FC2ブログ

質問の処理の仕方4

続きです。

例えば6年生の算数教材である四谷大塚の「四科のまとめ」は基本~標準レベルのその分野の核となる問題が並んでいる問題集です。

この1冊が完璧ならば、四谷偏差値60までは取れます。

算数の偏差値が40~55の生徒は、これを個別指導でやるのがとても有効です。(30台ならば白マークの問題だけで良いです)

しかし、現状はそういうオーダーをしてくるご家庭は少ないです。


「四科のまとめなら家でできる」


と、ほとんどのご家庭が考えるからです。

今ちょうど、アントレの生徒達は四科のまとめの小テストをしています。

範囲も狭く、問題は一切ひねらず、数字が変わっただけのテストです。

本当に家で出来ているならほとんどの生徒が満点に近い得点を取るはずですが、現状そうでない生徒が多いです。


「なぜこの子達は四まとの問題も満足に解けていないのに、個別でやらないんだろう…」


と思うのですが、案の定つい先日、個別指導の講師達数人に言われました。


「〇〇くんや〇〇さん、算数や理科の過去問の質問処理をひたすらやっているのですが、これやってる場合なんでしょうか…?」

「いや…本当はやってる場合じゃないんだけど」

「ですよね…」


しかし、ここで勝手に方針転換してしまうと「家で出来るようなことをやるために個別を取ったんじゃない」と言われてしまいます。

でも本当は「君のその問題に対する理解度はまだBだよ」と気づかせてくれている機会を与えてくれているわけで、1人では無理なことをやってくれているわけです。

本当はBがゴールになっていて得点力が不足している生徒にとっては非常に有用なのですが…実力をつけることと満足度を上げることは必ずしも一致しない現実があります。



個別指導の話をしましたが、質問でも同じです。

満足度を上げにいくのか、実力を上げにいくのか。

今はその場の満足度だけを上げにいくようなことは、めっきり減ってしまいました。



【③質問者がその問題をどれだけ粘ってから持ってきたのか。】
【④質問者がその問題の解説を理解しようと努めたのか。】

「この問題がよくわからなかったから質問に持ってきた」

「はいはい、じゃあまず問題読もうか。~で、~すると~」

「あ、そういうことか。わかったかも」

「…カッシー問題を読んだだけなんだが」


このように一緒に問題を読んであげるだけで解決することがよくあります。

最近はそういう空気を感じたら門前払いし、何度か自分で読ませます。


粘っていない問題を教えることほど不毛なことはありません。

大体は教えてから数日後にきれいさっぱり忘れてくれます。


「これってどういう意味なんだろう」と悶々としたり、「ちょっとよくわからないけれども、とりあえず指示された操作をやってみよう」というように粘りに粘ってそれでも解けなくて持ってきたものは、1つ引っ掛かりを外してあげると


「あー、もうわかった。あと自分でやってみたい」


大体こうなります。

そうなると教えてもらったことが一つだけですし、悔しさも相まって記憶に残りやすいです。


しかし、粘りもなく解説を最後まで要求してくるようなタイプは、大体が「ただ解説を聞いて満足したい」だけです。

酷いケースだと、紙に書いた問題だけ持ってきて


「この問題わからないから下(余白)に解説を書いて」


これだけ言ってきます。(失礼ですが転塾組に多い質問の仕方です)

質問内容の多くは授業でやった白板問題だったり、予習シリーズの問題です。

両方ともしっかり解説がついています。


「解説は読んだの?」


と聞くと大体は読んでいないと答えます。


「自分ではどこまで求めたの?」


と聞いても何も出てきません。

こういう生徒は冷たいですが、追い返します。

本当は教えてやりたいのですが、下手に答えてしまうと依存度が高くなり、今まで以上に自分の頭で考えなくなってしまいます。

まずは自分の頭で考える習慣をつけさせたいのです。


ただし


「自分ではここまで求められて、その後ができなくて解説を読んだんだけど、解説のこの部分の式の意味がわからない」


こういう質問には大歓迎で答えます。

しっかり自分の頭を使って考えた形跡があるため、教えた内容が頭に残る可能性が非常に高いからです。

時間があれば、その後最初から全部説明させ、教えた内容を円滑にアウトプットできるかどうかを確かめます。


こうなると、最初から何もわからないような問題は質問に行けないじゃないかと思われるかもしれませんが、質問が具体的なら大丈夫です。


「この図の意味がわからないからどうしようもない」

「問題の内容はわかるんだけど、初手で何をすればいいのかが全く浮かんでこない」


このような質問ならその部分だけ答えます。

そして残りは自分で考えさせます。


他には


「解説のやり方とは違うけれども、自分はこう考えてやってみた。ただ、このやり方だと答えが合わないんだけど、何で?」


こんな質問も最高ですね。

自分の勘違いポイントを直せるチャンスです。解決させれば必ず伸びます。


このように、質問内容はとにかくピンポイントで具体的にです。

それができれば自ら考える力がつき、徐々に質問も減っていくはずです。

質問の多かった生徒の質問の量が減ってくると、伸びはじめの兆候ともとれます。

C→B作業を粘って自力で行える力(理解力、読解力)がついたか、もしくはC→B作業という得点力に直結しない作業が減り、B→A作業に時間を割けているかのどちらかになったからです。




以上で、「質問の処理の仕方」シリーズは終わります。

このように、生徒達が問題に対し日頃どのような追いかけ方をしているのか、質問1つでわかってしまうものです。

ですから子供に対して


「わからなければ質問へ行きなさい」


だけではなく、質問内容の吟味まで一緒に出来るといいですね。

ただ、そうやって一緒に吟味していると、その最中に自力で解決してしまうこと等よくあります。

本当はそれが最高です。

誰かから教えられた「わかった」より、自分で気づいた「わかった」の方がよっぽど価値がありますから。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR