日本代表の戦い方を考える

先日のサッカー日本代表のポーランド戦ですが、最後のあの戦い方に賛否両論あるみたいですね。

知らない方もいらっしゃるかもしれませんので(ほとんどいなそうですが)簡単に説明しますと、

「グループリーグを突破するために最後の15分間を後ろでずっとパス回しした」

件についてです。

ちなみにその試合は0-1で負けている状態です。

ポーランドは勝っているので後ろでパス回しをしてくれれば勝手に勝ちが確定するので当然追いませんし、もし無駄に追って前がかりになったところをカウンターされ失点したら、1勝もせずに祖国に帰ることになってしまいます。

ポーランドが追わないのは当然です。


一方日本は負けを確定させにいきました。

その姿勢を叩かれているようです。


色んな意見がありますが、個人的にはこのパス回し作戦はめちゃくちゃ有りだと思いました。

それと同時にこう思いました。


これ条件整理の問題で使えるよね!
※職業病


---------------以下 ヒマな人だけ---------------


日本VSポーランド戦のこの後の展開は3通りです。

①日本が点を取る
②ポーランドが点を取る
③どちらも点を取らない

次にセネガルVSコロンビアのこの後の展開も3通りです。

④セネガルが点を取る
⑤コロンビアが点を取る
⑥どちらも点を取らない

そうなると3×3=9通りになります。(残り15分で複数点入ることはあまり高い確率ではないので除きます)

しかし、この9通りの組み合わせは厳密には平等ではありません。

例えば「15分である特定のチームが得点を入れる確率」と「15分でどちらも点を取らない確率」は等しく無いからです。

今回グループリーグ全体で122点の得点が入っておりますが、全部で48戦ありましたので


90分×48試合÷122≒35.4分/点


約35分で1点平均で、「ある特定のチームが」という条件がつくとその倍の約70分で1点平均になります。

つまり、先程の①~⑥の中で、③と⑥が起こる可能性が圧倒的に高いと言えます。

話を単純にするために ①1/4 ②1/4 ③1/2   ④1/4 ⑤1/4 ⑥1/2

このように設定します。

すると以下のように起こる確率を分類できます。(青字が敗退パターン)


③-⑥(1/4)

③-④(1/8)、③-⑤(1/8)、①-⑥(1/8)、②-⑥(1/8)

①-④(1/16)、①-⑤(1/16)、②-④(1/16)、②-⑤(1/16)


つまり5/16の確率で敗退します。

日本はパス回しをすることで③を確定させたので


③-⑥(1/2)

③-④(1/4)、③-⑤(1/4)


1/4の確率で敗退します。


---------------以上 ヒマな人用でした---------------



つまり、勝率が上がっているのです


これは「どちらも点が入らない」という確率を1/2に設定したからですが、この確率を上げれば上げるほど、勝率は上がります。

逆に全てフラットな確率として1/3ずつにしても、勝率は下がりません。


さらに付け加えると上の例は4ヵ国の力をフラットにしましたが、本当は他国の方が日本より地力があるという点を考慮しなければいけません。

現に残り15分でポーランドに負けていたわけで、①の確率は実際には低くなります。

そうなると①-④、①-⑤、①-⑥は可能性が低くなるので、③を確定させるのは大いにアリです。


つまり、勝ち上がるためには、日本代表は最良の選択をしたわけです。

素晴らしいですね!





そういえば書き終わって気づいたのですが


確率は中学受験の範囲外じゃん…




↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR