FC2ブログ

女子校の弊害

また1日空いてしまった!

言い訳をさせていただきますと、昨日は帰り際にアントレに電話が来て、25才女性の人生相談に30分もの時間を使ってしまい、残り少ない体力を全て消費しきってしまったのが原因なので、私は悪くありません。

いやー、びっくりしました。初めての経験でしたね。せっかくなので、誇張表現ゼロの完全ノンフィクションで再現したいと思います。


プルルルッ ガチャッ


「はい、アントレでございますでございます!」(ここだけフィクション)

「あのー、女子校の弊害ってあると思いますか…?」

「…は、はい?(な、なんじゃ!)」

「良妻賢母型の教育をする学校ってどうなのかと思うんですよぉ…(涙声)」

「は、はぁ…(ていうか誰?)」

「25才で再受験ってどう思いますか…?」


( な ん だ こ い つ は )


「再受験ですか、良いと思いますよ?再受験した友人もおりますし、目標が決まっているならいいんじゃないでしょうか」

(名は名乗らないけどアントレの卒業生かな…、もしくは内部生の関係者かもしれないし、いずれにせよとりあえず対応しよう…)

「いじめられないですかね…(ボソッ」

「は、はい?」

「絶対いじめられると思うんですよ。25才で再受験ですよ。それに私ほとんど男の人としゃべったことないんですよ。会話なんて今更できないし、やっぱり共学の方が良かったんだ。中高でもいじめられていたし…」

「(な、何か重いのきたぞ)なるほど…大変でしたね。でも中高と違って大学でいじめってあまり聞かないですけれどもねぇ、堂々としてればいいんですよ。自分はやりたいことがあって再受験したんだって胸張っていればいいんです」

「facebookとかってやってます?」

「え、まぁ…見るだけですけれども(この人色々と突然すぎるだろー!)」

「facebookとか見ると、高校の同級生はみんな結婚の報告だとかすごいんです…。私なんて男の人としゃべれないんですよ?そして今から大学に行って卒業したら何歳になって結婚できるんでしょうか。やっぱり女子校だったのが良くなかったんだ…女子校の弊害って絶対ありますよね?」

「いやぁ…女子校だからとかって無いと思うんですけどね(周りは結婚してるって自分で…でも言ったら発狂しそうだから黙っておこう…)。今は結婚も遅くなっていますし、まだ25才じゃないですか、これからですよ!」


このあたりでタケノコやフンチャンから


こいつ一体誰と電話してんだ


という訝しげな視線を受ける。


「もう本当に、どうしたらいいか…(涙声」

「再受験というと、医学部とか目指していらっしゃるんですか?」

「そんなのムリに決まってるじゃないですか!中高ずっと遊んでて何も勉強してなかったんですよ!」

「(うお、いきなり怒り出した!)そうでしたか…失礼しました。どの大学とかは具体的に決まっているんですか?」

「何も」

「え、でも再受験ということは何かやりたいことがあるんじゃ…」

「女子だけのところはイヤなんです。男の人とも話したい。でも上手く話す自信がないんですよ。それに絶対いじめられるし…。とにかく大きい有名な大学に行きたいんです」

「では、勉強頑張らないといけませんね(大きい有名な大学…小学生でも言わんような…)」

「再受験って中堅校出身者には許されませんよね…?」

「は、はい?」

「再受験って桜蔭とかだと良く聞くじゃないですか。でも私みたいな中堅校卒業だといませんよねそんな人。聞いたことあります?ありませんよね?桜蔭とか豊島岡だけに許された特権ですよね再受験って」

「(そんな特権が存在したのか…)確かにそんなに聞きませんけれども、どの学校だから許されるとかそんなことはないですよ。色々気にしすぎなんじゃないですかね」

「やっぱり女子校だったのがいけなかったんだ…(ブツブツ ああいう教育って良くないと思うんですよぉ!(泣」

カ(やっと気づいたけど多分カッシーの話何も聞いてねー!)


こんな調子で15分程会話をして気づいたことは

①確実にアントレ関係者ではないということ。
②facebookでの同級生の結婚報告がつらいこと(5回位聞いた)
③男の人としゃべれるようになりたいこと(これも5回位聞いた)。
④再受験をしたいけれども勉強をしていないためムリなこと。
⑤入ったとしてもいじめられる不安が大きいこと。
⑥「女子校の弊害ってありますよね?」という質問に対してカッシーに「うん」と言ってもらいたいこと。


その後の15分はうんうん相槌を打ちながら、ずっと話を聞いてあげました。たまに質問もしてあげて、③が克服できればいいなと思って協力しました。

しかし、⑥は頑なに拒否しました。相手の望みはわかっていましたけれども、中学受験塾としてたくさんの生徒を女子校に送ってきた手前、ここだけは「うん」というわけにはいかなかったからです。

終わりは唐突にやってきました。


5回目位の質問でした。

「共学にすればよかったんだ…」

「今言っても仕方のないことですからね…(晩飯何食おうかな)」

「やっぱり女子校だったのが絶対良くなかったと思うんですよぉ!?」


「いや、ぶっちゃけ関係ないっしょ(よし、肉を食おう)」


ブツッ ツーッツーッ…


ふぅ…


フンチャンがこっちを見て


フ「カッシー、今の何だったの…?」


カ「災害です」



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

久しぶりに楽しい記事でした!!

No title

>>??? さん(01:32)
いえいえ、こちらこそありがとうございました。参考になったかどうか…^^;

「話を聞く」というのも大事な仕事です。というか半分位それです。

また、いつでもいらして下さい。よろしくお願いします!


>>??? さん(08:37)
アントレに来て初めてテロに遭遇しましたね!ブログ見られてたら刺されるかもしれません^^;

女子校良いと思うんですけれどもねぇ。


>>ななし さん
記事にすると楽しいんですけれども、カッシーは怖かったです。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

弊害って(^_^;)

女子校出身です(^_^;)
私の場合の弊害って 言えるのは男勝りなところかしら。
元々、生まれ持ったものかもしれませんが…(^_^;)

No title

>>??? さん
その通り!


>>女子校育ち さん
女性として生きていく力を育ててくれる学校は多いですから、男勝りな子は多いかもしれませんね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR