FC2ブログ

算数で考える男女の差

4日連続フルコマ(9時~19時)で授業が入っています。

こんな時間割、誰が作ったのでしょうか。

きっと人間の心を持っていない鬼だと思います。


もはやボロボロになったカッシーを動かすものは諭吉生徒への愛だけ!

よっしゃ!諭吉生徒のことを考えたら元気出てきました!


明日も頑張るぞー!


…というように、非常に雑な入り方をしてしまうほど疲れているということがご理解いただけたでしょうか。

ついでに時間割を組んだのはそもそもカッシーであることを思い出したので、もうなんでもいいです。



さて、何を書きましょうか。

そうですね…性別差について少し書きましょう。


これから話すことはあくまでも「傾向」の話で、全ての男性女性がそうであるというわけではありません。

また、何か特別な研究をしたわけでもなく、これまでのカッシーの経験に基づいたただの戯言ですので、注意してくださいね^^



生徒を教えていると男女で明らかに差を感じることがあります。

有名な画像ですが下を見て下さい。

gender-differences_02.jpg

これは女性と男性で色彩認識能力が違うということを示した画像で、女性の方が男性よりも色彩認識能力は優れているという研究結果が出ているようです。

そんな結果をわざわざ教えられなくても、嬉々として色ペンを持ち替える彼女達を見れば、「多分そうなんだろうな」というのはなんとなく想像できます。


実際、女性は昔からの暮らしの中で、採集という役割を持っていましたから、木の実や葉の色に敏感である必要がありました。

また、母親は赤ちゃんの顔色や、排便の色などの変化に気づく必要がありました。

そういった点からも納得はできそうです。


一方で男性は狩猟をするため、色彩認識はそれほど重要でなく、動体視力の方が重要でした。

そう考えると、こういった性別ごとの能力差が存在することに不思議はありません。


さて、もう一度この画像を見て下さい。


gender-differences_02.jpg


実はこの画像を見てカッシーが最初に思ったことは色彩認識能力のことではありません。

むしろ後から


「へぇー、色彩認識能力差の画像なんだこれ」


って思ったくらいです。

カッシーはこれをはじめて見た時


分類能力差


だと思いました。


考えてみて下さい。

いくら色彩認識能力がしょぼい男だろうとブルーに色々なブルーがあることくらいはわかります。

しかし、画像のような下の4色は全部ブルーで別に良いんです。

わざわざ細かく分ける意味がわからないし、多少違っても仲間であることはわかるからです。


しかしこれを女性は区別したがります。

もちろん色が違うから区別するのは当然ですが、そこが男性との違いです。


どちらが良い悪いの話ではありませんが、こと算数に関してのみなら圧倒的に男性の考え方が大事です。

難関校の算数になればなるほど、入試には見たことのあるものはまず出題されません。

ただし、見たことのあるものにちょっと似ているものはよく出題されます。

似たようなものを「これとこれは同じものだ」と感じる力が算数には必要でして、細部よりも本質がわかっているのが重要になってきます。

問題の条件をある程度解きほぐすことができたら、それがどの抽象化概念に該当するかを考え、あとはそこに放り込むだけです。

ですから抽象化概念の本質を深く理解しておくことが、算数の力を向上させる準備段階で最も重要なのです。



例えば、ある問題に「最短距離を通る線」という一文があったとします。

最短距離の問題→直線で処理

まずこれを考えるように生徒達には散々教えてきています。

ここで「直線を描く」選択肢が無い生徒は脱落します。

これは「最短距離の問題は直線処理をすることで解けることが多い」ということを理解していないからです。


以前に何度もやっているにもかかわらず、直線を描こうともしない生徒もいます。

もちろん以前やった問題は本人なりにきちんと復習しています。

復習していますが、残念ながら以前の問題と今回の問題では形が違います。

おそらくその問題を復習をした後に頭に残っていたのは


「この形(その問題限定)の場合、こう補助線を引けばできるらしい」


これだけです。


「そう書いたらなんかできた」


というレベルで終わっているのでしょう。

これは復習のやり方を完全に間違えている典型例で、本質を理解する場合、図形の形、辺の長さ、式の形、答えの数字、そういった細部は全てどうでもいい情報として扱わなければいけません。

大事なのは


「最短距離の問題→直線を描きたい→直線を生かすような図を問題条件に合わせて描く→描いた図を利用して答えを出す」


この流れを理解することだけです。

そして復習時にやらなければならないのは、授業の中で全て伝えた以下の情報をもう一度吟味することです。

「なぜ最短距離の問題は直線を引くのか」
「直線を引くための作図をする際、気を付けるべきポイントは何か」
「作図が成功することで、どのレベルまで問題を単純化させられたのか(基本の相似形レベルまで落ちることが多い)」

これらをノートの解説やメモを見たり、授業で聞いた話を思い出しながら、もう一度時間をかけてじっくり考えることが最も大切でして、数字が少し変わっただけの次の新しい問題を解くことではありません。


ごめんなさい。ちょっとわかりづらい例を出してしまいましたね。


それと、たまにこういう方もいらっしゃいます。


「ウチの子、答えを全部覚えちゃっていて…」


よくお母さまから相談されますが、答えの数字を覚えているかどうかは全くもってどうでもいいことで、答えを出すまでの流れを、数字を使わずに説明できるかどうかに焦点を置いて下さい。

しっかり本質をとらえて、1つ1つの問題を大きい集団で分類できるようになって欲しいと思います。



少し話がそれましたが、男性に比べ、女性の方が細かい所が見えすぎちゃう分、本質ではなく細部に目が行きやすい傾向があります。

細部に目が行く分無駄に分類の項目が増えてしまい、似た問題を認識しづらくなります。

国語にはその細やかさが生きる部分もあるので国語となると女子が強いのですが、今回は算数の話だったので女性には申し訳ない記事になっちゃったかもしれません。(すいません!)

あくまでも全体としての傾向というだけなので、個々で見ればいくらでも逆の事例はありますので、あまり気にしないで下さいね。


ただ、男性は物事を単純にしたがるのに対し、


女性は複雑にしたがる


というのはこれまでの人生経験において間違なさそうな気もしますけれども…(傾向の話ですよ!傾向の!)





明日も早いのになんでこんなにダラダラ書いちゃうかなぁ…。


全然単純に書けていないですね。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

親の間違いあるある①

親の間違いあるある①

「A中学に行きたいが、そこを目標にするよりもう1つ上のB中学を目指す。そうすればA中学には受かるだろう」

よくあるやつです!これは


ほとんどのケースで間違いです。


正しいケースとしては現在の偏差値が60で、A中学が偏差値55、B中学が偏差値70のケースです。(わかりやすいように偏差値を使いました)

現在の相対的位置で楽勝だと勉強しなくなってしまい、持ち偏差値がこれから下がってしまうから、という意味では正解です。

しかし、レアケースで、実際にはこんな相談はほとんどありません。


ほとんどは、偏差値50の子を持つ親がA中学に偏差値60、B中学に偏差値70の意味で使います。

面談をしていると非常に多いセリフです。


(Aも十分すぎるほどチャレンジなんだが…^o^;)


とは思うだけで、口には出しません。

こう言うと「キチンと本当のことを言って欲しい」という方がほとんどだと思います。

ですが、それはこの文章を冷静に読んでいる今だからそう思うのです。

実際面と向かって言われてみてください。

言われたら言われたで「ウチの子は評価されていない。見放されているかもしれない」と思うだけです。

そうなると一気に信用を失ってしまい、大事なことを相談してくれなくなります。

面談にも来なくなってしまいますし、アドバイスも聞いてもらえなくなります。

単元学習をしているうちはトータルで考えるとマイナスだから言わないだけで、しかるべき時期が来たらもちろん言います。


ですから、どうしても本当のことを早く言って欲しいならば、相談する側も知恵を使わないといけません。


「ウチの子は〇〇中(自分の偏差値マイナス5)なんか向いていて良いと思っているんですけれども…」


と言えば


「何言ってるんですか、〇〇中は十分おさえでいけますよ!△△あたり目指してみてはどうですか?」


となります。

その△△が現時点で狙えるMAXと判断できます。


よければこの技を使ってみて下さい^^


アントレは6年4月まで偏差値という概念がありませんので、ご家庭では所属クラスとまとめテストの得点が学力の判断材料となります。

よく面談等で聞かれるのが

「アントレでは偏差値が出るテストを受けないから、どのあたりの学校を狙えばよいのかわからない」

というものです。

クラス数が少ない4年ならこの質問はまだわかりますが、5年以上は


「クラスごとの実績(3月の保護者会で配布)」
「まとめテストの成績表」
「概評(下部のクラス平均点)」


の3つを用意すればかなり正確にわかりそうなものですが…。

子供の学年全体の出来具合も聞いておくとさらに正確にわかります。(保護者会ではそれとなく伝えています)

ちなみに偏差値が出るようになっても、アントレでの位置の方が信用できます。

同じようにアントレで学んできた先輩達の成績推移と進学先を見て比較した方が、よっぽど精度が高いからです。

ちなみに得点と志望校の関連ですが、


「このクラスのテストで何点取っていれば、このあたりの学校は固い」


という話は面談で聞けるはずです。(あくまでも点だけでの判断の話です)

1例を挙げますと、


「Aクラス(上から2番目)のテストで200点前後をコンスタントに取れていれば、吉祥女子は高い可能性で合格できる」


というようなものです。

Sクラスでしたら160点前後でも合格する可能性はかなり高いです。

結局これらも前述の3点を用意すれば大体わかることです。


最後の方は話がそれてしまいましたが(いつものことですね!)、実力とかけ離れた志望校を設定してもそれに引き上げられて学力が上がるなんてことは全くありませんので、そのあたりをお考えいただければと思います。

そもそも、それがもし正しいなら全員とりあえず筑駒と桜蔭を目指せば大体の中学に入れることになります。


そんなわけありませんね^^;


あ、もう1つ正しいレアケースを伝え忘れました。

現時点でかけ離れているものの、本人は本気でB中学を目指していて(A中学は眼中に無い)、それに恥ずかしくないだけの勉強の質と量をこなしている場合です。

こういう生徒はじわりじわりと良くなっていき、最終的にB中学に勝負できる位になって、A中学には受かる実力はつくことは多いです。

重要なのは親の意識ではなく本人の意識です。

目指しているという口だけの生徒でしたらたくさんおります。

しかし、勉強をやれと言われなければやらないようでしたら、それはやはり口だけです。


だからこそレアケースなのです。


↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

平成29年度の受験体験記が完成しました!

卒業生も保護者の方もご執筆ありがとうございました。

毎年申し上げているのですが、アントレの体験記は「合格体験記」ではなく「受験体験記」です。


〇〇中学に合格できたのは〇〇塾のおかげです!


といったようなものではありません。


中学受験を経験して学んだこと、得られたものはたくさんあったはずです。

その一方で、「ああしておけば良かった…」といったような後悔が残った方も少なくないと思います。

ただ、それら全ての経験は、確実に自身を成長させます。

無駄だったことなど1つたりともありません。


アントレの受験体験記にはそういったものが記録されております。

これから受験される方だけでなく、我々指導員も毎年参考にしております。


話は変わりますが、私はブログを書くようになって2年近く経ちます。

2年前、ブログを書くという決断をしたことは本当に良かったと思っています。

その理由は数多くありますが、最も大きなものを1つ挙げるとするならば、


書くことで自分の考えていることや気持ちが整理できる


ということです。

何かについて書くというのは意外と時間がかかります。

自分はどう考えているのだろう、どういう気持ちなんだろう、というように自問自答を繰り返しながら文章を作っていくからです。

そうして完成したものを読み返すと意外と


ああ、こういう風に考えていたんだな…


という新たな発見があったりします。

モヤモヤしていた感情が整理されることもあります。


体験記にはそういった側面もあります。

読む側だけでなく書く側にも、大切な物であって欲しいと思っております。


読んでいただければわかりますが、必ずしも良い結果が出たご家庭だけが書かれているわけではありません。

昔は確かに良い結果が出たご家庭が書くといったような傾向もあったと思います。

ひばりの事務のカウンターの上には平成14年からの体験記がありますが、保護者で書いていただいている方は2割程です。

良い結果が出た中でもさらに一部の方が中心となって書いて下さった感じでして、生徒数が今より多くなかったこともありますが、本というよりほぼ冊子です。

しかし、「ただの合格の記録」ではないということが徐々に浸透し始め、15年経った今では当時の3倍以上の割合の方が書かれております。


体験記を読んでアントレの入塾を決めたという方も多くいらっしゃいます。

そういった方とご縁があったのも、お書き下さった方々のおかげです。

アントレの宝物が今年また1つ増えました。

本当にありがとうございました。



さて、今年度の体験記の表紙です!


taikenkitori.jpg


今年は酉年ということで、鳥の親子の絵です。


かわいいですねー^^


…しかし、良く見るとくちばしが横についているのに目が正面についているため

karei.jpg

この御方である可能性も捨てきれませんね!


そうなると左のでっかいのがカレイで、右のちっこいのがヒラメになります。

左はエサを抱えているので釣り上げられている最中かな?





この記事の前半は自分でも中々良いこと書いていた気がするんですけれども、完全に台無しにしてしまったような気がします。

ただ、体験記の表紙を最初に見た時に


(これ、横から見ているけど目だけは正面って幼稚園児が書く絵だなこれ…まぁかわいいからいいけど…)


というモヤモヤした気持ちをずっと持っていたんです。

どうしようか迷いましたが、書くことで気持ちの整理が出来ました。

書いて良かったです。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

ひばりヶ丘という地域と通塾距離

私カッシーはアントレひばりヶ丘教室で生徒達を教えて10年目に入りました。

長いようであっという間だったような気がします。


そう考えるとひばりヶ丘という地に育てられたわけですから、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

というわけでこの地に敬意を表し、少しひばりヶ丘の話をしたいと思います。



まずこの地域ですが、都内の中心部で受験率が7割近いという中、なんと


2割


果たして東京と呼んで良いのか怪しいところです。

受験過疎地であるこの地に何故塾を作ってしまったのか、もはや疑問しか浮かびません^o^


ちなみに名前だけ見ると自由ヶ丘みたいな雰囲気を醸し出しているので、一見同じように見えるのですが、中身はトキアミバ位違うので、騙されてはいけません。

唯一救いなのが住所が「西東京市」になるので、それで辛うじて東京だと判断できるレベルです。


そもそもひばりヶ丘ってどこやねんって話ですよね。

都内に住んでいる人間ですら知らないことが多いので軽く説明します。

まず池袋という埼玉県民で構成されている町から、西武池袋線というローカル線に乗ります。

ローカル線なので車両は2両しかありませんし、なんと1時間に1本です!


嘘です。





ここまで書いて


この地に全く敬意を表していない


という驚愕の事実に気づいてしまいました。

今から挽回したいと思います!


えー、住んでいる人はあったかい人が多い…?ような気がします!(あまり人と話したことないからわかりませんけど)

あとは急行が…そう!急行が止まります!あの練馬が止まらないのにひばりには止まります!よっしゃー!

えっと、あと…パルコが駅前にあります!他にはなんでしょう、…いい感じのお店?とか必死になって探せば多分あると思います!


あー、でも駅前めっちゃ風強いんですよね。

こないだ風が強い日に洗濯物を干していたら、お気に入りのユニクロのディズニー部屋着が知らない間に消滅していました。

本当に勘弁してほしいです。

それに北口はずっと工事していて本当に殺風景なんですよ!最低ですホント!





気がついたらディスっていました


恐ろしい町です。


しかしこんな町にもかかわらず、遠方からアントレに通ってくる生徒は結構いるんです。

どのあたりから通っている生徒が多いのか、たまに問い合わせの時に聞かれますので、今答えておきましょう。


年度によりますが、割合的には


・ひばりヶ丘→2~3割

・東側(保谷、大泉、石神井)→3~4割

・西側(東久留米、清瀬、秋津、所沢)→1割

・北側(新座市)→1割

・南側(田無、武蔵境周辺)→1割

・その他→1割


大体こんな感じです。

こう見ると7割程度の生徒が電車、バス、車などを使って通塾しています。

夜遅くなるにもかかわらず、交通機関を利用してまで通ってくれていることに感謝の言葉もありません。

小学校もまちまちで、例えば1学年に70人とすると、学校数だけで言うと40校位です。


さて、

その他→1割

その他とは一体どの地域なのか、現在お通いの生徒の中で


ランキングを作りたいと思います^^b.


6位 江古田

距離自体は結構ありますが、残念ながら1本でいけるというメリットがあります。(一体何が残念なのか)



5位 光が丘

距離は江古田より若干近いのですが、アクセスのしにくさからこの順位となりました。

もはや練馬教室に行けばと言いたいところですが、規模の大小等でその子の向き不向きがあります。

当然そのあたりも考えた上でのことでしょう。



4位 和光

距離は光が丘と変わりませんが、さらにアクセスがしにくく通塾は大変だと思います。

というかどうやって来ているんでしょう^^;



3位 荻窪(の北らへん)

入塾時に小学校名を目にし、「どこやねん!」と心の中で突っ込みながら住所を見ましたらこの辺でした。そして恥ずかしながら小学校名が読めませんでした^^;



2位 中野

距離ももちろんですが、実はアクセスもかなりキツい!

先週した雑談

「どうやって帰ってるの?」

「乗り換えしながら電車3本乗るよ!」

「お、おう^^;」

「えっとまずひばりから練馬まで西武線で行って、練馬で大江戸線に乗り換えて(略)」


えらい!えらいぞー!



1位 品川

し  な  が  わ  …?

( ゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 

品川


(;゚д゚) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ


品川

( Д ) ゚ ゚



いかがだったでしょうか。

上位になってくると、嬉しいを通り越してむしろ申し訳なくなってくるレベルです。


しかし距離というデメリットがありながら、それ以上の何かを感じてくれていらっしゃるから、今こうやってご縁があるのだと思います。

近い遠いに関わらず、今ご縁のある皆さんには数ある塾の中からアントレを選んでいただいたわけですから、そう考えるとものすごいプレッシャーですね…。


ご期待に添えるよう


指導員一同これからも頑張ります!!!


(しかし上位の方はアントレのことをどこで知ったんでしょう…^^;)



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR