FC2ブログ

2020年 武蔵算数講評

もう書いちゃいます。


難易度
A…絶対に正解しなければいけない問題
B…出来不出来が分かれる問題
C…正答率は低いが取れたらアドバンテージになる問題
D…時間をかけるだけ無駄な問題



【大問1】
(1)周期算(難易度A)
2486を1セットとした周期を考えれるだけです。四科のまとめレベルの問題で、これを落とすようではおしまいです。式、考え方を書きなさいとあるので部分点はあるのかもしれませんが、このレベルならおそらく無いと思います。間違える可能性があるとすれば周期を2468とミスするパターンですが、あまりが2という癒しの数値なのでそこでのミスも起きません。


(2)つるかめ算(難易度A)
減額部分でつるかめ算をしないといけないのが難しく感じた受験生もいたと思います。難易度Bにしようかと思いましたが、検算ができるのでミスの可能性が非常に低く難易度Aにしました。


【大問2】
平面図形

(1)~(2)(難易度A~B)
今年は角度絡みでない相似形利用の問題です。一昔前の武蔵でよく出題されていたレベルなので、かなり古い問題を解きこなしている受験生でしたら問題なさそうです。

ABEの求め方を全体からAEDとBCEを引く方針しか取れない受験生は(1)で足止めを食らったと思います。EからADと平行線を引いて5の長さを底辺とする方針や、EをDからCに動かして点の移動で解く方針もあります。(両方の方針共に授業でみっちりやっているのでアントレ生は心配なさそうです。)

(1)ができれば(2)はほぼ確定で解けるので、今年の0点か25点か問題は再びこの大問2となりました。



【大問3】
条件整理

(1)(難易度B)
5と偶数の積は一の位が必ず0になることと、偶数は必ずどちらかに入ることが書いてあれば大丈夫です。
もしかしたら後半部分は無くても正解にしてくれるかもしれませんが、その場合は難易度Aです。

(2)(難易度B)
Bが0点でないので、「Bが⑤無し(Aに⑤⑤と奇数だけ→Aは5)」パターンと、「Bが⑤⑤と奇数だけ(Bは5)」パターンに分かれます。(後者はBが⑤1つだけになってしまうとAが0になるので⑤⑤確定です)
前者は
A11355→5、B22344→2
A13355→5、B12244→4
後者は入れ替えるだけなので、この2通りです。

ルールを守りながら場合分けをしっかりできたかがポイントになります。


(3)
(ア)(難易度B)
最初Aは5点だったので、Aは⑤と奇数の組み合わせとなり11335、11355、13355、の3種類しかなく、それぞれ調べるだけです。

(イ)(難易度B)
前の問題でAの絞り込みができていればあとは残りをBに入れて5点より大きくなる取り出し方を調べるだけです。

大問3は作業がきっちりできれば完答を狙えますが、雑な作業をしていると漏れが出てしまいます。
ただし、書いたものがあっているかどうかの検算は可能なため、実力のある受験生は満点を狙えた大問となります。


【大問4】
条件整理

条件整理の作業系が2題出題されたため、大問1、2に苦戦してしまうと、時間が足りなかった受験生が出たかもしれません。

(1)(難易度A)
ルール通りに計算するだけです。

(2)(難易度C)
計算力が勝負の問題です。しっかり解こうとすると切り捨て時の最小と最大をとって範囲を絞り込んでいきます。例えば②を+1.5以上1.6未満、④を+1.2以上1.3未満として計算すると③の「ともこ」分の増加を2.1、2.2、2.3と限定できるので、そこから調べにいくことができます。ただし、感覚的にあたりをつけられる計算力があればすぐにイ自体の数字を絞り込むことが可能なので、あっさり解けてしまうこともあります。

この問題単体ならば難易度Bですが、ここまできて時間が足りない受験生が問題自体を切った可能性があるので、難易度Cにしました。


(3)(難易度C)
イが出せればウ、エはただの計算問題なので実際には難易度Aとなりますが、(2)を切った受験生は(3)が解けませんので難易度Cにしました。

今回のテストは作業量を要求してきたテストでした。
昨年同様、日頃から「調べて書き出す」ということを苦にしないかどうかが問われる問題でした。

昨年よりも平面図形が軽く、作業量が多いわりに検算が可能なものが多くあったため、全体的に計算力が高くスピード感がある生徒が有利な問題だったと思います。昨年より平均点が上がると予想します。

受験者平均が50点前後、合格者平均が60~70点と予想します。


以上です。




↓また次も読んでみたいという方は、更新のモチベーションになるため、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ



テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

2020終了しました

2020の受験は終わりましたが、
2023受験が始まりました

それぞれの子に専念できる、ちょうど良い間隔でしょうか?
次男は虫がキライなので、江古田には御縁がなさそうです
(それを抜かしても、向いてない気がします)

No title

>>また江古田に行く人 さん

受験おつかれさまでした。
考えようによっては休む暇がないとも言えますね笑

向いている向いていないは本人の気持ちと同様に、いきなり変わることもあります。まだ先入観を持ちすぎない方が良いかもしれませんね。

まずはしっかり基礎学力をつけていきましょう!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR