FC2ブログ

ノートを取るのが遅い子

前回の記事のコメントで「書くのが遅くて…」というものがありましたので、少しだけ触れます。

書くのが遅いというのは相当授業効率を下げている行為なので、早めに改善したいところです。

(3)を解説しているのにそれを聞かずに(2)を写しているというのは無駄でしかありません。しかも遅れているということが本人もわかっているので、書くことに必死になり、書いた内容の吟味は行われません。

それならば最初からこっちが全て解説を用意して刷って渡すか、もしくはスマホ等で撮って話を聞いた方がよっぽどマシです。(今からやると一生ノートが取れない人間が出来上がるだけなのでやらせませんが!)

意味のなさを最も感じるのは物理のてこを教えている時です。てこを解くには「棒におもりを書く→支点を決める→モーメントの力を出す→…」等の手順が重要になってくるのですが、遅れている生徒は

完成した図を左から右に書いていく

ので、もはや何の効果も見込めません。(手の運動にはなります!)

ついてきている生徒はしっかりその手順通りにノートを写していくので、内容がわからずただ写すだけでも手順の刷り込みが出来るという点でまだマシなのですが…。


では何故遅れてしまうのでしょうか。

単純に書くスピード(手の動き)が遅いからと思っている方は結構いるのですが、これは大きな間違いです。それが原因で遅れる子は実際には皆無と言って良いです。

これからいくつか原因を挙げていこうかと思います。



【遅れる原因 ①一度に書く量が少ない】
「顔を上げて前を見て、下を向いて書く」この動作を繰り返すわけですが(たまに顔を上げたまま書くツワモノも…)、ひどい場合は2、3文字書いただけで顔を上げるという子もいます。

ある程度読んで頭に入れて(記憶して)、それなりの量を一気に書くという練習をしなければいけません。

一時記憶能力にも左右されますが、頭の回転が遅めの子、国語力が低い子に多く見られます。



【遅れる原因 ②キレイに書くことに命を賭けている】
90%以上が女の子です。板書には黒と赤しか使っていないのに、なぜか自分のノートはレインボーになっております。

しかも用途ごとに色分けしているのならばまだしも、残念ながらその色分けに法則等ありません。

「次の色はどれにしようかなぁ…(ワクワク」

とやっている間に次の説明が始まっています。(そして当然聞いていない)

全てのペンをへし折るというのが対策として有効ですが、最近のペンは意外と高いのであまりオススメはしません。

数本しか持たせないという工夫をしても、結局友達と共有するので無意味です。

注意するととても悲しそうな顔をしたり、場合によってはものすごく不機嫌になるので、とっても扱いづらいです。(女の子は難しい!)

また、字が美しくならないからという理由で絶対に速く書いてくれません。1文字1文字に魂を込めて書いています。書道家の道を本気で勧めてあげたいのですが、お母様に何を言われるかわからないので、言うのは控えています。

これを何とかするには本人の価値観を変えるしかありません。

ノートを写す意味を辛抱強く説く。飽きるのを待つ。等、色々対策はありますが、はっきり言ってどれもギャンブルみたいなもので有効なこともあればそうでないものもあります。結局本人次第です。



【遅れる原因 ③書き始めが遅い】
原因のほとんどがこれと言っても過言ではありません。

例えば白板問題で3行書く必要があったとして、1行目が書き終わった時に生徒達の様子を見ると、

・すでに1行目が書き終わっている生徒
・少し遅れて書いている生徒(原因①②に当てはまる生徒が多い)
・まだ何も書いていない生徒

と分かれます。私は(というか他の指導員も)問題を読みながら書くので、さっさと書き終わっている生徒は一度も顔を上げずに耳で聞いて書く生徒が多いです。(聞き取りづらかったり、数字が出たりすると大事なので顔を上げて確認したりはします。)

何も書いていない生徒は何をやっているのかというと、ほとんどが何もしていません。遊んでいるとか話しているとかではないというのが面白いところです。

頭を休めているのか、あっちの世界に旅立っているのか、今日の夕飯を当てるゲーム(1人プレイ専用)をしているのか、頭の中を覗いて見ないとわからないのですが、一点を見てボーッとしてます。

名前を呼んであげると正気に戻り書き始めるので大丈夫なのですが(本当は全く大丈夫ではない)、どうしても少しテンポが遅れがちになります。

こういう子はその子の持った性格というか性質というか特徴のようなもので、精神的な成長により多少マシになることはあっても、大きく改善することは少ないです。集団授業よりも個別指導の方が向いているタイプかもしれません。



このくらいにしておきましょうか。

まあ、書いてあったのを読んだらお分かりの通り、


どれも全然解決策がない


わけなのですが、実際問題絶対に有効な解決策などあるはずもなく(そんなものがあれば誰も苦労しませんね!)、皆様頭を抱えるわけです。

その都度注意し続け、本人が成長してアドバイスが聞けるようになったタイミングでしっかり聞いてくれれば、少しずつ変わってくることもあります。


結局、本当に必要なのは子供がどうというより、大人の忍耐力なのかもしれません。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます。

記事に書いてくださったのですね。
お手数おかけいたしました。

確かに、①と③にはかなりの覚えがあります。
①は家で口で暗記しながら書かせることで改善できそうですね。
暗記力にも多少効果があるかもですよね。

分析して頂いて少し光明が見えてきました。
ありがとうございました。

受験までには間に合わないかもですけど(^-^;)

No title

>>???  さん
綺麗か汚いかで言えば綺麗な方が良いのは間違いないです!ただ、そのことでノートを書くのが遅れていくのならば、綺麗さを犠牲にして授業についていくことを重視しなければいけません。

たまに解説を赤ボールペンで書いて、そのまま次の問題文を赤ボールペンで書く子もおります。途中で気づいたり教えてあげると「あっ!」って言って直すのですが、気づかないものなんですかね…。面倒だからという子はまだみたことないですね…。



>>まま さん
いえいえ、こちらこそネタ提供ありがとうございました!笑

色々トライしてみることが大事ですね。受験までに間に合うといいですが、こればっかりはわかりませんから…。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR