FC2ブログ

偏差値60以下で中学受験する意味は?

衝撃的なタイトルですが、このタイトルは私がつけたものではありません。

数年前にヤフー知恵袋で見た質問を思い出したので、それについて記事にしてみます。

以下引用

----------------------------------------------
偏差値60以下で中学受験する意味は?

挑発的な質問の仕方ですみません。いろいろな意見を伺いたくて、あえて大変不躾な質問の書き方をしました。ここでいう偏差値は、四谷大塚の偏差値、と理解してください。サピックスよりはレベルが落ちるが、首都圏模試よりはレベルが上、そんなテストでの偏差値60です。

なぜ伺いたいかというと、四谷の模試で偏差値59とか出せるなら、あえて新興私学に入らなくても、3年後に公立中から地元トップの公立高に合格できるんじゃないでしょうか。

例えば東京都内の男子なら、早稲田中から城北レベルなら私立に行く意味はあるけど、同じ城北でも城北埼玉に中学から行かせる意味ってあるのかよ、みたいな。

城北埼玉中に受かる子なら、3年後に、うまくいけば浦和高校に。最悪でも川越高校なら楽勝で受かるだろ、みたいな。

中学受験を目指して、塾通いするのは大賛成です。結局、都立日比谷も都立西も、県立浦和も県立千葉も、受かっている子のほとんどは中学受験経験者ですから。

ただ、私は、「せっかく中学受験の勉強をしたんだから、受かる学校にどこでも行かなきゃ損だよね」とは思えないんです。あえて刺激的な表現をしますが、高い年学費を払って新興私学に通わせるなら、公立でリトライして公立トップ高校を狙う方が、人生が豊かになると思うんですよね。

公立中で塾通いする費用で私立の学費が出るから、なんていう回答は求めていません。今時、新興私学に通うだけで国立・早慶レベルの大学にすんなり入れる、だなんて、誰も信じちゃいませんから。今年の入試で開成や筑駒に受かった子は、もうすでに「鉄緑会」とかに申し込んで、ガシガシ勉強していますし。

なぜ、中堅ちょい上、くらいの私立に行かせるのか。どんな意味があるのか。男女別学の場合、13歳から異性と隔離して、恋愛偏差値の低い子を作ってしまいはしないか。

いろいろな意見を聞かせてください。


yahoo知恵袋元記事(クリックで飛べます)
----------------------------------------------


本当に遠慮なくぶっちゃけたなという質問です。個人的にこういう直球の質問は好きですね!面談等でしてくる方はあまりいませんけれども^^;


みなさんはこの質問を読んでどう思いましたか?


色んな意見があると思いますが、私の考えを少し書いてみます。その前に、まずは質問に関しての突っ込みからいきます!

文面から察するに、多分この方は「行かせる意味は特にない」という考えを持っていらっしゃって、その上で「ちょっと反論してみてよ」というスタンスなんだと思います。

ただ、偏差値に関して若干の認識不足があるような無いような^^;

まず、四谷偏差値で59あれば、結構良い確率で60前半の学校に合格できます。

次に1日校でチャンス1回の学校のようにほぼ全員第一志望という学校でない限り、偏差値60の学校に入学するほとんどの生徒は偏差値50台です。

最後に60以上の子というのは正規分布だと約15~16%になりますので、もし60未満の子がその考えに賛同をして全員受験しなかったら、上位約8%が偏差値50になります。そうなったらどうなるのでしょうか。若干の矛盾をはらんでいます。

つまり、このテーマは初めから偏差値という指標で話をしてはいけなかったわけです(わかりやすい指標なので使ったのでしょうが)。ただ、質問者様はしっかりしていて具体的な学校名が出ています。しかし59あれば数年前だとしても城北は余裕で合格できますので、その点は…。


と、まぁ細かい突っ込みどころはあるものの、前半部分を読んでいて「そういう考えもありだよね!」って思っていたのですが、後半あたりからは「あれっ」と思うことが。



費用のくだりは、なぜ筑駒開成が出てきたのかが正直良くわからなかったのですが

「筑駒、開成だって中1から塾通いして良い大学に入っている」
「中堅レベルの学校の勉強だけでその子達と同レベルの大学へ行けるわけないから、結局中1から塾通いしないといけない」
「結果ダブルで費用がかかってしまうため、費用が変わらない等ということはない」

こういうことが言いたかったんでしょうか?間違えて解釈しているかもしれませんが…。

中堅上位の学校ならば、中学生のうちは学校の勉強だけしっかりやっていれば良いような気がするのですが…。それで上位の位置にいれば十分良い大学へ行けます。大学の実績を上げたい学校が多いですから、ほとんどの学校で先生達のサポート体制は整っているはずです。

ただし、これまでにどういう勉強をしてきたかにもよるかもしれませんね。量は少なくても1問をじっくり深く理解する習慣があれば学校の勉強だけで良いかもしれませんが、大量に課題を与えられてそれをこなすという勉強がしみついているのでしたら、先生達に別課題をもらうか(そこまでやってくれればですが)、やはり塾通いをして課題を与えられる必要があるのかもしれません。

まぁ、別の話になりそうなので止めておきますね^^;

そもそも開成、筑駒に受かって鉄緑に中1から入ってバリバリやっている子と、城北レベルに入れなかった子を勉強面で比較して何の意味があるんだろうという疑問は残りますね。(なんだかものすごく疲れそうな人生を送ってそう…)



もう1つは高校受験でリベンジを目標とした塾通い中心の中学生活にしようとしているにもかかわらず、恋愛偏差値を気にしている点。

開成、筑駒連中に追いつくため塾通いしながら、成績最上位キープ。当然趣味や部活もあるでしょう。その上で彼氏、彼女を作り恋愛も充実し、休日はデート。

すばらしい!(最高の人生ですね!)



そんだけハイスペックなら城北は落とさないんじゃ…


男子校や女子校に入ってもちゃんと機会はあります。他校の文化祭に行きまくって友達をたくさん作った後、遊びに行ったり合コン(中高生らしくマックとかカラオケで笑)をしたりすればいくらでも可能です。

こういう方法もあるわけですから、積極性があってコミュ力があれば共学か別学かはまるで関係ありません。実際別学でも少数派ですがこういうことをやっています。

反対に消極的でコミュ力のない場合は確かに共学じゃないと機会がありませんね。ただ、そういう場合はよっぽど容姿が良くないと共学でも何のイベントも発生せず6年過ごして終わりだと思います。

ということは消極的でコミュ力は無いが容姿は良い子だけは、別学になると恋愛偏差値面で遅れをとることになりそうですが、正直容姿が良ければ大学からでも十分色んな経験が積めますから(それはもう十分すぎる程に)、わが子の恋愛偏差値を心配する必要は全くありません。(むしろ別の面を心配しないといけませんね!)


あ、ちなみにカッシーがどういうタイプだったですか?

別学でしたが機会はありましたよ。それはもう相当。



確率は

あまり

触れない



下さい。



話を戻します



と、まあ部分的に「あれっ?」と思うことはありましたが、全体を通して感じたある違和感に比べればささいなことでした。



かなり長くなってしまったので次回に続きます。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR