FC2ブログ

武蔵とその周辺の話2

続きです。

武蔵と言えば江古田駅と思うのですが、武蔵学園自体、実は桜台駅と江古田駅の中間に位置します。

musashi1234.jpg

中高の門は東門と呼ばれ、東側にあるので江古田が近いです。桜台から行くと倍近く歩くことになります。

大学門の正門は中間より微妙に江古田寄りになっておりますが、電車に乗っている時間を考えると、下り側に住んでいる人は桜台で降りても時間的にはほとんど変わりません。

見てお分かりのとおり、武蔵は広いです。募集人数が他の上位校の半分にも関わらず、敷地が倍近くあります。ちなみに川を挟んで東側が大学で、西側が中高です。(中高の方が広い!)


高い施設費の大半の理由はこれですね^^


あ、そうそう、柵の話です。


中学の頃でしょうか。1限目が体育だった曜日がありまして、普段のように東門から歩いて体育館へ向かっている時、ふと思いました。


正門から行った方が近いんじゃ…?


今でこそgoogle mapという神ツールがありますが、昔はそんなものが無かったので、その日に大学の図書館へ行って地図を見ました。



うーん、あまり変わらない…

しかし、残念ながら「変わらない」という結論で納得できる人間ではないため、実際に試してみました。

私は田舎下り方面に住んでおりましたので、西武池袋線で桜台→江古田と進みます。

ですから、「桜台で電車の扉が開いた瞬間」から計測し始め、「体育館の入り口に到着」でストップ。

もし、30秒以上の差があれば桜台案を採用し、ほとんど変わらないのであれば、歩く時間の関係で従来のまま江古田から行くことに決めました。

しかし、こういう実験は気をつけなければいけません。

桜台の方が近いんじゃないかということに気づいたことが嬉しくて、それが事実であって欲しいがために、ついつい桜台から歩くスピードが上がってしまったりするからです。ですから、一応歩数もカウントしました。


というわけで実験開始


桜台で降りてから歩き、学園の角に到着し、歩数と時間を計りながら正門に向かって柵の横を歩いている時のことでした。


あれ…


ちょっとまてよ…


これ、柵こえたらめっちゃ早いんじゃね…?


もう一度MAPを確認しました。


musashi123.jpg



圧倒的ではないか!


もはや計測するまでもありません。

部活でも体育館を使うので、夏休み中等に重宝します。これはもう自分の中では世紀の大発見と言って良いほどでした。


そこからカッシーの柵ごえライフが始まりました。

武蔵の柵をこえる速さならば誰にも負けない自信があります。

ポイントは踏み切り後の上昇速度を維持するために、適度なタイミングで壁を蹴ることです。(意味不明)

この場合、着地は高い所からになるので、膝をやわらかく使い衝撃を吸収しましょう。

それが怖ければドラマで見せたタッキーのように、ゆっくりこえて下さいね^^



高校2年位の頃でしょうか。柵ごえのプロ(自称)と呼ばれる程に成長したカッシーは、完全に調子に乗っていました。

そんなある日のことです。

致命的なミスを犯してしまいました。

完全に気を抜いていた私は、その様子をたまたま体育館側を歩いていた守衛に見られてしまったのです。


つづく



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

頑張ってねー❗️

No title

>>ななし さん
はーい^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>>??? さん
記事UPしました^^

ありがとうございます。まったり更新ですが、よろしくお願いします!
プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR