敬語を使う卒業生達

昨日卒業生達が遊びに来ました。

といっても、別段珍しいことでもなく色んな卒業生がしょっちゅう遊びに来るんですけれども(そしてお菓子を持って行かれる)、昨日の生徒達(城北生)はちょっと違いました。

「おおー、久しぶり。学校どう?」

「めっちゃ楽しいです!」

「そうかー、良かったなぁ^^」

「あ…、これなんですけれども」

「ん?」

「どうぞ…、差し入れです」



差し入れをくれました



保護者の方ならともかく、卒業生がくれるなんてあまり無いケースです。

「おおー、ありがとう!こんなことあんまないんだよね^^」

「いえいえー、だってブログに載りたかったので」

「え…?」

「物をあげればブログに載れるかなって^^」

「 (^ω^;) 」


載りました。


卒業生で遊びに来るのは、ほとんどが中学1年生です。たまーに高校生や大学生、社会人が来ます。

中学1年生の場合、入学間もない時期ですとほとんど変わらないのですが、この位の時期になると3割位が敬語になったりします。

先週来た中学1年生の卒業生は、


「久しぶりすぎてどんな感じで話せばいいのかわからない…」


と、言いながら4Fをフラフラしており、終始挙動不審でした。あんなに人懐っこかったのに4ヵ月でこうなってしまうのは面白いですね笑

あと数ヵ月したらかなりの生徒が敬語になります。

部活で鍛えられるからですね。

年上には敬語を使わなければいけないということを学びます。

ただ、面白いことに、女子はそこまで敬語シフトが早くありません。男子は面白い程早いです。中学に入ったら男子の方が上下関係に厳しくなるからでしょうね。

ただ、こちらとしては敬語になったらなったで成長を感じられて嬉しいですし、以前と変わらなくてもそれはそれで嬉しいんですよ。

大学生になっても昔と同じノリでしゃべってくれる卒業生はたまにおりますが、最高ですね^^



さて、アントレが他の塾と違うところはいくつもあるんですけれども、そのうちの1つが敬語だと思います。


生徒で敬語を使う子は皆無です。


他塾から転塾してきたりすると面白いです。最初は

「先生ー…」

とおそるおそる呼ぶのですが、そもそも「先生」と呼んでいる生徒が誰もいないため、他の生徒から突っ込まれます。


「『先生』だって!笑」

「そういえばカッシーも一応先生なのか」

「似合わねー!笑」


という愛のある会話が飛び交います。本当に良い生徒達です。(歯をくいしばりながら)


で、そんな転塾生も、開始1ヵ月もするとすっかりアントレの生徒になります。


実際どうなんでしょうね。


敬語を徹底するというのはもちろん教育上大事なことかもしれませんが、何でも相談できる雰囲気が作りにくかったり、それぞれにメリットデメリットがありますよね。

これっていう正解が無いからこそ色んなタイプの塾があって良いと思いますし、ご家庭の方針に合う雰囲気を持った塾を選択すれば良いと思います。



そうなった時に、


正解が無いなら楽しい方でいいじゃん


こんな判断基準で方針を決めてしまうのがカッシーのダメな所です。


あ、フンチャンもか。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

授業中に雑談する講師

最近よくあること


面談する人ほとんどに更新を急かされる


有り難いことです!こんなテキトーなブログを楽しみにしていただいて、とても嬉しいです!

しかし、残念ながら無理!何故ならやる気がないから!



というのは嘘でやる気はあるのですが、昔から短距離ランナータイプなので持久性がないんです…。

フルマラソンの最初の5キロを計画性皆無で全力疾走してしまったため、とりあえず歩いているところだと思っていただければと思います。

歩いているのにランキング上位をある程度維持できているのは、もはや現代が生んだ奇跡としか言いようがありません。完全に皆さんのおかげです。これからもよろしくお願いします!(主にクリックとかを)


あ、ここ↓ですよ^^
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ




さて、続きです。


「授業中のギャグ」


これ結構批判的な本が多かったです。

人気だけ高くて実力は無い講師は〇〇だ!ということが言いたいんでしょう。本当に力のある講師は授業内容で惹きつけるから、そんな子供だましは必要ないようなことを書いてあることも多いです。

そもそもギャグってなんでしょう

ふとんがふっとんだ

とかですかね!?

いきなりそんなこと言いだしたら逆に人気を失うと思うんですけれども^o^

まあ、実際は雑談とかでしょうか。ここで言う雑談とは授業と全く関係の無い話だとします。



さて、「雑談有りで授業の内容が良い講師」と「真面目で授業の内容が良い講師」がいるとします。

雑談する方は1時間50分の授業(アントレ基準)のうち5分程度持っていかれるとします。実は5分って意外と長いですよ。予備校なんかの講師でこの人雑談多いなーと思っても、実際に測定してみるとこんなもんです。

そうなると実際の授業をしている時間の比は 面白:真面目=21:22 です。単純計算していいものかはわかりませんが、雑談を挟むことで授業内容の吸収効率が22/21倍以上のパフォーマンスを得られれば、雑談をした方が良いことになります。

正直吸収効率を計算する術など無いので、ここはもう皆さんの感覚に任せるしかありません。



自分の感覚で話します。

仕事でよく学校説明会へ行くのですが、1つの学校へ行くと交代で色んな先生方の話を聞くことになります。

多くの先生は真面目にしっかりと内容を話してくれるのですが、資料を読めばわかることがほとんどです。しかし、改めてその後資料を隅から隅まで熟読するかというとそうでもないので、やはり話してくれたことをある程度頭に残さないといけません。

これは授業と同じです。授業でやる大体のことは基本的に教材に書いてあるので、究極的には教材の内容さえ自分で頭に入れることが出来れば授業等必要ないのですが、それが出来ないから授業に来るわけです。

さて、ある先生の持ち時間が15分だとすると、15分間真面目に資料の話だけされたら私は疲れちゃいます。1人ならともかく複数人ならなおさらです。多分半分位聞き流しながら、資料の興味のある別の部分を読んでいると思います。何故なら話している部分を集中して聞く必要が特に無く、「あとで資料読めばいいやー」ってなるからです。

で、実際後で読むかとなったら、私は仕事だから読みますが、そうでなければ読まないこともあるわけです。じゃあ、結局何のためにわざわざ話を聞きに言ったの?ってことになります。(雰囲気を感じに行っただけ!)


そういう経験あるんじゃないでしょうか?


資料に直接関係無くても、所々で気の利いたことを言ってくれたり面白いことを言ってくれると「面白い人だなー。この人の話を聞いてみたいな」ってなります。(少なくとも私は)

15分でしたら約5分後ごと30秒×2、3回位してくれると意識がその人の方を向くので、資料の話に戻ってもそのままの流れで聞けます。終わった後に印象も残りやすく、話の内容も覚えていることが多いです。何より話を聞いていて疲れません。



というように、ある程度興味のある学校に関しての説明会ですらそうなのですから、特に興味の無い内容の授業だったらどうでしょう。しかも聞き手は10歳そこそこの子です。

また、講習時になると5、6時間の授業になったりします。

お母様方もアントレの保護者会を思い浮かべて下さい。


あれがあと何セットも連続するんですよ!?


はっきり言ってよく発狂しないなと思います。(代わりに休み時間中に発狂しておりますが)

授業はする方も疲れますが、聞くほうも本当に疲れるんです。生徒達は本当に良く頑張っていると思います。


そう考えると自分が素晴らしい授業をしているから、子供達はそれに惹き込まれて何時間でも頑張れるなんて妄想も良い所じゃないかなと思います。その素晴らしい授業も自己評価でしかないわけですし。

他人からの評価も基本的に悪いことより良いことを言ってくれる割合の方が圧倒的に多いわけで、それを参考にするのもどうなんでしょうか。


「~先生の授業がわかりやすくて一番好き!」


こっそり伝えられて嬉しくなったは良いものの、よくよく聞いてみるとその発言をほぼ全員に言っている等、日常茶飯事です。

簡単に人を信じてはいけません^^

さらに恐ろしいことに


お母さんにもそういう人がいる


ということです!(人間不信に陥りますわ!)

純粋な人は信じちゃうんでやめてあげて下さいね^^





で、何が言いたいんでしたっけ…、ノリで書いてるとこういうことになる良い見本がここにあります。


そうそう、つまり雑談ってそれなりに大事なんですよ。

大学受験ではなく中学受験です。小学生対象です。

体力的にも精神的にも高校生とは違いますし、決してやる気のある子ばかりではありません。たとえ大変わかりやすい授業で説明が上手でも、聞く側に聞こうという意識がなければ、トークが上手なラジオを何となく聞き流しているのと同じです。

「ちょっと疲れてるかな…下向いているな」と思った時にはテキトーク(※カッシーの得意技。テキトーにトークすること。ちなみに内容はひどい、もしくは無い。)して、


何言ってんだこいつ…( ^o^)


みたいな雰囲気にしてでも、強引に意識を前に持ってこさせることは大事かなと思います。


まあ、元々やる気マンマンで集中の鬼!みたいな生徒だけでしたら必要ないでしょうね。でも私はすると思います。だってつまんないじゃないですか。


主に私が





というわけで、最後の最後にカッシーの評価がだだ下がりしたところで終わります。



あ、余談ですが「雑談有りで授業の内容が悪い講師」と「真面目で授業の内容が悪い講師」を比べてみましょう。

どちらもどうしようもないのですが、どちらかと言えば前者が良いと思います。

なぜなら前者の方が疲れないので、一番大事な家庭学習に影響が出づらいからです^^v



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

いろんな教育本を読んで思うこと

私はよく同業者の方の本を読んだりします。

やはり皆さん長年教えてきた方々ですから、大体思うことは同じであって、読めば9割方賛成できる内容ばかりです。(方針の違いなどもありますが!)

参考にしたこともたくさんあります。必要だと思う所は後で読み返せるように付箋を貼ったりして、自分の中にどんどん取り入れております。

その中には、反面教師的な話も載っていて、例えば

「~というようなことを授業中に言う講師もいるが、そういう講師はひどい」

のような内容です。

まあ、言葉だけ読めば100人いたら100人が賛成するような内容なのですが、現場でやっていることを文字にするっていうのは危険なことなんですよね。

何故なら文字だけ見てその一部分だけを切り取ると、その場の雰囲気やその発言に至るまでの背景というのを考慮できないからです。


わかりやすくするために例を出します。

【例①】
生徒とはもう何年も教えている関係で、休み時間には楽しく雑談をしたりする仲だとします。

そんな中生徒が簡単な基本問題を間違え、それを発見してしまいました。見ると本当にくだらない勘違いです。

先生が笑顔で

「このタコ^^ ここよく見てみなさいな」

と一言言って生徒も

「あーっ本当だ!ありがとう!俺本当タコだわ!」

のようなやり取り。


【例②】
お互い初めてで、生徒と講師の間にまだ信頼感も何も無い状態だとします。

その中で問題が解けなかった時

「こんな問題もできないのか、このタコが!」

そう言われて

「…(涙)」

のようなやり取り。



これ、文字にしてしまうと両者とも「講師が解けなかった生徒を罵倒した」になるんですよ。

子供が親に話す言葉も両者とも

「問題が解けなくて先生にタコってバカにされた」

になります。①と②では背景もニュアンスもまるで違いますが、こう聞いてしまったら親はその情報しかありませんから、いい気はしませんよね。

ただ②は論外として、①のようなケースも、「そもそもどんな状況でも講師が生徒に対して『タコ』なんて言葉を使うんじゃない」という意見もありそうですけれども…^^;



まあ、私は言いますが^^
※何故ならそういう性格だから


初めての生徒ならともかく、そこまで長く教えている生徒に「真面目な表情で優しくヒントを与える」なんて、お前はトライのメガネの先生かって話ですよ。

だから、正直自分のやっていることを文字にされたりするとかなりマズいことになると思います。



そう考えると

多分フンチャンはもっとマズい

と思うのですが、まあ気にしないことにします。


で、ようやく本題に入ります。

多くの本に文字として書いてあるダメな講師の例(面白い程、どの人も書きます笑)の中で、1つだけ全く賛成できないところがあります。まあ、アントレという塾の雰囲気が若干特殊であるからでしょうけれども…。

それについて書こうと思ったのですが、無駄に長くなりすぎたので次回にします^^



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

武蔵とその周辺の話3

続きです。


守衛とばったり出会った私は、どうするか考えました。


「あ、ちょっと柵の修理してたんすよー^o^」


という言い訳を思いつきましたけれども、そもそも何故学生が柵の修理をしているのかという所からしっかり説明しないといけませんので、止めました。


というわけで、言い訳が通用しそうな気配を全く感じなかったことから、逃げ足の速さだけは自信があったため、ミリオンダラースマイルを浴びせた後、脱兎のごとく逃げました。

後ろから何か聞こえた気がしましたけど、気のせいでしょう。


この日から、守衛との戦いが始まりました。

まあ、実際には戦ったことは一度もなく(退学になるし)、全部逃げてるんですけれども。


そんな微笑ましい日々もそう長くは続きませんでした。

高校3年の夏頃でしょうか。何やら不穏な噂が耳に入ってきました。


どうやら柵が強化されるらしい


完全にカッシーのせいであることは間違いなく、とても悲しいお知らせでした。

しかし客観的に見たら、もっと早くやれば良かったのにというのが正直なところで、それ程までに無力な柵でした。


その後、比較的すぐ柵が強化され、反しがついたことで難易度が相当上がってしまいました。


でも大丈夫です。


ちょうど部活引退したし^^


以上が柵(と守衛のおっさん)の思い出です。


あ、1つだけ言い忘れていたことがあります。桜台からの柵ごえ短縮ルートは私が見つけたとばかり思い込んでいたのですが、


先輩達、普通にやってました


やっぱりみんな考えることは同じなんだなぁ…。


これで終わりです。

カッシーの昔の話が好きという方は何故か意外といらっしゃるので(つまらない話ばかりですが…)、ブログで書けることでしたらたまーに書きます!



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

武蔵とその周辺の話2

続きです。

武蔵と言えば江古田駅と思うのですが、武蔵学園自体、実は桜台駅と江古田駅の中間に位置します。

musashi1234.jpg

中高の門は東門と呼ばれ、東側にあるので江古田が近いです。桜台から行くと倍近く歩くことになります。

大学門の正門は中間より微妙に江古田寄りになっておりますが、電車に乗っている時間を考えると、下り側に住んでいる人は桜台で降りても時間的にはほとんど変わりません。

見てお分かりのとおり、武蔵は広いです。募集人数が他の上位校の半分にも関わらず、敷地が倍近くあります。ちなみに川を挟んで東側が大学で、西側が中高です。(中高の方が広い!)


高い施設費の大半の理由はこれですね^^


あ、そうそう、柵の話です。


中学の頃でしょうか。1限目が体育だった曜日がありまして、普段のように東門から歩いて体育館へ向かっている時、ふと思いました。


正門から行った方が近いんじゃ…?


今でこそgoogle mapという神ツールがありますが、昔はそんなものが無かったので、その日に大学の図書館へ行って地図を見ました。



うーん、あまり変わらない…

しかし、残念ながら「変わらない」という結論で納得できる人間ではないため、実際に試してみました。

私は田舎下り方面に住んでおりましたので、西武池袋線で桜台→江古田と進みます。

ですから、「桜台で電車の扉が開いた瞬間」から計測し始め、「体育館の入り口に到着」でストップ。

もし、30秒以上の差があれば桜台案を採用し、ほとんど変わらないのであれば、歩く時間の関係で従来のまま江古田から行くことに決めました。

しかし、こういう実験は気をつけなければいけません。

桜台の方が近いんじゃないかということに気づいたことが嬉しくて、それが事実であって欲しいがために、ついつい桜台から歩くスピードが上がってしまったりするからです。ですから、一応歩数もカウントしました。


というわけで実験開始


桜台で降りてから歩き、学園の角に到着し、歩数と時間を計りながら正門に向かって柵の横を歩いている時のことでした。


あれ…


ちょっとまてよ…


これ、柵こえたらめっちゃ早いんじゃね…?


もう一度MAPを確認しました。


musashi123.jpg



圧倒的ではないか!


もはや計測するまでもありません。

部活でも体育館を使うので、夏休み中等に重宝します。これはもう自分の中では世紀の大発見と言って良いほどでした。


そこからカッシーの柵ごえライフが始まりました。

武蔵の柵をこえる速さならば誰にも負けない自信があります。

ポイントは踏み切り後の上昇速度を維持するために、適度なタイミングで壁を蹴ることです。(意味不明)

この場合、着地は高い所からになるので、膝をやわらかく使い衝撃を吸収しましょう。

それが怖ければドラマで見せたタッキーのように、ゆっくりこえて下さいね^^



高校2年位の頃でしょうか。柵ごえのプロ(自称)と呼ばれる程に成長したカッシーは、完全に調子に乗っていました。

そんなある日のことです。

致命的なミスを犯してしまいました。

完全に気を抜いていた私は、その様子をたまたま体育館側を歩いていた守衛に見られてしまったのです。


つづく



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR