくという流れになっていくことが多いです。

しかし、中には結構強情な子もいます。


「でも、本当に○○なら合格平均以上取れるんだ…」


と返されたらもうそれ以上は突っ込みません。

その話題はさっさと打ち切って生産性のある次の話題へ行くのです。

たまーに、最後まで全ての話題が嘘で塗り固められているツワモノもおりますが、あまりにひどいと会話も成立しませんので、ここまできたら修正は不可能と諦める時はあります。(とりあえずその場は…)

本気で向き合っていないというか、どこか現実感が無いまま入試へ突入するのでしょう。

結果はまぁ…、お察しです。

そうなってしまう理由としては、実力がないわけではないのに、ごまかしにごまかしを重ねた結果、親がその子の実力を見誤り志望校を実力以上のところに並べてしまうというケースもあります。

他には、親がある一定ライン以上しか許してくれないため、合格点が取れているということにしないとやっていけないからというケースもあります。

ある一定ライン以上しか受けさせないという考え方は当然あって良いと思いますし、個人的にもアリだと思いますが、本人の実力とあまりにかけ離れている場合は、どうなんでしょう。本当にその子の実力がわかっていての判断なのかどうかをもう一度考えて欲しいところです。

その考え方が重荷になって嘘に嘘を重ねている子供を毎年必ず何人か見るので、本当に悲しく思います。


ものすごく極端な話をすると偏差値30しかない子に開成を受けなさいと言って、毎週毎週開成の過去問をやらせることに意味はないわけです。(目指すことは悪いことではありませんが、その手段としてという意味です)

そんなことをさせたら、算数1教科だけでも60分座っていないといけないため、座りながら1点を見つめてボーッとするクセがつくだけです。

あとはどうやってズルをするか。0点はまずいから30点位にしておこう。50点だと怪しまれるし…。ということばかり考え始めます。

それが毎週毎週ずーっと続くのです。多感な時期の人間形成に大きな影響を与えること間違いありません。


不合格の結果は悔しさよりも開放感かもしれません。


逆に、手が届くかどうかギリギリの勝負をしている子は本当に中学受験を通して成長します。

合格したら本当の達成感が味わえますし、不合格でも本当の悔しさが味わえます。

そんな生徒を見ると、結果に関係なく幸せ者だなぁと毎年思わされています。うらやましくも思います。


というのも、自分の話になってしまいますが

「一所懸命に頑張ったけれどもダメだった」

という経験をどこかもっと人生の早い段階でしっかり積んでおくべきだったと後悔しているからです。


挫折を知らないというわけでは全くありません。色んなところで腐るほどしておりますが、そういう場合でも

「まぁ、別に本気でやってないし」

というのがどこか根底にあったように思います。


本当に必死にやった。

でも、ダメだった。


思ったらこういう経験って人生でも中々する機会がないと思います。

まぁ、これからカッシーが経験する機会があるとしたら


アントレが潰れたときかな^o^;
※わ、笑えねー…


まあその時には良い経験をしたのと同時に、色んな意味でジ・エンドになるわけなので、やはりなるべく若いうちに経験しておくべきですね!


残り2ヶ月半、本当の達成感や本当の悔しさを味わうために必要な期間としては十分です。

今、本気でやっていない生徒がいたら、ガムシャラになって残り2ヶ月半の勉強をやってみて下さい。

この時期にしかできないことです。


大切な経験を積むチャンス。


絶対に逃さないようにね。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR