FC2ブログ

Rapid math

ブログの写真の顔が気持ち悪いので、変えました。撮る前に言ってくれれば整形してきたのに、突然撮るから困ったものです。

さて、ふと今年の卒業生のことを考えていたら、計算Flashゲームを思い出しました。Rapid mathというゲームなんですけれども、一言で言えば、計算結果を黙々と打ち込んでいくだけのク○ゲーです。なぜか今年の卒業生の男子達に人気で、息抜きにたまーに4Fでやらせてあげました(1人1回程)。


Rapid math(←をクリックで移動)
※プレイはおそらくPCじゃないとダメで、やるならテンキーがあると良いです。全角だとEnterを押さないといけないので、半角入力にして下さい。

どうみても○ソゲーなんですけれども、初めてやった時に意外とハマってしまって、

「ちょっと待て、今のはわかってた!わかってたけど打ち間違えたんだよおぉぉ!」

などと誰も聞いていないのに1人で言い訳しながら、

「あーもう!よし、これでラス1!」

と言ってから5回くらいのラス1をやり、ようやく終えられた記憶があります。

やればすぐにわかるのですが、簡単に説明しますと、制限時間が10秒間で、その間に10問連続正解しなければいけません。1問正解するごとにタイムが少し回復するので実際もう少し余裕はあります。1セット終わるとタイムが完全に回復し、また10秒の猶予がもらえます。始めはかなり簡単な計算ですが、正解が増えてくるとレベルが上がっていき、少しずつ計算が難しくなります。おそらくレベル11で難易度が上限に達し(評価A+)、それ以降はずっと同じ難易度です。

どこかでゴールがあるのかもしれませんが、説明がどこにもないのでわかりません。レベル50を過ぎてもゴールの気配が全くないので、多分エンドレスです。ちなみに、初めは全く気づかなかったのですが、レベルが上がるごとに回復量が減っていきます。動画を撮って自分で調べたところ(オタク気質なんで)、レベル1だとほぼ1秒位、難易度上限のレベル11だと0.5秒位、レベル30で0.3秒位でした。

去年の生徒達はたしかレベル8が最高でした。


ふふふ、まだまだだな!(←大人げない)


正直これをやったからといって受験に役立つかと言われれば、まるで役に立ちません。何も考えずにただやっているだけでしたら、せいぜい打ち込み速度が速くなるだけでしょう。しかし「計算をどうやって工夫すればよいか」というところまで本気で考えることがもしできたのならば、計算というものに対しての見方が今までとガラッと変わるはずです。そのきっかけになったのならば、意味があるかもしれません。

ゲームとテレビは受験生の親の悩みの種ですので、こんなものをブログで紹介するなとお叱りを受けそうで恐ろしいです!ですからハマりそうな子にはこの記事を見せないで下さいね^^

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR