FC2ブログ

模試のデータ分析

夏期講習も最終クールに突入しました。

アントレの講習は25日間と長いです。

大手塾では


夏期講習(短め)+夏期なんとか特訓(一週間)


みたいな形が流行っているらしいですね。うまいことやるなーと思います。(色々な意味で)


アントレも見習おうかなぁ!





まぁ、それはおいといて…。


先月、前回の合不合判定テストの答案を生徒達に持ってきてもらいました。まだ未提出の生徒もおりますが、それなりの数が集まりました。

塾は偏差値、順位等はわかるのですが、生徒の答案は管理できません。

今年から現物は返してくれずにweb上のデータ表示のみとなったらしく、印刷の手間をかけさせてしまい申し訳ありませんでした。



こういうことをやるのは大体私です^^;

自分の直感とか印象は大事ですしそれを重視することもありますが、指導内容に関してはそれをあまり信じていないので、どうしてもデータに頼りたいのです。



さて、今回特に見たかったのは理科でして、目的としては後期の指導と来年度以降の指導に役立てるためです。

どういう風に分析しているかですが、せっかくなので一部だけ公開してみます。

gouhan20162.jpg
※名前は白抜きにしてあります。





全 然 わ か ら ん


というわけで拡大します。


gouhan201621.jpg


全クラス分ありますが、自分が担任であるSクラスの一部分だけ載せてみました。

見方を説明します。「中和」の4番を見て下さい。

受験者正答率(男女平均)は64.9%で、Sクラス平均は100%です。一番下の段はその差を取ったもので、受験者正答率を下回っているものは「星の動き」の2番のように赤く表示されます。



注目して欲しいのは中和の5番、6番の計算問題です。

受験者の正答率がそれぞれ10%台なのに対し、Sクラス正答率は90%台、70%台

化学の計算の指導法は生徒達にマッチしており、理解が深いことがわかります。現行のままでOKです。



ただし、星の動きは受験者平均を上回っているとはいえ圧倒的というわけではありません。理解が浅い証拠です。

特に赤字がついている2番なんかは来年度以降授業で組み込んでいかなければいけない所です。



このデータを確認してから夏期講習に入っておりますので、Sクラスの授業の中で化学の計算部分の解説はサラッとやり問題数を稼ぎ、天体部分の解説はより丁寧にして理解を深めました。


残念なことにクラスによっては赤字ばかりという単元もありますので、後期以降対策をとらなければいけません。





こんな感じで、たまーにですけれども


真面目に働いております^^



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>>??? さん
返信遅れてすいません!筆記用具だけで大丈夫です。
プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR