FC2ブログ

質問の処理の仕方1

6年生は過去問を解いていく時期になりました。

第一志望の過去問を解く時だけは目の色が変わるという生徒も多いでしょう。

気持ちの入った勉強をする生徒に対して、我々指導員が何を出来るのかを常に考えております。



この業界に入って2、3年の頃は赤本の質問がジャンジャン来ると、片っ端から受けていました。

「この問題がわからないから教えてー」

ときたら

「はいはい、これはね~」

という風に質問をどんどん処理していました。

その頃はまだ上位クラスを担当していなかったので、上位クラスの生徒が難関校の問題を質問に持ってきて、それをその場で解きながら教えるのも楽しかったですし、何しろ生徒の役に立ってる感じがたまらなく好きでした。

授業直前等で時間の無い時以外は預からずにその場で解決させるので、おそらく生徒の満足度も高かったと思います。


しかし、今考えればほとんど意味の無いことをしていたと思います。

顧客満足度を高めるという点で言えば大きな意味があったと思いますが、生徒の実力を伸ばしたり、得点力をつけさせる指導ではなかったと思います。


なぜ今はそのような指導をやめてしまったのかというと、その頃には見えなかったものが見えるようになり、考えもしなかったことを考えるようになった(なってしまった)からです。

いくつか例を挙げますと

①現在の質問者の実力と持ってきた問題のレベルはマッチしているのか。
②質問者が数ヶ月後それを自力で解けるようになるのか。
③質問者がその問題をどれだけ粘ってから持ってきたのか。
④質問者がその問題の解説を理解しようと努めたのか。


他にもたくさんあります。

これらを見極めるには「4年生頃から生徒を見て、2、3年後に卒業」というサイクルを何度か繰り返す必要があります。

これはどうしても指導暦が浅いと難しいところです。

「勉強を教える」ということに関しては、10年20年教えている指導員よりも優秀な学生講師の方がわかりやすかったり綺麗な解法で解くということも十分ありえます。

しかし、「この生徒が今度どういう成長をしていくのか」という予測に関しては、どうしても経験がものを言います。

過去卒業した生徒の中から似たようなタイプの数人と比較をして、その生徒達がこの時期どういう勉強法をしてどう育っていったのかを考え、先の予測を立てたり修正を加えたりします。

もちろん同じ人間ではありませんから100%予想通りになるわけではありませんが、精度としてはかなり高いものになります。


さて、話を戻して今回は上に挙げた①~④の話を膨らませてみます。


…と思いましたが、長くなりそうなので記事を分けます。

あまり日数を空けずに短い間隔で更新していきますので、よろしくお願いします!


↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR