FC2ブログ

Zoom授業ってそんなに素晴らしいの?

昨今、ネットの情報を眺めていると


「Zoom授業を早く導入して欲しい」

「このまま動画授業を続けるつもりなら減額するべき」


と言ったような声が多く、「Zoom授業を導入していない塾は怠慢である」という風潮が全体としてあるように思います。(導入してて良かった…)

確かにSAPIXは、全クラス共通の短いポイント解説動画だけで済ませていたようなので、月謝が高めの塾ということも考えると気持ちはわからなくもないです。

そんな声に(無理矢理?)押されるようにして、GW明けから少しずつZoom授業へと動き出すようです。(全学年ではないようですが)

日能研や四谷大塚、栄光ゼミナールあたりは、現在も動画授業ですね。

サピは保護者のクレームから渋々動いた感じもありますが、まだ誰からも求められていない時に動き出した早稲アカはすごいと思います。

初めは早稲アカも「動画の質が…」みたいな流れで大荒れでしたが、ここで一気に形勢逆転しましたね。

特に好きな塾ではないですが、というか嫌いですが、この点は中々やるなと思いました。


さて、ここで疑問なのですが


Zoom授業ってそんなに素晴らしいの?


ということです。

冒頭でも書きましたが、何だかZoom授業を導入しさえすれば子供もやる気が上がり、学力も伸び、彼女も出来て、宝くじも当たるみたいな風潮がありますが、実際の所どうなんでしょう?


既に動画授業からZoom授業へ切り替え済みの立場から、この件について少し書いてみようと思います。


まずは動画授業とZoom授業を比較して、各々の優れている面を挙げます。

【動画授業】
・時間制限が無いので情報を詰め込める
・編集次第で質を上げられる
・好きな時間に何度でも観られる(デメリットにもなる)

【Zoom授業】
・対面授業に近い集中力が保てる
・その場でやりとりができる
・一緒に勉強する仲間がいる


以上を踏まえて、動画授業の方が向いている生徒の特徴を挙げます。
・勉強習慣がついており、自己管理ができる
・勉強へのモチベーションと理解力が高い
・勉強内容そのものに価値を感じており、他人とのコミュニケーションや競争を必要としていない

こういった生徒は動画で提供される情報が正しく有益ならば、学力は伸びていきます。

倍速再生等も出来るため、効率という点では対面授業やZoom授業より勝っています。

まとめると、「生徒の質と動画の質が良い」という条件さえ揃えば最強の学習手段になるということです。

問題点としては、この条件に当てはまる確率が中学受験生全体で考えると低いということですね。



次にZoom授業に向いている生徒の特徴を挙げます。
・集中力が低い
・ある程度強制力がないと勉強ができない
・コミュニケーションや競争が好き





あんまり良いことを書けませんでした。


まぁ、でも実際そうなので仕方ないですね。

やはり「リアルタイムで一斉にやっている」という事実が、生徒を勉強の方向へ向かわせます。実際に生徒達の様子を見ていても、集中力は対面授業と全く変わらないです。

まとめるとZoom授業は「生徒達の集中力を引き上げる手段」であり、「効率を追う手段」ではないということです。


ここで唐突に

学習効率×集中力=学力アップ

という謎な式を作ってみます。

この式が合っているかはわかりませんが、そんなに間違えてはいないはずです。

動画は「学習効率」を引き上げる手段で、Zoomは「集中力」を引き上げる手段となるので、基本的には「足りない方を補う」方が自分にとって最良の学習手段となります。

いくら学習効率が良くても集中力がまるで無いなら全く意味がないので、この場合は集中力を少しでも上げると学習効率が生きてくるということです。そして、元々高い集中力をさらに多少高くしたところでそれほど意味を持たないので、低い学習効率の方を上げた方が良いですね。


何言ってんだこいつ?


という方に数字で表しますと

9×1=9 

という式がありまして、左辺の9と1のどちらかに1を足すとなると

 (9+1)×1=10 より 9×(1+1)=18 の方が良いということです。


え、もし

学習効率+集中力=学力アップ

だったらどうなるのかって…?


知らん笑





というわけで、いつものように長くなったのでそろそろ結論を書きます。

結局、Zoomにして集中力を引き上げたところで、授業の質が落ちてしまったら実際はほとんど意味が無い(むしろ悪くなる可能性もある)ということです。

例えばサピや早稲アカなどは半分以上学生講師や非常勤講師なので、動画に出ている専任講師の方がむしろ説明が上手い可能性すらあります。もし、今見ている動画を酷いと感じるなら、実際の授業はもっと酷いかもしれませんし、そもそも頭の中で想像している中学受験の講師のレベルと、実際の中学受験の講師のレベルが乖離している可能性もあります。(サピは授業見学できませんからその辺りはわかりませんし)

Zoom授業へと要求をするのは良いのですが「Zoomにしてどういう講師がどういう授業形態でやるのか」をしっかり把握してからが良いですね。場合によっては改悪アップデートになりかねません。

結局Zoomはただの舞台でしかなく、演者やストーリーの方が大事ですから。





さて、結論が終わった所で、授業形態に関して少しだけ。

2週間程前、テレビで中学受験のZoom授業を特集しており、授業形態を思案中だった自分からすると「これは観るしかない!」(というかパクるしかない)と思い視聴を楽しみにしていました。

ちょうど算数授業だったので、ラッキーと思って見ていたのですが、実際には「一見、双方向っぽくなっている」だけで、生徒の答えの導き方を指導員が把握して評価を下したり、修正しているようには見えませんでした。

ただ、これは授業の一部を切り取っただけの動画なので、別のシーンでは細かく生徒達を見ている可能性もあります。(ただ、全員の手元を見ようと思ったらスピーカービューにはしないと思うんです…)

批判のような書き方になってしまいましたが、授業の進行を重視してわざとそうしているのかもしれませんし、生徒達の手元を見ることは特に重要でないと考える方もおりますので、そこに正解はありません。

ただ、アントレとは指導の方向性が違うため、残念ながら全く参考にならなかったというだけです。



そして最後に、生徒の学力がどうとか全く無視した発言をしますが


1人で撮る動画より
みんなでやるZoom授業の方が楽しい!



ということで、カッシーはZoom授業の方が好きです。


↓また次も読んでみたいという方は、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ





テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

これからのアントレの方針(内部生へ送ったメール)

内部生用に送ったメールは、当初ブログに書く予定だった内容でした。(メールでは決定事項のみ簡単に書く予定でした)

一応、こちらの方にも載せておきます。



いつもありがとうございます。今後のアントレの方針や、現在アントレが行っている取り組みについてお伝えさせていただきます。


【今後の方針について】
4月4日に今後の方針についてお知らせしましたが、当初の予定を修正し、4月20日(月)からzoomを利用した双方向授業を行うことにいたしました。


【予定を修正した理由】
理由は2点です。

1点目ですが、当初は「対面授業(動画と選択制)」→(緊急事態宣言)→「動画授業」→(GW後)→「双方向授業」の予定であり、現在の感染者数の増加スピードや海外の様子等から、さらなる長期化が予想されます。このまま推移すると、5月以降は双方向授業に踏み切る可能性が高く、それならば早めの準備をという理由です。

もう1点は(こちらの方が重要です)、予定を発表した初期段階では埼玉や都内の一部の学校はまだ1週間後に登校日が設定されており、1、2週間は対面授業が続けられるだろうという予測をしておりました。しかし、実際にはわずか2日で緊急事態宣言が出されたため、当初の予定通り対面授業が終了し、3月同様ほぼ3週間の動画授業が始まりました。

アントレでは動画授業と合わせて、週1回の通塾日を設けて対面でのフォローも想定していたため、まだ生徒達と交流する機会を失わずにいられると思っておりましたが、緊急事態宣言の要請に従い小学校が登校日を無くしたため、残念ながらアントレも通塾日を無くす決断をいたしました。

このまま予定通りならば、GWを合わせて丸々1ヵ月間生徒達との交流がないことになります。3月に初めて3週間もの動画授業を行い、その後の対面授業での春期講習を経て、子供達にとって「隣で一緒に勉強する仲間がいること」「指導員がその場で見ているということ」この2つは、まだ精神的に幼い小学生が、学習のモチベーションを保つために必要不可欠であると感じました。そう考えると、GWを含めたこの2週間の差はとても大きく、何とかその前に動きたいという気持ちが生まれたからです。


【通常授業が行えないことで感じたこと】
指導員一同「2ヵ月間も一方通行の動画だけで通常と同じお月謝を頂戴しても良いのだろうか…」と感じておりました。サービスが低下した分、お月謝を減額しようという案もありましたが、減額する位ならその分を設備投資し、生徒達のために使った方が良いという方針に決めました。設備投資といっても小さな塾なので大規模なものではありませんが、双方向授業用に指導員全員分(注:フンチャン以外)のiPadAirを揃え、その他撮影用の機材やパーツ、ソフト等の支出に充てました。この決定をするにあたっては、3月に春期講習の方針についてTwitterでとったアンケート結果を考慮しました。「サービスの質の低下に対し、金額を下げることで対応をする」ことはほとんどのご家庭が望んでおられず、「企業努力をして同レベルのサービスまで引き上げる」ことを望むご家庭が多いことからです。


【オリエンテーションを行って】
来週から双方向授業をスタートするには、ご家庭の準備が必要不可欠です。そのため、急でしたが一昨日、昨日とオリエンテーションをさせていただきました。オリエンテーションを週末にして来週の月曜日から開始という方法もありましたが、本当に必要な環境は実際にやってみないとわからないと考え、オリエンテーションの方を急ぎました。

実は指導員側も、オリエンテーション時にはiPadAirが手元になかったため実際の授業の様子をほとんど手書きでしか見せられませんでした。ただ、実際にやってみると9割以上の生徒と問題なくやり取りができ、上手くいかなかった生徒も1人ずつやり取りをしながら問題点を解決することができました。(現時点で問題を抱えている方がいらっしゃればご相談下さい。)

たとえ不完全な状態でも「オリエンテーションのための準備」より「実際の授業のための準備」の方が大事だと思い、このスピード感で進みました。急な案内でご迷惑をおかけしたかと思います。申し訳ないという気持ちとともに、各ご家庭の迅速なご準備に大変感謝をしております。


【オリエンテーション直後のzoom授業】
昨日、6年生のオプションクラス「武蔵算数」で初めてのzoom授業を行いました。機器が届いてないのでプーサンの私物であるiPad Proを借りました。(プーサンありがとう!)

もちろんカッシーも含めて生徒側も全員初めてですので、いつも通りとはいきませんでしたが、大きなトラブルはなく予定のプリントを終わらせることができました。(最初は絶対に終わらないと思っておりました)
生徒達からも「楽しかったー」「いつもより疲れたー」「臨場感あった」等、色々な声が聞けました。


【zoom授業の具体的な方法について】
様々なサイトやyoutube等でオンライン授業の形態を勉強しましたが、その9割が1つの機器を使って、講師の顔と実物の白板(黒板)もしくは手元を映して、生徒側は顔だけ映っているという手法でした。

このやり方は1対1の英会話、大学の講義、企業の説明会等では良いかもしれませんが、アントレの授業には全く向きません。アントレの授業(特に算数や国語記述)は生徒が頭を動かして導き出した結果を、指導員がその場で確認してその場で評価するということを大事にしているため、正直全く参考になりませんでした。

そこで、普段のアントレの授業を成立させるために別の方法を考えました。まず、PCを1台使って指導員の顔を映し、指導員側はPC画面で生徒の様子をモニターします。授業の進行自体は別アカウントで授業に参加しているiPadAirで行うという方法です。長くなるので詳しくは述べませんが、アントレの授業スタイルに合わせ、1つの授業に2つのアカウントと2つの機器を同時使用して行う方法を考案しました。生徒側の具体的な操作については、今週末までにマニュアルを作成してお伝えいたします。


【時間割について】
時間割に関してですが、時間のみ一部を変更いたします。曜日の変更はありません。変更の理由ですが、アントレは兄弟でお通いのご家庭が多く、兄弟同時に授業を行いますと機器不足等、色々な問題が起きてしまうということ。また、お弁当ではなくご家庭での夕食となりますので、次の授業の接続やプリントの準備を合わせると、その時間が20分というのは短いとの考えからです。どうぞご理解いただければと思います。

「ひばりヶ丘教室」
・5、6年生
全クラスの前半授業をこれまでの17:00~18:50から全て16:40~18:30に変更いたします。後半授業はこれまで通り19:10~21:00です。休憩時間は40分となります。

・4年生
・全クラスの算数授業をこれまでの16:50~18:40から全て16:30~18:20に変更いたします。国語授業はこれまで通り19:00~20:10です。休憩時間は40分となります。
・Aクラスの理社授業をこれまでの17:00~18:50から全て16:40~18:30に変更いたします。
・BCクラスの理社授業をこれまでの17:00~18:50から全て14:30~16:20に変更いたします。

・3年生
全クラスこれまでの17:00~18:30から14:30~16:00に変更いたします。


「練馬教室」
・5、6年生
全クラスの前半授業をこれまでの17:00~18:50から全て16:40~18:30に変更いたします。後半授業はこれまで通り19:10~21:00です。休憩時間は40分となります。

・4年生
・全クラスの算数授業をこれまでの16:50~18:40から全て16:30~18:20に変更いたします。国語授業はこれまで通り19:00~20:10です。休憩時間は40分となります。
・全クラスの理社授業をこれまでの17:00~18:50から全て16:40~18:30に変更いたします。

・3年生
これまでの時間通り17:00~18:40です。


「オプションクラス」
 武蔵算数、シリーズ解説クラス共に時間の変更はありません。



来週からの双方向授業、アントレとしても初めての試みです。初めは操作面でおぼつかない所もあるかもしれませんが、まずは子供達が笑顔で授業を受けられるようにし、学習のモチベーションを高めていきたいと思います。そして、オンライン授業の利点を活かし、対面授業以上の授業を作り出せるよう指導員一同努めて参ります。

これからもどうぞよろしくお願いします。

進学教室アントレ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

3月のアントレについて書きます【長文注意】

※とても長いです。ツイッター並にまとめたものが最後にありますので、時間の無い方はそれを見て下さい。



3月、全国の小学校が春休みまで休校となる旨が発表されました。

当時はその発表に戸惑いながらも、小学校を一斉に休校にしてまで早期鎮静化を図ろうとしている政府に協力しなければという気持ちが強く働き、アントレとしては3週間の休校を早い段階で決め、動画授業へ移行しました。

(※アントレとしては、と書きましたがこのブログはあくまでも個人でやっているので、これから書くことがアントレ全員の総意というわけではなく、あくまでもカッシーが感じたことだと思って読んで下さい。)


そして3週間の動画授業が始まりました。



【動画授業開始】



動画に関しては、通常授業より分量を多くしたり、視聴を飽きさせないような工夫を入れたり、ナスになったり、慣れない編集をしながら何とか頑張って作ったつもりですが、対面授業に比べて質が落ちてしまうのは当然なので、物足りなさを感じたご家庭も多かったと思います。

多くのクレームが出てもおかしくない状態でしたが、実際には応援メッセージ、差し入れ、ご助言ばかりで、本当に感謝しかありません。たくさんのご家庭に支えられてアントレが存在できているというのを、身に染みて感じることができた瞬間でした。

一方で


「生徒達はどの位解けているのだろう」

「こちらの説明はちゃんと理解しているのだろうか」


こういった疑問を感じながら、進めていたのも事実です。


動画授業を始めて2週間目に入る頃、当初新型コロナの広がりは鎮静化へ向かっているはずでしたが(そのための一斉休校でしたよね)、全くそんな雰囲気になっておりませんでした。


「これはもしかしたら春期講習にも差し掛かる可能性があるな…」


そう思って1週間で動画授業がどういうものかわかっていただいたところで、ご家庭側に意見を仰ぐことにしました。(3月6日に春期講習の形態についてツイッターでアンケートを取りました)


113票のうち
44.2%…予定通り行う
28.3%…映像授業と組み合わせて全単元行う


この結果が全てというわけではありませんがご家庭側からすると、開いて欲しいという意見が多く、授業をせずに返金したり(11.5%)、GWへの振替(15.9%)はあまり望まれていないことがわかりました。

この結果は意外でして、ご家庭にとって朝から晩まで子供がずっと家にいるというのは、色々な意味で予想以上に負担が大きいというのを感じさせられました。

また、動画ではモチベーションを保てないという意見もありました。


「子供が動画を全然見ない」

「動画をつけてもダラダラしており、キチンとやっているのかわからない」

「動画で勉強していたと思ったらヒカキンの変顔を観ていた」


一方、集中力があり動画を楽しめる子の場合は、動画授業の方が普段より問題数が稼げるし、一時停止や巻き戻しを使ってより一層理解を深めることができるため、むしろ助かっているという声もありました。

ただし、実際にはそういう子達でさえも「3週間」という決められた期限だからやれていたというのもあります。

子供というのは他者(指導員、友達、ライバルなど)との関わりの中で成長していくものですから、動画と親の声掛けのみで長期間のモチベーション管理をするのは至難の業です。

良くも悪くも動画授業だけ行うということに対し限界が見えてきてしまい、やはり対面授業が必要な子も多いということを感じました。


新型コロナの流行を抑えることが最優先でそれが至上命題というならば、全員引きこもってじっとしているのが正解だと思います。

しかし、そのやり方は長くは持ちません。

少なくとも3週間、多くのご家庭が学校も塾にも行かずに引きこもった結果を見て思ったことです。


そして、十分に新型コロナ対策をした上で、春期講習開講を決めました。


もちろん集団授業に通わせたくないというご家庭もいらっしゃるかと思いますので、そういったご家庭をフォローするため、授業を全て動画を撮り、欠席者には動画URLを送信するという形態を取りました。

全員とはいきませんが、これが最も多くご家庭が納得する方法だったのかなと思っての決断でした。(それが正しかったのかは今でもわかりません)

通常授業の動画を撮るとなると、これまでの動画授業とはやり方が全く変わります。

編集がいらないのは助かるのですが、単純に必要な機材の量とアップする動画量が一気に増えます。講習前の休み中に各教室に設置する分のビデオカメラ、三脚、SDカードなどを準備し、休憩時間中に行うバッテリー管理、SDカード交換、アップ作業などの手順も含めて実験をしました。

ちなみに授業担当者も変更し、指導員の1人を完全に動画作業専属にしたので、フンチャンは老体に鞭打って9時から18時45分まで休み時間以外ぶっ続けで授業をすることになってしまいました。

出会ったら優しい声を掛けてあげて下さい。



【春期講習開始】



春期講習が始まり気づいたことがあります。

正確に言うとカッシーはあまり気づかなかったのですが、タケノコやフンチャンに話を聞くと


「意外だったけど、思ったより良く出来ている」


とのこと。

動画をしっかり観て学習している生徒が多く、皮肉にも通常授業でやっているより学力的な伸びがありました。

確かに動画の方が通常授業より分量が多く、朝や昼の時間を使って他クラスの問題まで解くことができたため、その分の効果があったのかもしれません。(講習初日にBクラスの生徒が、Sクラスの問題の質問をカッシーに持ってきました)

しかしその一方で、出来なくなっている生徒も見かけるとのことでした。


差が広がっていたのです。


カッシーがそれをあまり感じられなかった理由は、おそらくSクラスの担当だったからです。

そもそも動画だろうが授業だろうが集中できる生徒が多いので、通常授業をしたのと変わらず予想通りの結果が出たのだと思います。

この状況を何とかしようと思い、双方向のやり取りができるzoomなどでリアルタイムの授業ができないか、すぐに実験をしました。



【リアルタイム配信への試み】



PC、タブレット、スマホ等を使って色々試しましたが、運営法に難しさを感じました。

大人が使う分にはとても素晴らしいソフトだと思ったのですが、小学生には操作面などに少々ハードルがあり、そこにもたついてしまうと果たして授業に集中できるのかどうか。

実際には


「操作が良く分からないから聞くだけでいいや」


という生徒も多くでると思います。それなら双方向の効果が薄れてしまいます。

また、仮に保護者が横についていたとして、その保護者が他の生徒の様子も見えてしまうというのもどうなのか、また横に保護者がいて本人が通常授業と同様に生き生きできるのか等の問題もあります。(おそらく普段聞けない「敬語」が飛び出ます)

というように、他にも想定される問題点が多すぎて泣く泣く断念しました。

が、もし大手塾などが導入に成功し、安定した運用ができるようでしたら、その時は遠慮なく手法をパクってやろうかと思います。


そんな中、週末自粛の話が出ました。



【週末の自粛どうする?】



まず、不要不急というワードの解釈をどうするのか、というのを考えさせられました。

塾が不要不急にあたるのだろうか?

これは立場によって意見が変わるので、すぐに考えても無駄だと思いました。


次にアントレとして一貫性を保つにはどうすれば良いのかを考えました。


「3週間も休んだ から 週末は休む」


一貫しているように見えます。要するにお上の言うことには従うということです。

しかし、3週間も休んだのには色々と理由がありますが、当時とは状況が全く変わっていることに気をつけなければいけません。

当時は「3週間休めば解決するだろう」という想定で休みました。


「この1、2週間が大事!」


当時は誰もが口をそろえて言っておりました。(今でも毎日言っておりますが)

しかし、見ての通り状況は全く改善されておりません。


今回の場合「週末を休めば状況が大きく改善する」という想定ならば休むことに一貫性はありますが、誰がどうみても週末自粛をした位でそんなことは望めません。

では週末塾に来させることで、感染拡大を加速させてしまうのか。

これはさせてしまうかもしれません。

しかし、それを言うならば別に週末ではなく平日だって同じです。

子供達は講習中、週末だろうが平日だろうが同じ時間に来て同じ時間に帰りますから。

実はそれでも週末休む手段はありました。31日(火)が中休みですので、週末どちらかを休みにして31日(火)に塾に来させるという方法です。


よし、名案だ。休みの日をずらして週末休みにしよう!


…何か意味があるのでしょうか?


ツイッターでも書きましたが電車内の人口密度等を考えると、むしろ31日(火)より土日の方が不要不急の外出を制限されているため、子供達にとっても感染拡大の危険性にとっても良い選択だったのではないかと思っております。

誰かに何か言われたら「塾は不要不急じゃなーい!」と喚き散らせばいいのです。(関わってはいけない奴だとみなされて多分どっか行きます)

脳味噌を停止させて


「外野に何か言われたくないからポーズだけ休む」


という選択よりは、少ないながらも脳味噌を必死に稼働させて良い選択が出来たのではないかと思います。

ただ、一方で


「3週間の休みには従ったのに、週末の自粛には従わないとかアントレ一貫性ないんじゃないの?」


と思われる危険性はもちろんありました。

実は週末自粛の発表が来てフンチャンと今後の話をしていた時、当然ですが一貫性の話が出ました。その時には上に書いたようなことをそのまま伝えて納得してもらいました。

カッシーなんかの意見にしっかり聞く耳を持ってくれるフンチャンはやはり神です。

というわけで、週末開いたのはカッシーのせいです。

皆さんに対してはそういう話をしていなかったので、今、ここで、ちゃんと、言い訳をしています。




こうして長い3月が終わりました。

実はまだ書きたいことはあるのですが、とりあえずこの位にしておきます。(時間があったら書きます)

長くなったので、最後にまとめます。

・3週間頑張ればコロナ問題が終わると思ったけど終わらなかった
・人間引きこもり続けるのは無理だから春期講習開いた
・リアルタイム配信はとても難しい
・週末自粛を無視したのはカッシーのせいだけど反省はしていない
・フンチャンは神


長文、お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ




テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR