FC2ブログ

2019年 武蔵算数講評

もう書いちゃいますね。


去年色々あったので笑


難易度
A…絶対に正解しなければいけない問題
B…出来不出来が分かれる問題
C…正答率は低いが取れたらアドバンテージになる問題
D…時間をかけるだけ無駄な問題



【大問1】
(1)数の性質
ア~ウ.(難易度A)
これを落とすようではおしまいです。

エ.「逆数」というので「うっ」となった受験生も多かったかもしれませんが、冷静に考えれば□/160の□に、160の約数が入るということがわかるので、約数の和を160で割るだけです。気合いで全部足しても解けますが、解いたあとに「あ、そういうことだったのか…時間無駄にした」となる問題です。約数の和の簡単な求め方はありますが、12個でしたら知らなくてもそれほどロスは無いです。

この(1)は「この下に計算などを書いてもかまいません」とありますので、部分点はありません。


(2)数の性質(難易度B)
難易度だけならAですが、「初めて割り切れなくなるのは」という1文をしっかり読んでいないと間違えます。
この問われ方も塾に通っていれば「あるあるパターン」ですが、本番の緊張の中落ち着いて読めたかが問われます。



【大問2】
平面図形

(1)~(3)(難易度B~C)
去年に続き、2年連続で角度絡みの相似形利用の問題です。

この問題は中々評価が難しいです。完答すれば圧倒的に有利ですが、0点の受験生もそれなりに多そうなので、これを落とした場合は他教科勝負になりそうです。

去年の大問2同様、(1)が出来れば(2)~(3)も比較的楽に解けてしまいます。(去年は小問になっておりませんが)

しかし、少し初手が難しく、直角、〇、×の合同、相似パターンに持っていき、「垂線」という発想につなげる必要があります。
(直角、〇、×の合同、相似パターンはアントレの対策プリで散々やりましたね…笑)

残念なことにこれが浮かばないとアウトです。

初手がうまくいかずに、時間ばかり浪費して焦ってしまった受験生の顔が思い浮かびます…。そういう意味ではもしかしたら難易度Cでも良いのかもしれません。

2年前の大問2の平面図形を思い出しました。



【大問3】
点の移動

(1)(難易度A)
1回目、2回目をそれぞれ求めるだけです。

(2)(難易度B)
難易度は高くありませんが、(1)が解けていないと一緒に間違えるので、そういう意味でBです。この問題は高さを求めにいっても良いのですが、ミスやタイムロスになるだけなので必要ありません。

(3)(難易度C)
ダイヤグラムがきちんとかければ解けますが、書かなくても前から調べていきながら「多分これだろう」で解けてしまい、さらに40秒1周期だからということでもう1つの答えが短時間出てしまいます。(答えの精度としてはあやしいですが…)

Cにした理由は「往復します」という表記が「往復し続ける」のか「1往復なのか」で迷った受験生もいた可能性があることと、「往復し続ける」場合、2つ答えが出るにもかかわらず「全て答えなさい」という文言が無かったので、不安になった受験生もいたのではないかと思ったからです。


この問題は初手から「ダイヤグラムを描く」という方向で走った場合、(1)~(3)が一気に終わります。しかし、問題の流れを考えると、(1)からダイヤグラムを描き始めた受験生はそう多くなかったと思います。ちなみに、「Qが5秒後に出発」という1文を読み飛ばすと全ておしまいです。



【大問4】
条件整理(場合の数)

(1)(難易度A)
2㎝が内か外に来るので、それぞれ求めるだけです。

(2)
(難易度A)
333321と333222パターンがありますが、333222パターンのことを忘れても答えは出ます。

(難易度B)
1を置きたいので、333321パターンを採用します。333222パターンを採用すると間違えるので注意が必要です。2と1を両サイド以外で連続せずに並べる方法を考えなければいけません。日頃から「重複・抜け」がないような書き出し練習が出来ていれば問題なかったと思います(今ちょうど4年生でやっていますね^^)

一応、書き出さずに無理矢理計算で解くならば、内側の3321で2と1が連続しない方法を求めればよいので、全体から2と1が連続する方法を引くというやり方もあります。12-3×2=6通り(説明略)

(3)
(難易度B)
最大333311と最小333111に区別して、間に1を入れる作業ができるかどうかです。

(難易度C)
すでにある2通りに加え、333211をひねり出さないといけません。
そしてこの3通りに対して並べ替えをしないといけませんので、難問というわけではありませんが、時間の関係もあり、しっかり答えを出し切るのは難しかったかなと思います。


日頃から「調べて書き出す」ということを苦にしないかどうかが問われる問題でした。

問題レベル自体は例年並みでしたが、検算が可能な問題がそれほど多くなかったため、平均点はおそらく例年並みか、少し低い位となり、受験者平均が40点前後、合格者平均が60点前後と予想します。


以上です。


【2月2日18:00追記】
平成29年度の難易度に近い印象を受けたので、合格者平均点は50点台かもしれません。少し予想を修正します。



↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

武蔵受験生

今年、武蔵を受験しました。
お世話になりました。

各教科、合格者平均、受験者平均が出ましたのでそれを踏まえて今年の入試問題の講評をブログで頂けませんでしょうか?

宜しくお願いします。

No title

>>ななし さん
コメントありがとうございます!

うーん、講評ですか…結構難しいですね笑

というのも、算数は点数も含めてこの記事通りでしたのでこれ以上書くことがありませんし、国語が近年高得点傾向にあること位しか特筆すべきところはないかと思います。理社は相変わらずですし…。

理科に関しては少し思うところがありますが、あまり書きすぎるのもノウハウの流出になってしまうので難しいです。(誰も見ていないとは思いますが笑)

というわけで、申し訳ありません!
今回はパスさせて下さい!

武蔵受験生

お忙しい所すみませんでした。

いずれにしましても武蔵中を受験できるレベルまで成績を引き上げて頂き、感謝申し上げます。

武蔵中を目指す受験生は四谷偏差値は気にしないで下さいと言われました。
アントレのカリキュラムに則って地道にコツコツ受験勉強しました。

受験終了後に他塾に通っていた同級生と話しをする機会があったのですが、偏差値や塾内テストの成績だけで冠クラスへの足切りは受験生の為になっているのでしょうか?

6月、7月までに偏差値が上がらなくても、日々努力して後半に伸びる子は結構いるのではないでしょうか?

実際うちの子も伸びましたし。

やる意味のよくわからない席順やクラス移動、隣の席の子はライバルだとの洗脳などせっかく伸びてきている芽を塾の都合で積んでしまっているのではないでしょうか?

これからもアントレのゆるい指導、時にはバシッと指導して下さるスタイルを貫き、良き指導者、時に優しいお兄さん、またある時は厳しいオヤジのように安心して通う事が出来たアントレでいてください。

さらなるご発展をお祈り申し上げます。
 
とりとめのない文書になってしまいましたが、ご指導ありがとうございました。

追伸
ペットボトルのキャップの掃除?、拾い集め?お手間取らせました。

No title

コメントありがとうございます。


>>偏差値や塾内テストの成績だけで冠クラスへの足切りは受験生の為になっているのでしょうか?


そもそも武蔵を受けたいという子を一般模試の成績で管理すること自体が色々と間違っていますけどね…。

もし武蔵を諦めるにしても、塾が一方的に切るのではなく、自分の判断で諦めて欲しいと思っています。アントレも最初は武蔵クラスにたくさん出ておりましたが、我々は相談に乗りながらも最後は生徒が自分で判断して志望校を変更しておりました。


アントレへの温かいお言葉、とても嬉しいです。これからも今まで以上に頑張らせていただきます。長い間お通いいただき、ありがとうございました。
プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR