FC2ブログ

時間か量か

リクエスト記事です。

みなさんのご家庭では勉強する時に「時間」で決めますか?「量」で決めますか?

例えば課題としてある問題集を3ページやらなければいけないとなったときに、やるべきことが全部終わるまでエンドレスでやらせるのか、終わらなくても一定時間がきたら切り上げるのかということです。

ちなみに小学生時代の私は「量」でやるタイプでした。

「量」の良いところは、早く終わらせたら勉強時間が短くて済むことです。

勉強においての真面目さは皆無でしたから、なるべくやりたくないわけで、短時間に集中して即終わらせることで時間を確保していました。

私のような性格だと、「時間」で決められると進みが1/3位になりそうです。なぜなら勉強に対してのモチベーションが特に無いため、集中して解くメリットがないからです。それならば省エネ運転の方が楽ですから。

私はこうしていたというだけなので、別にやり方として正解とは思っておりません。それぞれに利点と欠点がありますから良く考えて欲しいと思います。

ここで、「時間」と「量」のメリットを少しだけ書いてみようと思います。


まずは「時間」から。


【「時間」のメリット-①計画通り学習が出来る-】
1週間の学習計画をしっかり立てている場合、それを乱さずに進められます。

終わらなかったとしてもその部分だけ残しておけば、時間が出来た時に補うというやり方でカバーできるため、他教科の学習に影響は出ません。



【「時間」のメリット-②スピード感が出る-】
ダラダラやる子に多少キツ目の時間を設定することで、急がせることができます。

動きが遅いがきっちりやりたい子に関しては、終わらなかったものはものはもうやらないというやり方もあります。取りこぼしは嫌ですから時間内に終わるように動くようになります。


気をつけなければいけないのは「時間」の場合、ボーッと口を開けているだけでも時間が来たら終わるわけです。やっている最中の監視とやった物のチェックが必ず必要になります。



では、「量」のメリットを書きます。


【「量」のメリット-①塾の課題にマッチする-】
塾の課題は基本的に量で出されます。


「問題集の~ページから~ページまでが宿題です」


という出し方です。アントレの予習も「予習シリーズの例題と基本問題と…」という形ですから、やはり量です。


「宿題は理科を2時間勉強し、その間にやったものを出すことです」


という課題を全体に向けて出す塾はほとんど無いと思います。(個人とのやりとりではあるかもしれませんが)


大事なのはどれだけやってどれだけ身に付けたか(つまり「量」)なので、どれだけ勉強したかではありません。「~時間やった」と主張することにあまり意味はなく、2時間座っていても基本問題が3問しか終わっていないとしたらどうしようもありませんから。



【「量」のメリット-②スピード感が出る-】
さっき「時間」で書いたのと同じじゃないかと言われそうですが、子供のタイプによってはこっちの方がスピード感を出せます。冒頭で書いた私のようなタイプです。(スピードはあるがスタミナがない)

時間で区切られるとペース配分を始めます。3分で終わる問題を5分かけてやるようになります。元々スピードがある子に関してはこちらの方が良いです。


気をつけなければいけないのは、終わらせただけになる可能性があることです。早く終わらせることだけが目的になってしまうと雑になり質が下がりますから、終わった後、少し問題をピックアップして解説をさせたり、知識問題を出したりするチェックが必ず必要になります。



このように子供のタイプや性格によって最適なやり方は変わってきます。わからないという方は色々試してみるのも良いかもしれません。


ちなみに最後のチェックですが、必要ない場合があります。


信用できる子である


ことです。


え、全く信用できない…?





き、きちんとチェックしましょ^^;



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓こっちもお願いします!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>2時間座っていても基本問題が3問しか終わっていない

何だかどこかでよく見かける光景です^^;
5分~10分とかテキストに制限時間が書いてあるのに(国語の四マト)30分間座っていたり、
「お尻痛くないのかな~?」と案じます。

No title

ブログは読んでいたのですが、なるほど。そうだよね~(-.-)と思い、はじめてコメントさせていただきます。

今まで時間の無駄遣いをしていました。
時間で止め→間違い直し→解き直し、と、させていました。
時間で、どこまで出来たかを把握出来ていれば、そのままやらせておいたほうが、途中まで考えている時などはいいですよね。
なぜ気がつかなかったのだろう(^_^;)


No title

>>??? さん
色々試してみると良いかもしれませんね。

ところで、「多くの場合がそうだろうと思い…」とおっしゃっておりますが、そんなことはありません。小学生の場合目の前のこと以上に先のことを考えて動ける子は多くありません。どの家も苦労していることだと思います。

記事ではああ書いたものの、私もそんな理想的には動けていなかったはずです。

???さんのお子様の場合、課題が終わらないならば、課題を減らすべきです。優先順位を決めて絞り込んでいかなければ何も身に付かずに終わってしまいます。

切ってしまったものに未練を感じてしまうのは仕方のないことですが、結局やれないのならば、性格や能力も含めてその子の個性です。

その子がこなせる分量を初めから設定してあげると良いと思います。設定が難しければ本人や担任と一緒に決めると良いです。

時間と共に少しずつ成長していきますから、変化があってやれそうだと思ったら少しずつ増やしてあげると良いと思います。



>>えるどらど さん
もうそのあたりは本人の意識の問題ですからね…。

有効な対処法としては完全に監視して無理矢理やらせるか、本人の成長を待つかしかないですからね。成長させるきっかけを与えることはできますが、そのきっかけを生かすかどうかは結局本人次第ですから。



>>ななし さん
初コメントありがとうございます!

途中まで考えている時はなるべく切りたくないですよね。特に算数なんかはそうだと思います。

コメント返信の上方でも書きましたが、やり方は本人の成長と共に少しずつ改善していくのが当たり前なので、色々試してみて下さい。新たな発見があったようで良かったです!

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR