FC2ブログ

6月授業について、塾生アンケートの結果分析(長文注意)

先日、6月1日からの授業の方向性を決める上で、塾生に2度のアンケートを取りました。

ご協力いただきありがとうございました。


それでは、アンケート結果を分析します。

※あくまでもカッシーの個人的な分析になりますので、アントレとしての決定ではありません。

まず初めに、6月1日からどの形態での授業を希望するか、シンプルに2択で行いました。

・Zoom授業を継続
・対面授業と動画の選択制(春期講習と同様の形)


この2つです。

結果は以下の通りになりました。

sentaku.jpg

234件の回答のうち「Zoom授業を継続」が少し多いですが、ほぼ半々でした。

このアンケートで大きく差が出るようでしたら終了にしようと思っていたのですが、僅差のため2回目のアンケートを行いました。


2回目のアンケートで調査したかったことは以下の3つです。

①希望しなかった方法になっても、それほど困らないご家庭の割合調査

②対面授業と動画の選択制になった場合、動画の選択をするご家庭の割合調査

③Zoom授業の満足度の調査(これはオマケ程度)


①を正確に調べるために、前回のアンケートで「Zoom授業を継続」を選んだご家庭と、「対面授業と動画授業の選択制」を選んだご家庭でアンケートを分けました。


まず、前回「Zoom授業を継続」を選んだご家庭のアンケート結果を載せます。

4科それぞれで「対面授業に対するZoom授業の質」を調べました。

zoomsansu.jpg

※ここでは算数だけの結果を載せておりますが、若干社会の満足度が高かった程度で4科ほぼ同じような配分でした。

この結果から、前回「Zoom授業を継続」を選択したご家庭は、Zoom授業の質は対面授業に劣っていないという判断をしていることがわかります。

むしろ


Zoom授業>対面授業


になってませんこれ!?

Zoom授業に関してはかなり試行錯誤したので嬉しいと言えば嬉しいのですが、これはこれで少し複雑な気持ちですね…。


次に授業の質以外での結果です。

zoomsougou.jpg





めちゃくちゃええやん


思わず事務室以外の階の賃貸契約を解除しようかなと思ってしまいました。

さすがにここまでは予想していませんでした。

確かに「通塾時間」「お弁当」などでは圧倒的に時間や手間が削減できています。

指導員とのやり取りもGoogle Classroomで簡単にできるようになりました。(むしろ対面時より密になった気が…)

当然デメリットもありますが、総合的に見て今の状態の方がメリットが大きいと考えている方が多いようです。

もっとも、アンケートの結果に関しては単純な質の良し悪しの比較ではなく、「今の状況なら」というバイアスを入れて回答している方もいらっしゃると思いますので、完全にコロナ以前の状況に戻った時には同じ結果にならない可能性もあることに注意したいです。


最後のアンケートです。

zoomsentaku.jpg


Zoom授業が良くても対面が始まったら、動画より対面を選ぶという方がほとんどでした。

この結果から

1回目のアンケートで「Zoom授業を継続」を選んだ多くの方が

Zoom授業>対面授業>動画授業

この位置づけであり、2割強の方は他人との接触をなるべく避けることが第一優先になっていることがわかりました。



次に「対面授業と動画の選択制」を選んだご家庭のアンケート結果です。上記と同様の順番で貼ります。

taimensansuu.jpg


1回目で対面授業を希望したわけですから、これはさすがに「少し悪い」と「悪い」に寄ると思っていたのですが…。

むしろ


平均すると良い側に寄ってない!?


これは完全に予想外でした…。


次に授業の質以外の結果です。

taimensougou.jpg


1回目に「Zoom授業を継続」を選んだ方の1割程度が「少し悪い」であったのに比べ、「少し悪い」「悪い」が4割まで増えています。

これも完全に予想外でして、Zoom授業を希望せず対面授業を希望したわけですから8割近くになると思っていました。


上記2つの結果を見て少々疑問に思いました。

この方々はなぜ1回目で「対面授業と動画の選択制」を選んだのだろうかと。

そう思ってもう少し深く分析してみました。

実はこのアンケートは回答した個人を特定することはできませんが、特定の1人の全回答を追うことができます。

全員分分析したところ

授業の質→少し良い
授業以外→少し悪い

授業の質→少し良い
授業以外→少し悪い

授業の質→ほぼ変わらない
授業以外→ほぼ変わらない

こういった方が多く、平均すると対面授業とZoom授業はほぼ変わらないが、どちらかというと対面授業の方が良いということで、1回目に対面授業を選択されていることがわかりました。

中には
授業の質→良い
授業以外→少し良い

例えばこのように選択しているにもかかわらず、なぜか「対面授業と動画授業の選択制」を選択している方も何名かいらっしゃいましたが、回答するアンケートを間違えたのか、別の理由があるのか、ちょっとわかりませんでした。

いずれにせよ、先述の

①希望しなかった方法になっても、それほど困らないご家庭の割合調査

これに関して言えば、1回目のアンケートで「対面授業と動画授業の選択制」を選んだご家庭に多かったことがわかりました。


最後のアンケートです。

taimensentaku.jpg

ほとんどの方が対面授業を希望して「対面授業と動画の選択制」を選んだことがわかりました。

これは予想通りでした。

ちょっと気になってごく少数の「動画授業」を選択された方の全回答をチェックしてみたのですが、授業の質や授業以外で「少し悪い」「悪い」に入れている方が1人もおらず、むしろ「少し良い」「良い」が多かったです。


いやいやいやいや、おかしいでしょう。


「対面授業と動画の選択制」を選びながら実際には対面授業は受けずに動画を選択し、なおかつ対面授業よりZoom授業の評価が高いって…。

まさか…。


動画授業>Zoom授業>対面授業


こういうことか。



なんかちょっと悲しい…
※対面授業の質を上げられるよう努力いたします!






さて、結論を書きます。

(※この結論はあくまでもカッシーの分析ですので、別の数字の読み方があるのかもしれません。実際にどうなるかは週明けにスタッフと話し合って決めることになります。)

Zoom授業を継続して欲しい方は、アントレが行っている現状のやり方にそれなりに満足している方が多く、安全面を考えても今の方法を継続して欲しいと思っている方が多いことがわかりました。

対面授業と動画の選択制にして欲しい方は、Zoom授業でも良いが対面授業が可能ならば対面授業に参加したいと思っている方が多いことがわかりました。

このアンケート結果だけを参考にするならば、しばらくはZoom授業を続けた方が良いというのがカッシーの結論です。


実はやっている側もわかっているんです。

対面授業よりZoom授業の方がクオリティ高い部分多くない…?ということに。


算数はほぼ対面の白板と近いことをやれており、デメリットだと思っていた手元を見る件も、生徒達の挙手→ノート表示が上手になってきてほとんどストレスを感じなくなりました。図形などもツールが補正してくれるのでより丁寧に書けます。全教科で言えますが、1秒後に消えるポインターが優秀すぎてとてもやりやすいです。

国語は文章を画面に出すことができて、〇〇ページの〇〇行を見て~など言う必要がなく説明がしやすいです。

理社はプリントノートを画面上に表示させられるので、どこに何を埋めれば良いのか生徒達がわかりやすくなっています。

早押しも面白いですが、投票問題も面白いですよね。自分が生徒だったら絶対やりたいです。

授業中に生徒達同士でふざけることが物理的に不可能であり、集中力を保ちやすいです。ミュート、チャット制限、待機部屋等を利用すれば簡単に場をコントロールすることができます。

デメリットもありますが、個人的にはメリットが上回っているように思います。

ただし、効率等を度外視して単純に「会って授業を受けたい(授業をしたい)」という気持ち、こればっかりはどうしようもありません。

上手に良いとこ取りをしながら、これからベストな方法を考えていきたいです。





さて、ここからは少々黒いカッシーがでます。

実は今年度はコロナの影響で対面授業が出来ず、3~4月頃の入塾者が例年に比べて圧倒的に少ないです。

経営的に見ればさっさと開いた方が良いんですよね。

問い合わせの中で、「対面授業が再開したら体験授業を受けます」という方もいらっしゃいます。

6月から開くという塾も出始めるでしょうし、そういった生徒を他塾にもっていかれてしまう前に動いた方がもちろん良いわけです。

近年、ひばりヶ丘教室は5階を増設しましたし、練馬教室も駅前(サピ前)に移転をしました。今回もZoom授業を行うために色々と出ていくものは出ていきました。





早く回収させてーーーー!!!(魂の叫び)


というわけで、ここまでアンケートの分析をしておきながら、もし6月1日から対面授業が行われるようになったら


アントレ、本当にヤバいんだな…


と思ってそっとしておいて下さい。


※5/24現在では東京都の休業要請緩和のステップ2に学習塾が入れられております。これらの事実も踏まえ、月曜日中に相談をし、火曜日中にGoogle Classroom上で全生徒に通達できるようにいたします。



↓また次も読んでみたいという方は、クリックで応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ




テーマ : 中学受験
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回の記事も面白かったです。(先生の反応が)
緊急事態が解除されると安心しがちですが、どこかで増えたり減ったりと暫くは続くことを考えると不安です。

子供にとって1番いいのはやはり対面授業だと思います。子供曰く、実際の授業ではもっと先生面白いこと言ったりするのに、ZOOMだとやらない。つまんない!と言ってました。楽しいから勉強する、先生が好きだからモチベーションが上がる。仲間がいるから張り合えて、だから集団がいいんだろうなと思います。

ZOOMは親にしてみればとても楽で良いです。送り迎えやお弁当作りの時間が省けますし、親も観て確認することで子供の様子がわかり安心感が得られ、また親も学べるので子供に教えやすくなります。これが1番大きいような気がします。

ですので、もし可能であればZOOM授業の動画を配信してくれるとありがたいです。白板の復習でつまづいた時にZOOMの動画を見て確認することで理解が得られやすくなるので。確か他の大手塾もそうしてると聞いたので、アントレも取り入れて頂けるとありがたいです・・。

No title

>>保護者 さま

いつもありがとうございます!

確かに保護者が横で聞いているのがわかったりするので、聞かれたくないようなことは言えないですね。(最近はあまり気にしてませんけど笑)

実際には生徒達に聞いてみると現在はZoom派が多いんですよね。もちろん「保護者」様のお子様のようにそうでない子もおりますので、だからずっとZoomだけとはなりませんけれども。

大手塾はZoom授業を録画してアップしているのですか?自分はちょっと聞いたことないですね…。サピなどは動画がメインでZoom授業は補助で使っていると聞いておりますし、早稲アカは動画と併用だったように思います。もしかしたら私が知らないだけで、さらにZoom授業を録画したものを配布しているのかもしれませんが…。

Zoom授業のアップがネックになるのは生徒の顔が映ることです。春期講習の動画をアップする時には生徒の顔が見えないような角度で撮っているため許可を取る必要がありませんでしたが、Zoomでしたら許可が必要になり、NGの子にはモザイク処理をしないといけません。さすがにそれは相当な手間ですので、おそらく実現は難しいと思います。ちなみに接続に問題が起こって授業が受けられなかったなどの場合は、個人に録画ファイルを渡しておりますが、クラス全体に公開はしておりません。

そういった理由もあり、現段階ではつまづいたときには授業前後に質問をして欲しいというところまでです。もちろんGC上でも受け付けております。実際に私もGC上で多くの質問に答えておりますので、積極的に活用して下さい!

No title

上で質問した保護者です。
大手でのZOOMは動画と併用なんですね。
すみません、四谷大塚や早稲アカのサイトを見まして、てっきりZOOMの動画を配信されてるものだと思っておりました。

それでしたらば、尚更隣で一緒に見る必要性がありそうです。
本当は離れて子供だけで動画授業にやりたいとこですが、結局は終わった後での白板の復習で家族の誰かが質問攻めになります。授業中は分かっても後でやると忘れるようです。直接塾の先生に聞くようにしたいのですが、恥ずかしがって言えないようです。

今だと一緒にZOOMで解説を聞いて教えられるので、そういう面ではZOOMがいいと思う保護者は多いのかも知れないですね。負担は増えますが、それもメリットなのかな、と思うようにします。

復習動画があると非常に助かりますが、他サイトも見ながら取り組んでいくようにしたいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

カッシー

Author:カッシー
首都圏の中学受験専門塾で教室長をやっております。
中学受験情報、塾内での出来事、雑談等を記事にしていきます。
mail:kassy@sk-antore.com
HP:カッシーが教えている塾
Twitter:@kassy_ant

最新記事
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
応援していただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR