FC2ブログ

これからのアントレの方針(内部生へ送ったメール)

内部生用に送ったメールは、当初ブログに書く予定だった内容でした。(メールでは決定事項のみ簡単に書く予定でした)

一応、こちらの方にも載せておきます。



いつもありがとうございます。今後のアントレの方針や、現在アントレが行っている取り組みについてお伝えさせていただきます。


【今後の方針について】
4月4日に今後の方針についてお知らせしましたが、当初の予定を修正し、4月20日(月)からzoomを利用した双方向授業を行うことにいたしました。


【予定を修正した理由】
理由は2点です。

1点目ですが、当初は「対面授業(動画と選択制)」→(緊急事態宣言)→「動画授業」→(GW後)→「双方向授業」の予定であり、現在の感染者数の増加スピードや海外の様子等から、さらなる長期化が予想されます。このまま推移すると、5月以降は双方向授業に踏み切る可能性が高く、それならば早めの準備をという理由です。

もう1点は(こちらの方が重要です)、予定を発表した初期段階では埼玉や都内の一部の学校はまだ1週間後に登校日が設定されており、1、2週間は対面授業が続けられるだろうという予測をしておりました。しかし、実際にはわずか2日で緊急事態宣言が出されたため、当初の予定通り対面授業が終了し、3月同様ほぼ3週間の動画授業が始まりました。

アントレでは動画授業と合わせて、週1回の通塾日を設けて対面でのフォローも想定していたため、まだ生徒達と交流する機会を失わずにいられると思っておりましたが、緊急事態宣言の要請に従い小学校が登校日を無くしたため、残念ながらアントレも通塾日を無くす決断をいたしました。

このまま予定通りならば、GWを合わせて丸々1ヵ月間生徒達との交流がないことになります。3月に初めて3週間もの動画授業を行い、その後の対面授業での春期講習を経て、子供達にとって「隣で一緒に勉強する仲間がいること」「指導員がその場で見ているということ」この2つは、まだ精神的に幼い小学生が、学習のモチベーションを保つために必要不可欠であると感じました。そう考えると、GWを含めたこの2週間の差はとても大きく、何とかその前に動きたいという気持ちが生まれたからです。


【通常授業が行えないことで感じたこと】
指導員一同「2ヵ月間も一方通行の動画だけで通常と同じお月謝を頂戴しても良いのだろうか…」と感じておりました。サービスが低下した分、お月謝を減額しようという案もありましたが、減額する位ならその分を設備投資し、生徒達のために使った方が良いという方針に決めました。設備投資といっても小さな塾なので大規模なものではありませんが、双方向授業用に指導員全員分(注:フンチャン以外)のiPadAirを揃え、その他撮影用の機材やパーツ、ソフト等の支出に充てました。この決定をするにあたっては、3月に春期講習の方針についてTwitterでとったアンケート結果を考慮しました。「サービスの質の低下に対し、金額を下げることで対応をする」ことはほとんどのご家庭が望んでおられず、「企業努力をして同レベルのサービスまで引き上げる」ことを望むご家庭が多いことからです。


【オリエンテーションを行って】
来週から双方向授業をスタートするには、ご家庭の準備が必要不可欠です。そのため、急でしたが一昨日、昨日とオリエンテーションをさせていただきました。オリエンテーションを週末にして来週の月曜日から開始という方法もありましたが、本当に必要な環境は実際にやってみないとわからないと考え、オリエンテーションの方を急ぎました。

実は指導員側も、オリエンテーション時にはiPadAirが手元になかったため実際の授業の様子をほとんど手書きでしか見せられませんでした。ただ、実際にやってみると9割以上の生徒と問題なくやり取りができ、上手くいかなかった生徒も1人ずつやり取りをしながら問題点を解決することができました。(現時点で問題を抱えている方がいらっしゃればご相談下さい。)

たとえ不完全な状態でも「オリエンテーションのための準備」より「実際の授業のための準備」の方が大事だと思い、このスピード感で進みました。急な案内でご迷惑をおかけしたかと思います。申し訳ないという気持ちとともに、各ご家庭の迅速なご準備に大変感謝をしております。


【オリエンテーション直後のzoom授業】
昨日、6年生のオプションクラス「武蔵算数」で初めてのzoom授業を行いました。機器が届いてないのでプーサンの私物であるiPad Proを借りました。(プーサンありがとう!)

もちろんカッシーも含めて生徒側も全員初めてですので、いつも通りとはいきませんでしたが、大きなトラブルはなく予定のプリントを終わらせることができました。(最初は絶対に終わらないと思っておりました)
生徒達からも「楽しかったー」「いつもより疲れたー」「臨場感あった」等、色々な声が聞けました。


【zoom授業の具体的な方法について】
様々なサイトやyoutube等でオンライン授業の形態を勉強しましたが、その9割が1つの機器を使って、講師の顔と実物の白板(黒板)もしくは手元を映して、生徒側は顔だけ映っているという手法でした。

このやり方は1対1の英会話、大学の講義、企業の説明会等では良いかもしれませんが、アントレの授業には全く向きません。アントレの授業(特に算数や国語記述)は生徒が頭を動かして導き出した結果を、指導員がその場で確認してその場で評価するということを大事にしているため、正直全く参考になりませんでした。

そこで、普段のアントレの授業を成立させるために別の方法を考えました。まず、PCを1台使って指導員の顔を映し、指導員側はPC画面で生徒の様子をモニターします。授業の進行自体は別アカウントで授業に参加しているiPadAirで行うという方法です。長くなるので詳しくは述べませんが、アントレの授業スタイルに合わせ、1つの授業に2つのアカウントと2つの機器を同時使用して行う方法を考案しました。生徒側の具体的な操作については、今週末までにマニュアルを作成してお伝えいたします。


【時間割について】
時間割に関してですが、時間のみ一部を変更いたします。曜日の変更はありません。変更の理由ですが、アントレは兄弟でお通いのご家庭が多く、兄弟同時に授業を行いますと機器不足等、色々な問題が起きてしまうということ。また、お弁当ではなくご家庭での夕食となりますので、次の授業の接続やプリントの準備を合わせると、その時間が20分というのは短いとの考えからです。どうぞご理解いただければと思います。

「ひばりヶ丘教室」
・5、6年生
全クラスの前半授業をこれまでの17:00~18:50から全て16:40~18:30に変更いたします。後半授業はこれまで通り19:10~21:00です。休憩時間は40分となります。

・4年生
・全クラスの算数授業をこれまでの16:50~18:40から全て16:30~18:20に変更いたします。国語授業はこれまで通り19:00~20:10です。休憩時間は40分となります。
・Aクラスの理社授業をこれまでの17:00~18:50から全て16:40~18:30に変更いたします。
・BCクラスの理社授業をこれまでの17:00~18:50から全て14:30~16:20に変更いたします。

・3年生
全クラスこれまでの17:00~18:30から14:30~16:00に変更いたします。


「練馬教室」
・5、6年生
全クラスの前半授業をこれまでの17:00~18:50から全て16:40~18:30に変更いたします。後半授業はこれまで通り19:10~21:00です。休憩時間は40分となります。

・4年生
・全クラスの算数授業をこれまでの16:50~18:40から全て16:30~18:20に変更いたします。国語授業はこれまで通り19:00~20:10です。休憩時間は40分となります。
・全クラスの理社授業をこれまでの17:00~18:50から全て16:40~18:30に変更いたします。

・3年生
これまでの時間通り17:00~18:40です。


「オプションクラス」
 武蔵算数、シリーズ解説クラス共に時間の変更はありません。



来週からの双方向授業、アントレとしても初めての試みです。初めは操作面でおぼつかない所もあるかもしれませんが、まずは子供達が笑顔で授業を受けられるようにし、学習のモチベーションを高めていきたいと思います。そして、オンライン授業の利点を活かし、対面授業以上の授業を作り出せるよう指導員一同努めて参ります。

これからもどうぞよろしくお願いします。

進学教室アントレ

テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR