FC2ブログ

偏差値60以下で中学受験する意味は?2

アントレは春期講習1週間前だというのに塾を閉めるという愚行を犯しているわけですが(直前の申込みとかあったりするんです)、休む時は休む。それが良い所だと思います。

皆さんは授業準備大丈夫でしょうか?

「とりあえず行くだけ」

というのをやっていると、学習効果ガタ落ちしますよ!(脅し)

---------------------------------------------

前回の続きです。


一番感じた全体への違和感は子供の意思についてどこにも書かれていないことです。

高校受験でリベンジというのは、本人の気持ちが入っているのかどうかで大分違うと思うんですよね。

中高の多感な6年間を過ごす中で何か熱中できるものがいくつか見つかれば、それが人格形成に大いに影響を与えることになりますし、そしてそれを共有する仲間ができたりすると一生の仲間になったりすることが多いわけです。

その熱中できるものの一部が大体は部活だったりするものですが、それが勉強だって全く構わないわけで、そういう気持ちで必死になってやれるのなら、むしろ高校受験の選択はアリでしょう。

しかし、本人が中学受験をやりきったことで完全に疲弊しきっており

「希望の中学ではなかったけれども受かった中学に行きたい。またすぐ受験というのはしたくない」

と思っているのに

「公立トップ高校を狙う方が人生が豊かになると思う」

という親の意見だけで再トライをさせるのはどうなんでしょう。大人になった時にその有り難味がわかるという意見もありそうですが、個人的にはどうかなーと思います。そのくらい中高の生活って大事だと思っています。

こういうご家庭の難しい所は、日頃から上記のようなセリフを言うことが多いので、子供は口が裂けても

「希望の中学ではなかったけれども行きたい」

とは言えません。親の意見が強かったり、子供が大人しいタイプであればあるほどそういう傾向にあります。

お金もかかりますしね…接しているとわかるのですが、意外と彼らもお金のことを考えてます。

また、自分が落ちて悔しいというより、親の期待に応えられなかった、悲しませてしまった、という罪悪感の方が大きいですから、選択肢はありません。

ちょっとこれはかわいそうかなーという気が…本人が本当はどう思っているのかをしっかり見極めた方が良いように思います。



ただ、なんだかんだで充実した中学生活を送りながら高校受験も上手く行ったということもあるので、結局やってみなければわからないというのが本当の所かもしれませんけどね!(今までのは何だったんだという締め方)



これが中学受験と高校受験併設の塾ならどういうトークをするのか、非常に興味がありますね。

アントレは中学受験のみなので、思ったことを言いたい放題言えるのが好きです!



良い所でもあり悪い所でもありますけどね^^;



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

併設型です。
この考え自体は、わからなくはないんですが、やや実態とずれている印象ですね。
確かに、偏差値や城北受かるかどうかという視点で見れば、学力的に公立上位校には充分です。しかし、内申点という観点が抜けています。公立上位校であれば男子といえども、理想はオール5、少なくとも通知表の平均4.5くらい必要です。内申点自体は、もちろん当日点で逆転も可能ですし、努力して向上も可能なんですが、学校格差や教師との相性によって左右される、運の要素も否めません。
また、(素人なんで仕方ないですが)受験の事情もよくわかっていないようです。
たとえば、都立最上位の日比谷、西であればおそらく満足の行く高校なんでしょうが、そこからワンランク下げると??ツーランク下げると??都立改革の結果、最上位の都立は伸びましたが、地域で二番手くらい「中の上」くらいの都立高校はかえってパワーダウンしてしまいました。

また、いわゆる抑えの学校にも難儀します。日比谷レベルの都立高校を軸にすると、開成、早慶の附属、国立附属などが併願先になりますが、「抑え」と考えて、さらに男子校はいやとか附属はいやとかになっていくと、錦城とか淑徳が抑えになります。(ひばりヶ丘近辺で挙げてみました)

この質問者の方が、国立早慶へ行かせたい、そこから逆算してそういう進学実績のある学校へ進ませたい、ならばかえって高校入試の方がリスキーですね。

なんだか趣旨とずれて申し訳ありません、逆に「どうしても共学がいい」とか「どうしても大学附属がいい」とかならば高校入試がお勧めなんですけどね。

こんな高校入試事情もありますので、併設型の塾だからといって無理に高校入試を勧めることもないと思います。

No title

中学受験をする家庭の考えが、皆、一緒ではないですよね。
公立中高一貫、私立でも違いますし。
6年生の1年間だけ勉強させてそこまではのびのびさせたいという家庭もあって、そんなに偏差値の高いところでなくていいと。
私立の、その学校の校風に惹かれて、難関校から比べたら偏差値は低いかもしれないけど通わせたいと。
考え方は人それぞれですね。

No title

>>通行人 さん
そうなんですよね。疑問に思う点は多々あります^^;

内申点に関しては私自信が指導をしたことが無いので、そこまで詳しくはわかりませんが、おっしゃる通りだと思います。

中学受験は共学進学校の選択肢が少ない(ほとんど大学附属)というのがありますから、そういう観点で高校受験ならわからなくもありませんね…。

併設型の塾からの貴重なご意見ありがとうございました!




>>ななし さん
その通りだと思います。

色んな価値観があって良いと思うのですが、指導員の立場としては偏差値だけではなく、校風やその子の実力に合ったところを選んで欲しいって思うんですよね。入った後の様子が見えちゃうもんですから…。

もちろん偏差値も大事ですが、決める要素が色々ある中の1つでしかないので、もう少し重要度を薄めて欲しいですね。
プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR