FC2ブログ

面談前に親が準備しておくこと1

指導員との面談に関して少し書いてみます。

フラッと面談に行ってみたは良いものの、謎に緊張してしまって話そうと思ってたことを忘れてしまったり、別の話で盛り上がってしまい聞きたいと思ってた質問ができなかったり。

かといって、また再度面談を申し込むのも…というのを防ぐために準備をしておかなければいけません。

雑談だけして帰る方もおりますが(それはそれでOK!)、そうでない場合はあらかじめ話したいテーマをいくつかメモしておき、それを用意して臨むと良いと思います。



【①志望校について】
偏差値の高低は関係無く、見て来た学校の名前を素直にそのまま伝えて下さい。それぞれの学校について親が持った印象を話し、本人も行った場合その感想も一緒に話してもらえると良いです。

指導歴が浅くなければ学校説明会、入試応援等で大体の学校には直接足を運んでいますし、卒業生やその親からの情報も入っておりますので、その印象があっているのかどうか教えてくれます。指導員の主観になりますが、本人に合っているのかどうかも話してくれるはずです。


「〇〇も見に行ったんですけれども、恥ずかしくて言えなかった…」


という方もたまにおりますけれども、恥ずかしいことなど何もありません。むしろ色んなレベル帯の学校を見に行くことで、学校を見る目が磨かれます。どんどん行くべきです。

他人がいくら良いとか悪いとか言ったところでそれが自分に当てはまるわけではありません。自分の目と耳で感じたものが全てです。

しかし、話が上手なところは注意して下さい。話が上手なのと実際の学校の中身がどうなのか、本人に合うのかは別問題です。

最近説明会へ行った学校は校長も含めて絶望的に話がひどいのですが(これは早めに何とかした方が良いと思う^^;)、私はその学校の校風が好きですし、通っている生徒も楽しそうで、卒業生の満足度も高いです。

そういう話下手だなーと思ったところは、話しやすそうな先生を捕まえて、個々に学校生活の様子等の聞きたいことを聞けば印象が変わると思います。


そんなわけで、通える範囲にある学校は積極的に行ってみて下さい。

「偏差値はそれほど高くないけれども、この学校は良さそうだな…」

というのがわかってくると大分目が肥えてきていると思います。

4年生ならまだしも、5年の後期あたりでどこも行っていないということになると


「学校はどこか見られましたか?^^」

「いや、まだ1つも…」

「そうですか…」


お わ り


となりかねません。まあ、その場合には色んな学校を勧めて下さるでしょうけれども、結局一方通行の話になってしまうので、話をしにきたというより話を聞きにきただけということになってしまいます。



【②成績について】
アントレの場合は月1のまとめテストですが、大手塾ですと週テスト、月例テスト、組み分けテストのようなもので偏差値を出してその成績を元にした話をされます。

もちろんメインとなる話はどうやって学力を上げるかの内容になるわけです。


学力が高い=テストが高得点


という認識が一般的でして、どうやったらテストで高得点が取れるかを話題にするのに対して、アントレの場合は少し違います。


学力が高い=授業中での達成度が高い


こちらの方がより重要視されることが多いです。(算数の場合)

入試はペーパーテストなので、もちろん残り数ヵ月の段階では変わってくるのですが、4、5、6年の3年間のうち9割以上は授業中の達成度で判断されます。

これは生徒達にも日頃から常に言っています。

予習システムを取っている関係上、授業中に達成度を出せるということは予習をしっかりやってきているということになります。

ですから1回目の授業では


どこまでの理解で自分を許したか


という、勉強へのモチベーションを含めた性格的なところを判断できます。

例えばAクラスでは毎回のように予習シリーズ例題の類題が数問出されるというのは、何回かやっていればわかります。授業中にもよく


「これ、例題2と全く同じなんだけどー^^」


とか言いながらやりますから生徒達もわかっているはずです。

わかっているのに出してみたら解けない生徒がおります。解けないだけならまだ良いです。そういうこともたまにはあります。しかし、やり方が完全に初見のアプローチだったり、何も書けずに手が動かなかったりはNGです。

予習シリーズの例題2の解説を読んだけど全く意味がわからなかったという理解力の生徒は、そもそもAに在籍させませんので(ちょっと厳しいですけど…)、Aに在籍していて解けないというのは能力の問題ではなく、準備をしてきたかどうかが問題になるわけです。

そこがキッチリできていない生徒は一事が万事そうなります。他教科の確認テストでも高得点を取ることがなく、悪くはないけどイマイチ…みたいな点が続きます。(たまーに女の子で算数だけが苦手で、他は完璧という子もおりますが)

ですから、まずはその部分を何とかしなければいけないわけで、その意識が弱いのに対処療法でコレをやらせましょうアレをやらせましょう、とやっても全く意味がないわけです。


長くなってしまいましたが、アントレの場合成績の話をするのはテストで得点をどう取るかというより、日常的に家庭学習でどういう準備ができているのか、どの位丁寧にやれているのかをメインに話すことが多いです。

ですから、面談前に親がする準備としては本人の1週間の勉強の流れを把握し、例えば


「算数の予習は~曜日の~時頃から始めて、~時間位で基本問題まで終わらせている」


というように、最低限各教科や内容ごとに言えることが大事です。そこまで把握していない場合は、面談1週間前に記録を取ると良いです。

お仕事等でその場にいないことも多いと思いますが、側にいるときはやっている時の集中度合等も把握してから来るとより良いです。

これを把握できているのといないのとではその後する話が全く違います。


「実は本人に任せていて全くわからないんですよねー、あはは…^^;」


と、言われてもそれで成績が良ければ、

「地頭の良い子で良かったですねー^^」

悪ければ、

「それが原因では?^^;」

で終わってしまいます。


仮に本人に任せていて、今後自分が関わるつもりがないのならば、成績や学力向上に関する話をする意味は一切ありません。本人と直接話した方がよっぽど意味があります。


まだまだ書きたいことはあるのですが、この位にしておきます!


長くなったので【③授業中の様子について】は次回に回します。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

生徒が見せる試験中の様子(学力帯別)

指導員をしていると試験監督をすることも多いのですが、試験中の様子というのは今度伸びていくかどうかの判断をするのにとても貴重な材料となります。

また、学力帯によっても色んなパターンがあるので見ていて面白いです。

5 できる
4 まあまあ
3 普通
2 イマイチ
1 (^o^;)

この5段階で比較していきたいと思います。

----------------------------------------------------------

【①試験時間の余らせ方】

余る。が、必死に見直しと解き直しをしているため、ペンを置くことが無い。得点力は相当高い。


ちょうど、もしくは少しだけ余る。見直しをする派、しない派に分かれる。

見直ししない派は音を立ててえんぴつを置き、紙を裏返し、周りにも指導員にも終わったぞアピールをすることが多い。そんなアピールをしても残念ながら評価も得点も上がらないのだが、自分の中では点を取ることよりも、皆より早く終わらせたという余韻に浸りたいらしく、見直しをしようと言ったところで聞く耳を持たない。そんなことをしたらまだ終わっていないと思われるからである。案の定考え違いや間違いを多くしており、得点は伸びない。しかし、全てミスで片づけ、本当は出来たと思いこむため、得点力が今後伸びて行くことは少ない。

あとは単純に得点と競争に興味が無い生徒もしない。親がどんな手法でも良いので得点を取ることのモチベーションを与えてあげれば直ることが多い。

見直しする派は5ほどの集中力が無く、何となくやっていたり、ペンを持たずにただ眺めているだけのことも多いため、計算間違え等が発見できないまま結局試験が終わる。

3 
ちょうど、もしくは足りない。良くも悪くも普通にやって、普通に時間が来て終わる。だって普通だから。得点も普通。


足りないか余るかの二極化。足りない生徒はゆっくりペース、もしくは時間配分が苦手な生徒。できない問題にやたらと時間を費やしたり、知識問題なのに思い出そうとして(そもそも頭に入っていないのに)時間を使ったり。余る生徒は単純に実力がないので解ける問題が少なく、解けない問題に関して粘ることは無い。


相当余る。余った時間は主にペンと消しゴムを戦わせて、どっちが強いかの検証をしたり、指のささくれを痛くないように取ることに全力を尽くしたりしている。以前、えんぴつがどこまで喉の奥に入るかゲームをしている生徒がいて、さすがに肝を冷やしたことがある。

多くの生徒はあっちの世界へ旅立ち、薄ら笑い、もしくは無表情で催眠状態へ入る。宇宙と交信するための準備動作なのかもしれない。目の焦点は定まっていないが、ほとんどが斜め下あたりの空間を見ている。多分何かが見えているのだろう。




【②顔を上げる頻度】

少ない。3回程時間の確認のために上げる。あとは鬼の形相でひたすら解いたり解き直したりしている。ものすごい集中力である。


多い。時間のチェックも無駄に細かく、非効率。このレベル帯にはカンニングをしようとする子もちらほらいる。中途半端に出来るため、プライドもあるのだろう。そういう生徒は顔を上げるのは時間を確認するためでなく、試験監督がどこを向いているのかを確認しようとするためであり、頻繁に目が合う。後ろに移動して立っていても振り向いて確認してくる猛者もいる。

試験中に目が合うというだけで要注意人物認定されることを覚えておかないといけない。案の定、あらかじめ別の方向に顔を向けておいて、生徒が顔を上げる直前に目線を切って、目線だけすぐに戻すと他人のを覗こうとしている様子が見れるので面白い。試験監督がヒマになったらたまにそういうゲームを始めるカッシーという人間は本当にどうしようもない奴である。

歩いて通過した直後に振り向くというゲームも結構面白いが、あまりゲーム内容をバラすと楽しめなくなるので、この位で。


普通に上げて普通に下げる。だって普通だから。


時間が余らないタイプは一切顔を上げて確認しない。時間配分という概念が無い。時間が余るタイプは何故か頻繁に顔を上げて確認する。どうせ確認しても余るんだから確認するだけ無駄なんじゃないかと思うが、その辺はどういう理屈なのかはわからない。4と同様にカンニングをしようとする生徒が少しいるレベル帯でもある。


もしかしたら上げる回数より、下げる回数をカウントした方が良いのかもしれない。目が合うと「あ!やらなきゃ!」みたいな顔とポーズはするが、もって5秒である。心が純粋なのか全てを諦めているのかはわからないが、カンニングは一切しないので人間的には好きである。

----------------------------------------------------------

もっと書こうと思って項目分けしましたが、


書き尽くした感が出てしまいました^o^


しかし、あくまでも「こういう傾向にある」というだけで、皆がそうではないというのをしっかり伝えておきたいと思います。


ブログも本来ならば鬼のように集中してガンガン書いていくのが良いのでしょう。去年の今頃は出来ていました。


今は集中せずにダラダラ時間を使って書いており、ダメですねホント。(えんぴつを喉に入れながら)



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

授業を聴くこととノートを写すこと

ノートに関する考え方は本当に人それぞれで、何が正解とかは正直無いような気がしますけれども、私の考えを少し書きます。はっきり言ってかなり主観が入っている記事です。人によっては全く参考にならないかもしれませんがご容赦下さい。


ノートに関して一言で言うならば


自分が読めれば良い!


これに尽きます!

何故かを少し書いてみます。


まず講義を聴いている時の頭の動きを考えます。数字は適当です。

作業:0
理解:5
思考:5

聴くだけなので作業はいりません。理解力のある生徒ならば、「理解」の値が下がってそれをどう使うかという「思考」の値が上がると思います。


ここで、ノートを写している時のことを考えます。

作業:5
理解:5
思考:0

ほぼこうなると思います。余裕があれば書きながら意味を理解するということができますが、ノートを写しながら「思考」の段階まで頭を動かすことは困難です。むしろ書くことに必死になっていたら「作業」がほぼ10になると思います。こうなると頭が全く動いていない状態です。

書くのが遅れてしまって、現在説明している部分と違うところを写すという経験は誰しもあると思いますが、その時に内容理解に頭を使ったかを思い出して下さい。とりあえず急いで写すことに全力を注いだと思います。少し手を止めて、「どういうことだろう…」と考えていては、一生追いつかないわけですから当然です。

そう考えるとノートを書いている時間というのは無駄な時間です。極力減らしていかなければ授業効率が下がります。

ただ、これでは授業中に定着するということが前提になっており、実際に授業中に完全に定着させることは困難です。家で定着させるためにノートを取るわけですからね。

つまり、学習効率を上げるためには、完全に定着できていることは省き、定着できていないところだけ写すのが最善の方法だと思います。復習段階でも余計な情報に惑わされず、必要な情報が薄められずに済むというメリットもあります。

しかし、自分がどこが定着できていて、どこが定着できていないかを自分で判断するのはかなり危険です。定着できていたと思っても実は定着できていないことは多々あります。

ですからそういうリスクを排除するためにも「とりあえず書いてあることは写す」となるわけですし、ほぼ全員それで良いと思います。勝手に省いておいて、わからなくなって後で質問等最悪なパターンです。

というわけで、書く量を減らすことで「作業」の時間を減らすというやり方は危険であるということがわかったので、次に考えるのは書く時間を減らす、つまりスピードを上げることです。

スピードと正確性は反比例に近い関係になっておりますが、計算問題を解くわけではないので正確性に関してそこまでシビアになる必要はありません。

つまり、自分が読めるギリギリラインまで正確性を落としてスピードを最大限まで上げることが重要となってきます。速くてもそれなりの字が書けることが大事です。



全く別な話になってしまいますが、私は手のスピードと頭の回転速度は相関関係にあると思っています。別に根拠は無いのですが、生徒達を指導しているとそういう傾向があることに気付きました。

頭の回転速度が速い子は元々手が速く動くことが多いのですが、逆に手を無理矢理速く動かすことで、その速さを処理するためにフィードバックが働いて、頭の回転速度も上がっていくという考えです。(因果関係のみでしたらすいません!)

科学的根拠はありません^^;

あ、先に言っておきますと、私は中学受験においてはスピード信者であり、スピードさえあれば大体何とかなるというのが根っこにあるのでご容赦下さい!

例えば
・スピードがあれば同じ勉強時間で解ける問題数に差がつく
・正確性を上げたければスピードを鍛えてその8割の速さに落として解けばよい
・暗記物をじっくり時間をかけて1周で覚えるよりも、雑でも急いで3周やった方が定着しやすい

などなど、挙げればキリがありません…^^;


すいません、話を戻しますね!

アントレ限定の話ですが、算数のヨーイドンなんかでも、書くのが早い生徒は解く前に問題文を再度確認して、スタートする前に頭の中である程度まで進めて有利な状態から勝負に入れます。

有利なだけではなく、明らかに思考時間の確保が出来ているので授業効率も上がって一石二鳥です。

というわけで、自分さえ読めれば復習が成立するならば、そのギリギリラインをさぐってスピーディーにノートを写すことが大事です。しかし、復習を親に手伝ったりしてもらっている場合は、親が読めるギリギリラインをさぐらなければいけませんので、そこは早い段階で知っておきたいところです。



以上です。



最後にやっかいな例をいくつか紹介します。まずはノートを取ることが目的となっている子です。

復習はしません。ノートを取らないと親や先生に怒られるから取っているだけです。ノートは大体汚い、もしくは抜けが多い。家庭学習での復習習慣をつけましょう。


まあ、これはまだ何とかなるんですよ。


最もやっかいなのがノートという作品を作ることが目的となっている子です。

99%女の子です!見ているだけで血管がブチ切れそうに注意してあげたくなります。


「完全に遅れているのに色ペンを持ち換えまくる」

「1文字2秒」

「3文字ごとに上がる顔」


書き終わった後のじっくり弱火で仕上げましたみたいな笑顔いりませんからね。

もういっそ書籍化して売り出せばいいんじゃないですか。


カッシーがタイトルつけてあげますよ。


 My Brilliant Note ♡ -ゆずれない想い-



ビリギャルの次はこれ。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

【生徒閲覧禁止】塾の帰り道について

初めて生徒閲覧禁止の内容を書きます^^


塾の帰りは遅いですよね。

お迎えに来られるお父様お母様には頭が下がる思いです。

大手塾でも駅まで誘導したり、警備員を雇っている所もありますよね。セキュリティという観点から見ると素晴らしいことだと思います。


自分が中学受験をした時をたまーに思い返すのですが、帰り道の記憶というのが何故かかなり鮮明に残っています。

今のアントレひばりヶ丘教室の隣にはセブンイレブンがあるのですが、昔(20年ほど前)はアップルマートという名前でした。同じ建物にあった塾に通っていたため、帰りは必ずアップルマートへ寄って駄菓子を買って帰ったものです。

名前は忘れたのですが、袋の中に麺を砕いたものが入っている20円か30円位で買える駄菓子が好きでした。(ベビースターラーメンみたいなやつ)

それを友達5、6人みんなでそれをポリポリ食べながら帰っていたのですが(マナー最低ですね!)、ある日誰かが言いました。


「これ、お湯入れたら上手いんじゃね?」

「確かに…でも容器がないよ?」

「袋に入れようぜ!」


というわけで次の日全員で、薄いビニールの袋に直接熱湯を注ぎこむという暴挙にでました。今考えたら耐熱性とか色々問題があったんじゃないかと思うんですけれども、今何とか元気に過ごせているので大丈夫だったのでしょう。

しかし、熱湯を注いだはいいものの、そのままだと図のようになってしまいます。
yakedo.jpg

相変わらずひどい図なのはおいといて、これでは食べられないと思い、店員に箸をもらいました。

いざ、実食!


う…


うまーい!!!


全員感動していました。めちゃくちゃうまかったのです。

この日から、塾で頑張った後の自分へのご褒美として毎回買うようにしました。この終わった後の一杯一袋を楽しみに頑張ったようなものです。

しばらくするとそれを見ていた他の連中まで同じことをやり始め、ついには十数人が終わったあとアップルマートに押しかけ、毎回のように箸を要求するという珍事が起こりました。


しかし、そんな楽しい日々は一ヵ月と続きませんでした。

アップルマートからすれば客単価20円、30円の連中のために毎回箸を渡していたらたまったものじゃありません。そしてなにより、コンビニ内でうるさすぎるという所から塾に苦情が入ったのです。


当然禁止になってしまい、私の青春(?)は終わりを告げたのです。


今考えると店には大分失礼なことをしていましたが、子供ですからあまりそういう所に気が回りませんでした。しばらくするとアップルマートは潰れてしまい、その原因は自分たちが駄菓子を買わなくなったからだと本気で信じていました。


他には近くのサンクス(今のオリジン弁当のあたり)によっちゃんイカが売っていて、友達がアタリの看破法を編み出し、4回連続でアタリを引いて店員とモメるという事件が起き、全員外で大爆笑!


とにかく帰り道には色んなドラマがありました。こんなエピソードが数えきれない位あって、大体よく覚えています。


今書いたことは決して良いこととは言えません。

冒頭に書きましたように、セキュリティをしっかりして安全に塾から家へ帰すということの方が大事です。何かあったら大変ですし、そもそも遅い時間ですから寄り道禁止も当然守らなければいけません。

ですからこういった行動を奨励するつもりはありません。(だからこその生徒閲覧禁止記事!)



ただ、何でしょうね。


よく覚えているんですよ帰り道のこと。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR