FC2ブログ

受験勉強と行動経済学2

続きです。

「答える時のポイントは3秒以内に答えること」

「OK、即答します!」

「ではいきます」

「(ゴクリッ)」

「箱が3つあり、当たりは1つです。まず、あなたはその中から1つを選びます」

「ふむ」

「次に選ばなかった2つのうち、1つを空けて外れを教えてくれました」

「…(モンティ・ホール問題かな)」

「あなたは自分が空ける箱を、残ったもう1つの箱に変更することができます。変更しますか?しませんか?はい、3…2…1…」

「あー待った待った!」

「?」

「1つだけ質問良い?時間稼ぎしているわけじゃなくて、その質問の答えを聞いたら即答する」

「なに?」

「その外れって『外れを空けた』の?それとも『空けたら外れ』だったの?」

「えっと…『外れを空けた』でいいかな」

「ああ、そんじゃ『箱を変更する』よ」

「うん、正解。一応理由聞いていい?」

「残った方が2/3の確率で当たりだから」

「すごいね。え、この問題知ってた?」

「モンティ・ホール問題だよね。よく数学者とかで意見が分かれたって言うけど、あれって絶対カッシーが質問で聞いたような前提条件をキチンと説明していなかったからだよね。ベイズの定理の初歩で間違える数学者とかおらんでしょ…笑」


多分こんなやり取りだったはずです。

問題を出している知人はこのブログの存在を知っているので、会話内容はほぼそのままで書いています。(そんなこと言ってないとか後で文句言われそうなので笑)

これは有名な問題で元々知っていたため、全く頭を使わずに答えを言うことができました。

これではシステム1(直感的)とシステム2(合理的)の判定はできませんね。


「じゃあ、次いくね」

「ほい」

「5台のトラックで5個の穴を掘るのに5時間かかります」

「ふむ」

「では100台のトラックで100個の穴を掘るのには何時間かかりますか」

「5時間」

「…」

「いやー、すまんね。空気読めなくて」

「…正解。すごいね」


実際はすごくも何ともありません。

というのも、これはただの仕事算で、普段から生徒に教えている内容だからです。(5年生で習います)


「じゃあ、次行くね」

「ほい」

「A、B2つの商品があって、合わせると200円でした」

「ふむ」

「AはBより10円高いです。Aはいくらでしょう」

「105円」

「…」

「いやー、すまんね。空気読めなくて」

「…正解。すごいね」


実際はすごくも何ともありません。

というのも、これはただの和差算で、普段から生徒に教えている内容だからです。(3、4年生で習います)


他にも問題があった気がしましたけど、こんな感じで全部終わりました。

大体1秒以内で答えた気がします。

というわけで、カッシーはシステム2で考える人間という認定をされてしまいました。



さて、これらのやりとりから何を伝えたかったのかを書きます。

全て答えられたことを自慢したいわけでも、合理的な人間であることをアピールしたかったわけでもありません。

考えて欲しいのは、なぜ1秒以内に即答できたのかです。

システム2が機能していたにしては、明らかに答えを言うスピードが速すぎます。


答えは単純


その問題を知っていたから


もっと正確に言えば、問題を知っていたというより、その系統の問題の間違えパターンを知っていたからです。


例えば、最後の和差算の問題


よくある間違えパターンは、

200÷2=100

100+10=110

これです。

半分にしてから10円を足しちゃうやつで、生徒の間違えあるあるです。

3、4年生で初めて習うと、こう解く生徒はそれなりにいます。

繰り返し触れていくと間違える人数は段々と減っていき、高学年になればほぼ全員がまず間違えなくなります。

「この問題を知っている」

ではなく

「この問題はこう間違えることが多い」

まで行くと、問題に対する理解度や精度が1ランク上がります。


また、この問題を見て

「同種の間違えパターンで『PQ間を兄と弟で向かい合って同時に出発したら、中央より100mだけQ側ですれ違いました…(略)』という速さの問題があるよね」

というところまで連想できれば理解度や精度が2ランク上がります。(※上の例は2人の走った距離の差は100mではなく200mで、生徒の間違えあるあるです)

問題を深く理解するためには間違えパターンを知っておくというのはとても重要なのです。


しかし、こういったものは指導員という立場で千人近く教えてきて、数多くの間違えを見てきたからこそわかることです。

当然、生徒本人にはそんな機会は無いわけですから、どのように問題の理解度や精度のランクを上げればよいのでしょう。


続きます。


図解・ベイズ統計「超」入門 (サイエンス・アイ新書)
SBクリエイティブ (2017-09-14)
売り上げランキング: 4,264


↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

間違えパターンでいつも引っ掛かり間違えてしまう子はどうしたらいいものか。気がつくまで待たないといけませんかね。

No title

>>??? さん
直す気があるかどうかです。

「ミスした」

という認識しかないならば、慣れるまでひたすら繰り返すしかありません。直そうという意識があれば比較的すぐ直りますよ!(程度によりますが)
プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR