FC2ブログ

テスト結果とクラス

5年生のまとめテスト(月例テスト)が終わりました。私はSクラス(一番上)の担任なので、その結果を少し書きます。

終わってからすぐに採点をしていて得点と得点分布が出したのですが


また谷になってる…^o^
※完全に予想通りですが


どういうことかといいますと、50点台が1人もおらず、40点台も1人。30点台以下と60点台以上に完全に分かれているということです。

以前にも書きましたが、カッシーの塾の算数テストはクラスごと(今はSABC)で難易度が違うものを作成しております(今年はAとBは共通問題です)、そして1番の小問を除きすべての問題で途中式を書かせ、部分点をつけます。答えのみでは得点がもらえません。

大手塾ならばクラスが違っても基本的に同じテストなので(違うものもありますが)、簡単なものから難しいものまでちりばめられておりますが、Sクラステストだと小問も含めてそれなりに難しいものしかありません。簡単なものを出してもみんな出来るので出す意味がないからです。

結果は一番多いのが30点台でした。最近少しずつAクラスから生徒を上げているので、主にその子達が取っておりました。

ちなみにこの子達はAのテストだと80点~90点取る子達です。

そう聞くと、Sのテストは一気に難しくしすぎじゃないのかと思われるかもわかりませんが、Sのテストで80点以上も数人おりますし、97点もおります。難易度を下げると70点以上の子達がほぼ満点になり差がつかなくなってしまうので、それはできません。

しっかりとした評価をつけたいので、難易度調整にはかなり気を配っております。平均が50点近くになり、さらにそこに固まらずに分散するような形を目指しています。

そうなると、全ての問題がある一定以上なので、わかる子は全てわかる。できない子は全てできない。という風になります(実際ここまで大げさにはなりませんが)。

ですから今回のような現象が起こるのです。


このような仕組みのため、算数が良くなると、ポンッと今までの得点層から抜け出して一気に上がることがあります。今の問題レベルの壁を越えられるかどうかが鍵です。

越えられる子もいれば、最後まで越えられない子もいます。越えることにこだわるのか、1つ下げてまずは標準レベルをしっかり固めることが大事と思うのかはそれぞれのご家庭の方針にお任せしています。

カッシーの塾の良いところ(でもありちょっとだけ悪いところ)は、算数においてテストの点だけでクラスを決めないというところです。指導員がお勧めする場合は、その子が授業についていけるかどうかが判断基準になります。

そして実はあと1つ大事な要素があります。

どうしても難関校を目指したいから難しい問題に触れないと間に合わないと思う方は、希望すれば上位のクラスに出ても良いのです。(実力が足りなくても!)

「難しいことに触れることで出来るようになる」

と思う方もいるでしょうし

「基本をしっかり固めるからこそ出来るようになる」

と思う方もおります。どちらも間違えではありませんし、子供の能力や性格によってどちらも正解になりえます。

ですから子供達にはなるべくどちらも体験させてあげたいと思っています。

面談をすると

「ウチの子~なタイプところがありますから…」

とおっしゃって結構強引に方向性を決めてしまうお母様は多いのですが、塾で見せている姿と比べると「本当かなぁ…?」思うことはしょっちゅうあります。家で見せる姿と塾で見せる姿は全く違うことなんて良くあることです。


まぁ、何が正解かなんてわかりませんよね。


結局、6年生の2月にならないと正解はわかりません。


2月になってもわからないかもしれませんし、もっともっと先までかかるかもしれません。


最後までわからないかもしれません。


正解を追うのではなく、納得できるところを追うという形の方がもしかしたら良いのかもしれませんね。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓こっちもお願いします!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

学校行事について

生徒の学校行事は年度初めに予定表が配布されるので、塾としても事前に把握できると思いますが、なぜ大半の生徒が欠席しなくてはならない日に授業を入れるのですか?

Re: 例えば・・・

>>??? さん
アントレの場合算数のクラスは点数割りではなく、親と本人の希望が強く影響されます。極端な話、一番下のクラスの生徒でも、頼めば一番上のクラスに出られます。(実際にはそういう生徒は皆無なので、人数バランスの心配はいりません)

今回テストを受けて30点台以下の生徒の何人かは、Sにチャレンジしてみたいという要望を受けて初めてSのテストを受けたの数人と、夏期講習後にAから上がってきたばかりでやはり初めて受けた数人がメインです。(元々在籍の子もとっていましたが…)

あとは同じ30点でも授業中の達成度はそこそこ出ている子もおりまして、全ての子が一概に意味がないとも言えません。たまたま今回うまくいかず失敗しただけの子もおります。

ついていけていないと感じる子達は、Aに戻るという選択を取ることができます(実際にテスト直後にその選択を取った子もおります)。懸念されている点はこの選択肢を選ぶことで、解決できます。そのためにクラスを細分化しているのです。

モチベーションの話を出されましたが、全くもっておっしゃる通りで、私も同感です。

ただ、色々な考え方をもつ方は多いのです。そうせずに残りたいという方もおりまして、クラスが下がる位なら辞めるという、???さんにはおおよそ理解できないような(失礼!)考えを持つ方もおります。私もほとんど理解できませんが、最近少しずつわかるようになってきました。何もこれはSに限った話ではありません。

記事にも書きましたが難関校を受けたいため、高い問題レベルに触れていたいという子もいます。例えば学力が足りないが筑駒開成に行きたいという子はAにいてはノーチャンスです。ただSなら1%未満ですがあり得るかもしれません(触れたレベルが最終的に吸収しきれれば)。最終的に到達できる学力期待値はAにいたほうが高いと思いますが、チャンスは与えてあげたいというのは親心なんでしょうか。もし入ったとしてもそこからが大変そうですが…。

長くなりましたが、30点でもいる価値があると感じる方には価値があります。人それぞれですから。

それと、Sの子達は思っているよりタフですよ。今回ダメなら次そうならないように頑張ってくれると思います。単純な学力よりも、そういう力を身に付けて成長していって欲しいなと思っています。

No title

>>ななし さん

アントレは地域に根差した塾ではありますが、その通塾エリアはかなり広いです。地元で歩いて通う子よりも電車やバス通いの子が多く、学校の種類もひばりヶ丘教室に通っているご家庭だけでゆうに30校を超えます。(練馬教室も幅広いです)

大半というのがどのくらいの数を指していらっしゃるかは存じませんが、今週の土曜日のクラスの件のことでしたら、確かに運動会での休みは結構おりました。しかし7~8割の生徒は出席しています。(これが半分以上ということでしたらさすがに考えます)

練馬区の都合で第2土曜日は休みにしておりますが、その他の行事やイベントのために全ての学校に配慮していたらとても授業が組めません…。

今回の件で大変ご迷惑をお掛けしたかと思いますが、ご容赦いただけたらと思います。

いつも楽しみに記事を拝見しています。
久しぶりの書きこみです(*^^*)

失礼ながら、お聞かせください。

授業の達成度を先生方がよくみてくださっている件について。例えば多いクラスですと、30人くらいいらっしゃるのでしょうか。

ひとりひとり、ノートを見ていただくだけでも大変そうなのに、個々の達成度まで、ちゃんと把握ができているのが不思議です(笑)

面談にうかがうと、いつも、良いように捉えてくださっており、授業での理解度ではもっと合不合でも取れる実力はあるはずだから、、、等、、励まされてはおりますが、そんなはずはなさそうだし、誰か別なお子さんと間違った話かな??と思ったりも(笑)

信じて頑張る方が、、、いいにきまってるんでしょうけど、、あまりの出来の悪さにそんな風に考えたりしちゃいます(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

気付けばカッシーブログ2位に返り咲き、万歳!

我が子は居心地の良い下のクラスで落ち着いてしまって、そこから少しでもクラスを上げて上を目指そうという気持ちが失せているようにもみえます。

親が子供の実力はここまでと決めてしまうのもどうかと思いますが、望み薄い難関校や上位校を目標に頑張らせるのも、子供の気持ちが折れてしまいそうで....。偏差値にとらわれず本人が行きたい(親が行かせたい)と思える学校が見つかるといいです。

No title

>>父兄です さん
その件に関して少し記事を書きたいと思います!



>>??? さん
全員正しいことを言っています(笑)

ただ、何を優先順位に置くのかはその子によって違うのです。そこは担任と相談するか、ご家庭で決めていくしかないというのが現実ですね。



>>??? さん
「6年の2月に最も学力がつくと思われるクラスはどこですか?」という質問をすれば事実を答えてくれると思います。

「無理は承知ですが、このクラスで頑張らせたいんです」という質問をすれば、そのクラス頑張っていくための方法を答えてくれると思います。

面談等で何を聞くのかというのは以外と大事だったりします。

コメントの最後、ありがとうございます^^



>>ななし さん
応援していただいてありがとうございます!しかし、私が頑張ったわけでもなくポイントはずっと一定なんですが…笑

ある程度の期間過ごすとクラスは固定化されます。それは当たり前のことです。全員頑張っているのですから、自分が学力をつけても他も学力をつければ相対的な位置は変わらないからです。

ある程度の期間塾通いをした後、急にクラスを上げるには

「賢い子だけれども、ほとんど勉強をやっていなかった。しかし、最近になって急にやる気が出て勉強時間が増えた」

というケースがほとんどです。

クラスを上げて上を目指すというよりは、同じレベルの子達が所属するクラス内で上位層に入ることを目標に頑張る方が目先の目標として正しいのかもしれません。

このようにどうしても相対評価にとらわれがちですが、その子自身だけを見ればしっかりと着実に成長しています。

その成長の先を見据えて、自分に合った学校が見つかればそこを目指して頑張って欲しいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>>??? さん
何を求めているのかがわからないと上手く引き出せない時もありますね。

終わった後に自分でも

「うーん、今回はイマイチだったな…」

とかあります(笑)

そういう場合でも上手く引き出せるように、頑張ってスキルを磨きます!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR