FC2ブログ

小規模塾のお母様からの相談1

ご相談コメントからの記事となります。

6年生のお子様を小規模塾に通わせているお母様からです。

特定されるのはまずいとのことで、コメント内容を簡単に要約してみます。


①塾からは模試を受けてもどうせ結果は出ないので、受ける必要はないと言われている。

②試しにこっそり受けたら他の生徒も受けていて、みんな惨憺たる結果だった。

③かなり偏差値が離れていても合格できるから大丈夫と言われている。

④過去問は第一志望しかやらなくて良いと言われおり、〇つけはしてくれるが解説は無い。

⑤その際出来ていないことはわかっているはずだが、それに対するアドバイスも電話がけも無い。

⑥不安で相談したいが、面談はしづらい雰囲気。


ほとんどコメントそのままですが、小さい塾なんてたくさんありますので特定に関しては大丈夫ですよ^^


多分





はい、内容ですけれども、読んだだけでお母様の不安が伝わってきました。


ただですね…ご相談に乗る前に

冒頭に「我が子の通う塾小さい塾です」という一文があったのですが、

一応生徒達には


「アントレはグローバル企業で日本では展開が遅れており、まだ2教室だけ」


という風に教えております。

このままでは私が嘘つき呼ばわりされてしまうので、ここはしっかりと言っておきたいですね!

まあ、他の国でも展開が遅いのでまだ教室はないんですけど。





はい


とりあえず①②についてですが、うーん、難しいところですね。

どうせ結果は出ないというのは「学力が足りて無いから」以外の理由もあるんですよね。

その塾のことは何も知らないので、アントレを例に挙げてお話します。


例えばアントレの算数テストは全クラス1番の計算と小問集合以外、全ての問題で式・考え方を書かせます。答えのみでは得点になりません。

全ての問題で部分点が設定されており、クラスによっては試験時間も60分たっぷりあるため、時間を掛けて答案を作成できます。結果よりも過程を評価するテストとなっております。

また、難易度もクラスに合わせて作られているので、簡単すぎる問題と難しすぎる問題は1問も載っておらず、捨て問という概念がありません。

その一方で四谷の合判に代表されるような模試はその正反対の性質を持っているものです。

・時間に対して問題量が多い
・かなり簡単なものからかなり難しいものまで入っている。
・答えのみ

一般的な模試とは正反対のテストを4~5年の2年間でひたすらやっているわけですから、地力があって対応力のある生徒でない限り、塾内での出来に比べてすぐに結果が出るわけがありません。

しかもライバルとなるのは、模試のようなテストに慣れている他塾の生徒です。偏差値は相対的なものですから、さらに不利になります。

実際自分が担当しているSクラスの生徒でも、「あれ?」っていう偏差値を取ることがあります。明らかに地力に比べて数字が低いのです。

しかし、S、W、Y等の学校別テスト等を受けさせると、毎年のように何人もの生徒が算数で1ケタ順位をもぎ取ってきます。

当然と言えば当然です。元々力がある上に、そういうテストをずっとやってきたわけですから。

合判の数字に比べて明らかに良い結果を出すので、この間生徒に


「アントレってすごいんだなー」


と言われましたが


「関係ないよ。自分が頑張ったからじゃないの?(キリッ」


としっかりカッコつけておきました。





ちょっと話が自画自賛方向へ向かってしまっているので修正しますね^^;


算数だけではありません。

例えば社会に関しても、先日、4月の四谷の合判を担当でもないのに何故か全問分析してみました。

すると、資料から読み解く1問を除いて、残りの98点分全て予習シリーズに載っている所からほとんどそのまま出題されていました。

しかも100点中56点分が太字になっているところからの出題です。

つまり、予習シリーズをメイン教材として使用し、それだけひたすらやっている生徒が有利になるように作られています。

たまにサピのテストを受ける生徒が問題を持ってくるのですが、知識部分での難易度レベルに対して明らかに全体正答率が高すぎるところがあったりします。


「これはシリーズには載っていないけど、サピ生は授業で扱った所なんだろうなー」


と思って流しています。

当然サピ生が四谷のテストを受けたら逆もあるわけで、よくあることです。



というわけで、よっぽど地力が無い限り、算数の指導法がアントレに近かったり、社会も予習シリーズメインでなければ、四谷の合判で結果が出ないというのは決して間違いではありません。

中途半端に1、2回受ける位でしたらショックを受けるだけですので、受けない方がいいかもしれませんね。

アントレの生徒達はもう4回受けておりますのでいい加減慣れてきたのでしょうけれども、それでも「算数はもっと取れていいのになぁ…」と思うことはあります。

余談ですが四谷の算数テストは(というか一般的な模試では)150点中120点近辺を取る子の選別が上手くできていないように思います。これ以上はスピードと正確性が高い子が上に抜けていきます。

思考力があり、上位校の入試問題のようなタイプの問題をしっかり解いていく生徒は、120点あたりに壁があるように思います。





あ、ウチには関係なかった


って思った人続出ですね(^o^;)


話を戻しまして、その塾に対してちょっと穿った見方をしてしまうと、


「力がついていないのがバレると面倒だし、模試の結果で一喜一憂するお母様方(この場合ほぼ一憂の方)の相手をするのが面倒だから」


という理由で言っている可能性もありますが、まともに塾経営をしていてそれなりに情熱を持って教えているならば、そういうことは恐らく無いと思います。

こればっかりはその塾のことを知らないので何とも言えません!


結局、その塾長を信用できるかどうかじゃないですかね。



①、②だけで長くなってしまいました。(まあ、いつものことですね^^)

続きは次回にします。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>>???さん(01:49)
私も仕事柄その位の時間が落ち着きます笑
体調崩さないようにしてくださいね。

冠クラスがなければ基本的に過去問の出来で判断することになりますが、それはまた次の記事で!

なるほど…ただ大手に入れたからといって上手くいったとも限りませんし、もっと酷くなっていた可能性もあります。

どのみちもう転塾等は無理ですし、今の状況は変えられませんから、進んで行くしかありません。この状況をあまり悲観しすぎないようにして下さいね。お母様の不安な気持ちが子供に伝わることはあまり良いことではありません。

是非面談した方が良いように思います。先生には多少不安な気持ちをぶつけちゃって良いです!(お聞きした感じ「不満」はNGかもしれませんね笑)

こちらこそ、お役に立てて嬉しいです。よろしくお願いします。



>>??? さん(17:21)
OH MY GOD!!

いやー、そんなことがあるとは…^^;

今後はうまくやります!申し訳ありません;;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>>??? さん
1月校ですね。受けた方が良いと思います。

大手塾の応援団が門の前にダーッといるところを通るのが、2月1日に初めてというのは子供によっては圧倒されてしまうこともあります。

通うつもりの無い学校を受ける際には合格できる可能性が高いところが良いです。

というのも、1月校はほとんどの塾のクラスメイトは受けるでしょうし、1月中は「〇〇受かった」みたいな話が多く飛び交います。子供によっては疎外感を感じることもあります。

また、例え合格可能性が高かったところでも、1つマルを貰えていれば自信にもなって、残り3週間近くの学習がはかどることもあります。

今の1月校は一部の上位を除いて、複数回受ければ偏差値が届いていなくてもかなり高い可能性で合格できます。

お子様の学力がわかりませんので具体的にはどの学校が良いとかは言えないため、塾の先生に相談してみて下さいね。きっと最適な学校を勧めてくれるはずですよ!
プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR