FC2ブログ

ある1人の女の子の話

あまり特定の1人のことを書くのは公平ではないと思うので、もしかすると批判されかねない内容かと思いますが、それを承知で書かせていただきます。


生徒達は頑張ったのですが、実績を見てもご存知の通り今年は女の子がつらい年度でした。

それは5年途中のクラス分けの段階からわかっていたことでした。


一番上のクラス(Sクラス)の女子が1人


アントレに入ってそれなりに長いですが、こんなことは初めてでした。

実は今年は4年、5年の時に女子に限らず全体的にかなり厳しい年度とされており、5年の後期はSクラスの人数が5人でした。もちろんこんなことも初めてでした。

その後、力のある生徒が加入したり、それに刺激されて元いた生徒がレベルを上げたことで、6年前期には15人強という例年より若干少ない位までになりました。あの時期の彼らは本当に良く頑張ったと思います。



そんな中、ずっとSクラスに居続けた1人の女の子がおります。


今日は彼女の話をします。


彼女がいつも教室でしていることと言えば、幼い男子(今年は特に野生児が多かった)がバカやっているのを

「仕方ないなぁ…」

というような風で、黙って一番後の席でニコニコ見ていることです。軽蔑しているような表情ではなく、公園で遊ぶ子供達を眺めるお姉さんのような表情をしながら。

でも本当は黙って見ているより話すのが大好きなので、事務に来てその様子を「あのね、」「あのね、」と言いながら、解説してくれます。

それぞれの男子の性格判定(この子は一見こうだけど、実はこういう面がある等)や、男子同士の力関係を見抜く観察力と洞察力には毎回驚かされるばかりでした。(なぜならそれらは全て正しかったから)


しかし、彼女にはちょっとした間に話したり息抜きをする仲間がおりませんでした。

競うライバルとなる女の子もおりませんでした。

白板で〇をもらっても、顔を見合わせて喜びをわかちあうチームメイトの友達もいませんでした。

特にアントレの授業を経験した生徒なら、最後のがどれほど精神的な面で助けになるかがわかるはずです。


こんな状況が続いているわけですから、途中で辞めたっておかしくありませんし、何よりそう言われた時に止める術がありません。

にもかかわらず、そんな気配は微塵も見せず、いつもニコニコしながら授業を受けてくれました。

冬期講習も学校別が設置されている他塾に無理矢理行かせたはずなのに、期間中に何故か顔だけ見せにアントレに来てくれました。

応援に行こうかと言っても


「私は大丈夫だから。他の所へ行ってあげて」


と、小さい塾ならではの事情を察してくれました。それを聞いて思わず涙が出そうになりました。


そして入試が終わり、彼女が残した結果は本当に素晴らしいものでした。


彼女はずっと1人だったから、今日のこの記事くらいは1人のために書くことを許して下さい。



合格おめでとう。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR