FC2ブログ

偏差値表は恐ろしい2

続きです。

個人的な考えですが、よっぽどクラス内で突出してライバル皆無な状態でもない限り、カリキュラムを追っている間は「目の前のこいつに勝ちたい」「このクラスで1番になりたい」とかで良いんじゃないかと思います。

考えてもみて下さい。

小学3年生で偏差値40以下を突き付けられて絶望を感じたり、偏差値70取って鼻高々になることに何か意味があるでしょうか。そもそも周りで本気になっている子が少ないその時期に、全体の中の自分の位置を知って何になるのでしょうか。

初めて模試を受けると模試慣れしていない子は点を取りづらいので、当然偏差値は低めに出ます。そういうところで焦りや不安を感じさせて、早期から塾に通わせるという点では良いのかもしれませんね(塾側としては^^)

「ウチは数字は数字としてドライに見ているから一喜一憂しない」という事をおっしゃる方もいると思いますが、わが子の偏差値に一喜一憂しない親なんて存在ないと思います。(多分!)



まあ、百歩譲って親はまだ良いです。

本人は変な自己評価を身に付けてしまうような気がします。

ある集団の中で過ごしていれば、その中で自分はこの位の位置だろうというのは何となくわかると思います。

例えばその集団で成績が下の方だったとします。何度か授業を一緒に受けていれば、その中で自分が出来る方ではないことなど自分がよくわかっているはずです。

その上、偏差値という形で数字として突きつけられます。

一度数字が出されると次の模試が来るまで「その偏差値の子」として過ごすことになります。

偏差値の数字でレッテル貼りをされるわけです。



上なら上で問題もあります。

本当に力がある子なら良いのですが、3年生のまだ周りが本気になっていない段階でバリバリやったことによって、偏差値70を取ったとします。

5年生になって周りが本気になって徐々に下がり始め(本人は変わらず努力している)、とうとう50台に。


まぁ、よくあるやつですね。


別に下がったわけでも何でもなく、周りが上がったから相対的に下がったように見えているだけです。

でも本人は70を取っていたというプライドが出来上がってしまっています。(親も)

今までも頑張っていたのに、成績が下がったということでさらに頑張らせます。しかし、それでも50台を維持するのが精一杯でしょう。

そんな状況にあと2年耐えられるんでしょうか。家庭内の雰囲気は考えたくもないですね^^;

本人の人格形成に影響が出ないか心配になります。



偏差値がわからないとしたら、3年の時には相対的に学力が高かったわけですから、周りの集団の中では優秀だったはずなのです。

しばらくは気持ちよく過ごせると思います。自己肯定感も養われ、自信もつくでしょう。

途中で抜かれていくとは思いますが、小さい集団の中なのでそれほど多数の子には抜かれません。相対的に上の方は維持できるはずです。

そして受験学年になり模試を受けた時、偏差値50台をとります。

「他の塾にはすごい奴がもっとたくさんいるんだなー。頑張ろう!」

もしくは

「調子こいてたけど、井の中の蛙だったか…」

これでいいんじゃないですかね。

少なくともみるみる減っていく数字を何年も見続けるより、ずっとマシだと思います。


というわけで、私は低学年のうちから偏差値偏差値騒ぐのはあまり好きではありませんが、そういうのが好きな方もいらっしゃいますからね。


まあ…


好きにすればいいと思います!
※結局これかい



最後に、偏差値表は学校選択の時に害悪っぷりを発揮します。

例えば偏差値53のA校と偏差値55のB校があり、両方受かる実力を持っていたとします。

校風、交通手段、入試問題との相性、全てA校に適性があり、そもそもA校が好きで第一志望としていました。

しかし、自分より成績がちょっと下の友達がB校を志望したとします。


「自分より下の子がB校を志望しているのに、自分はA校で満足してしまっていいんだろうか…」


などと無駄なことを考え始めます。偏差値表のほんのちょっとだけ下に位置しているという理由だけで。


さらにこれで両者合格なんてことになったら目も当てられません。

あんなに好きで自分が志望していたA校がなんだか価値の無いものに見えてしまうのです。

周りには「その友達の方が成績が下だったのに最後は逆転された」というわけのわからない評価をされることもあります。

真実はそうではないことを知っているのは自分だけですが、終わった後に

「本来B校も受かる実力があったんだけどねー」

なんて言うのもカッコ悪いわけです。


周りの目を気にしないという方は問題無いのですが、大多数は周りの目が気になります。(人間ですから)

こんなことならB校にしておけば良かったとか、終わったあと色々考えるわけです。





実にくだらないですよね^^;


この仕事をやり始めてそれなりに経ちますので、そういうことで悩みを抱えたお母様を結構見てきています。

我々から見れば本当にくだらないことなのですが、世間体を気にされるお母様にとっては大事なことなんです。

そういう時は、塾がいくらでも操作できる偏差値表がいかにくだらないものなのかを話すのですが、やっぱりすぐには受け入れられないんですよね。

わが子が4月から学校に通い始め、友達も出来、楽しそうに通っている顔を見て「やっぱりこの学校で良かったよね」となるまで、その意味を本心から理解できないんです。


やっぱり恐ろしいですね偏差値表。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>>??? さん
いくらでもやれますよ!あんまり書くと色々まずいので書きませんけど^o^

本当は説明会なり文化祭に行きながら、かつ塾の先生に相談して適性に合った学校を選べるといいのでしょうけど。行きたい学校と行ける学校を抑えて、本人の適性を考えなければいけませんね。行ったら魅力を感じた学校はいくつもありましたが、伝統ある学校だとなおさらエッジが効いてますし

No title

>>ななし さん
そういう決め方が出来ると良いですね。少なくとも数字の大小だけで決めて欲しくは無いです。

数字のバイアスがかかっている状態で話を聞いたり学校の雰囲気を見るのも本当はどうかと思うんですけれども、こればっかりは仕方ないですね笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>>???さん
学校のことを良く知らない人ほど言ってきますから気を付けたいですね^^
お父様については…それはお母様の仕事です笑
プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR