FC2ブログ

曖昧なまま先へ進んで良いのか

今は大体の塾がスパイラル方式のカリキュラムを採用しております。

スパイラル方式とは、簡単に言えば単元を5年までにさっさと終わらせて、残り1年で何度も同じ単元をくり返すことです。(4年のものを5年でくり返すこともあります)

くり返していく中で、どこかのタイミングで単元の内容を身につけて入試を迎えます。


例えば、今回5年のテスト範囲になっている「ニュートン算」

6年のこの時期までに6割位の生徒は、予習シリーズ5年下に載っている応用例題レベルはしっかりマスターできております。

年度による差はありますが、毎年大体この位の割合です。

もっと詳細でリアルな数字を書きますと

Sクラス→全員できる(はず)
Aクラス→6割位
Bクラス→2割位
Cクラス→0割

こんなものです。

これは突然出されてできるという意味で、単元テストのようなものをやらせたらもう少し上がると思います。(準備ができるので)

B、Cクラスにはキツい数字を出してしまって悪いですけれども、これが現実です。

さらにキツいことを言うと1年前、6年Bクラスが5年Bクラスだった時と比べても正答率に差は無いと思います。


1年間何をしてたんだ


という話になりますね…。

しかし、5年Bクラスは1ヶ月後にほぼ0割になるのに対し、6年Bクラスは3割4割と上がっていきます。


ここに1年の差があるのです。


難しい単元でも1年かけて定期的に4回、5回と繰り返していくと何とか定着するようになります。

今は3回、4回のところです。

おぼろげに「何となくわかったようなわかっていないような…」という感覚だったものが、次の1回で「あぁ、そういうことだったのか!」となり、その後何度か反復して定着します。

こう書くと

「1回目に曖昧にせずにしっかり詰めれば良いのではないか」と思うかもしれません。

しかし、それができたら苦労しないわけです。


いきなりですが、カッシーはTBSドラマの「陸王」を毎週観ています。

その中で竹内涼真さんが演じる長距離ランナーの茂木選手が、身体の負担を減らすことのできるミッドフット走法を身に着けようとするものの、中々上手くいかずに苦労するシーンがありました。

ランナーですからミッドフット走法の理論は頭では理解できているはずです。

しかし、現実にやろうとすると上手く走れません。

もしランナーを自分に置き換えて考えても、短期間では中々難しそうだというのはわかります。

聞いてわかることと自分がやれることは全く別物だからです。


生徒達は一週間という短期間で4科それぞれの単元を習います。

週の最後にようやく

「わかりかけてきた、つかみかけてきた」

という感覚になる生徒も多いでしょう。


しかし残念なことに、


すぐに次の週になります


だから1回目で定着しないのです。

あまり子供達を責めないであげて下さい。

ほとんどがカリキュラムのせいです。


もし曖昧さをきっちり詰めようと思ったら1つの単元に2、3週必要となります。

2、3週あればかなりの割合の生徒がしっかり定着しますので、これも1つの方法だと思います。


しかし、そうなると大きな問題が2つあります。


【①単元が終わらない】

入試日というタイムリミットがある以上、過去問演習などを考慮すると少なくとも6年生の夏までには出題される可能性のあるカリキュラムを網羅しなければいけません。

そのため1つの単元に2週も3週もかかけていたら、カリキュラムが終わらないまま入試へ突入することになります。

個別指導だけで受験するご家庭が気をつけなければならないのは、まさしくこの点です。

個別指導というのは周りの子に関係なくその子に合わせたペースでやれることがメリットなのですが、本当にそれをやってしまうと生徒の能力によっては受験までにカリキュラムが終わりません。

それを無理矢理終わらせようとするならば、結局は本人の理解が不十分なまま次の単元へ行くことになりますので、個別であるメリットが死んでしまい、競争心が養われにくく料金は高いというデメリットだけが残ってしまうのです。

集団授業は1人に対するフォローは弱いものの、全体で動くので勉強に強制力が生まれるというとても大きなメリットがあるため、ベースは集団授業で進め、理解不十分なところを個別で補うというのが今の主流だと思います。(もちろんその分お金がかかるのが辛いところです)


【②塾は上位に合わせる】

もう1つは1週間で定着できる生徒が一定数いることです。

1週間で理解→定着までできる生徒に2週も3週も同じことをやらせたら、上位層が誰もいなくなります。

それなら上位層ではない生徒はどうすれば良いのでしょうか。

はっきり申し上げまして、どうしようもありません。

これは非常に残念なのですが


ある程度曖昧でも先へ進むしかありません


そして「くり返し学習する」という現在のカリキュラムの特長を最大限に生かし、出てくる度に何度もトライするのです。

今がダメでも、トライして、またトライして、どこかでマスターするのです。

それを最後までめげずに実直にやりきれる生徒が伸びるようなカリキュラムになっております。



大多数は上位層ではありません。

それでも今のカリキュラムでみんな頑張っているのです。

特に5年生は単元の難易度が上がり、予習も復習もはかどらず、復習しても定着している様子も見られないことに悩んでいる方もいるとは思います。

しかし、「どこかで身につくはず」と本人を信じ、諦めずにサポートしてあげて欲しいと思います。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR