FC2ブログ

大口君の話

中3の頃でしたでしょうか。大口君という生徒がカッシーの前に座っていました。

学年が変わってすぐの席順は出席番号順ですので

2列目の1番前「おおぐち」

2列目の前から2番目「かっしー」

ということで、縦並びだったのです。



大口君はとても真面目な生徒で、クラスの中で真面目な奴選手権をしたら間違いなく1位をもぎとっていくような人材でした。

席が近かったため、グループで何かをやるときは必ず彼と一緒になりました。

実験の時なんかはとても助かりました。私が半分寝ていて説明をしっかり聞いていなくても、彼と同じグループだったため、完全にやっているフリに勤しむことができました。


「えっと…、ここはこうか…な?」

「いや、この場合はこうするってさっき言ってたよ」

「あー、そう…そうね!うん、今ちょうどそうしようと思ってたんだけど、一応確認ということで教えてくれてよかったわー^^;」


という微笑ましいやり取りは一度や二度ではありませんでした。


体育等のチーム決めの時には私がリーダーになることが多かったので、運動神経が良い数人を取ったあとは必ず彼を取りました。(彼の運動神経ははっきり言って良くなかったですが)

理由としては個人的に好きだったというのもありますが、真面目なので必死に動いてくれるからです。チーム力で勝負するような競技の場合は、多少運動ができて我が強い人よりも、運動音痴でもしっかり指示通り動いてくれる人の方が、作戦が機能するため勝率が高くなることを知っていたからです。

当然、指示も良く聞いてくれましたし、必死に動いてくれました。

そんな人物なので彼のことを嫌う人間はいませんでしたし、むしろ尊敬を集めていました。


中3の最初の中間テストの時でしたでしょうか。


テストの1週間前は試験対策のため部活が休みになるのですが、ここぞとばかりに連日連夜他の遊びに勤しんでいた私は、当然試験勉強などやっているはずがありませんでした。

中3の時はやんちゃ(というか思春期真っ只中のただのバカ)だったため、授業もロクに聞いていませんでした。

前日になってノートを取っていなかったという当たり前の事実に気づき、大口君のノートをコピーして持って帰ってはいたのですが、前日の夜にもやるはずもなく、当日の朝、大口ノートを穴が開くほど見つめ、良くわからなければ大口君に聞いたりしていたのです。

ここで、全く勉強をやっていなかったけれども成績はTOPクラスとかだとカッコイイのですが、そんなドラマみたいな話があるはずもなく、現実は平均点位でした。

しかし、あれだけ何もやらずに平均というのは、自分で言うのも何ですが結構すごい方だと思います。が、冷静に考えたら完全に大口ノートと大口レクチャーのおかげなので、どんな人間でもあの環境があればそのくらい取れるのは間違いないでしょう。

ではカッシーが大口ノートを必死に一時記憶している間に、大口君は何をしていたのでしょうか。

彼も当然勉強していました。


が、彼が見ているのは大口ノートではなかったのです。

ちらっと覗き込んだのですが、何やらB5のルーズリーフ2ページ分位に箇条書きで何かが書いてありました。


・~が~する場合は○○というミスが起こりやすいので注意!

・~をよくチェックしておかないと△△で間違えやすい!


こ、こいつ…


ミスが起きる可能性を全部まとめていやがる!


ちなみに上記のような技術的なものから


・問題文を落ち着いてよく読む!

・計算はあせらない!


のような精神的なことまで書いてあって、それをずーっと見ていました。(たまにカッシーの質問に答える)


ああ、ちょっとこいつは


レベルが違うな^^;


というのを痛感した瞬間でした。

そういえば彼は以前私が記事で書いたあの武蔵オープンで1位を取っていた人物でした。


ミスは誰にでもある。


確かにその通りです。ただ、ミスったと大騒ぎする生徒程、そのミスをケアするための努力はしていないように思います。

普段からミスをケアする努力をしている人間は、実際にミスをしたら自分の実力不足だと思うはずです。



少なくとも大口君はそうだと思います。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


↓ついでにこっちも!

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

こんにちは。
いつも楽しく拝見してます(*^^*)

大口さんは、精神的注意点もノートに書いちゃうんですねっ❗
そういうところですね。凡人と出来る人の違いは。

昔学生の時、ちっちゃな電卓を3DSのように両手で持って、ものすごい速さで打てるお友達がいましたが、彼女も毎日毎日よく飽きもせず電卓を押していました。そして彼女は学年で数学はトップクラスでした。


逸脱してる人は人の考えつかないようなことも大切にするものなのかも知れませんね

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>>まま さん
こちらこそ、ありがとうございます!

アレを見た時はびっくりしましたね。

彼は変なところは全くなかったのですが、本当に真面目な人物でしたよ!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR